EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

モバイル関連のアクセサリー類を中心に幅広い製品を取り扱うIEC Technologyより、同社EC Technologyブランドの 3ポートUSB急速充電器 を提供いただいたのでレビューしていきます。

SPONSORED LINK

パッケージデザインは以前レビューしているワイヤレス充電パッド同様、ダンボール+スリーブケースを組み合わせたもの。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

ただしパッケージを開けてみると、充電アダプター本体はポリウレタン系の緩衝材によって梱包されています。前述のダンボール+スリーブケースの組み合わせにおいて、中がこういったパッケージングがされているものは今回が初めてで少し驚きました。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

同梱物はUSB充電アダプターと説明書のみと非常にシンプル。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

充電アダプターは本体自体がフィルムで覆われており、さらにそれが袋に入れられ、そして先ほどの緩衝材にはめられるという超厳重な保護体制。。やや過保護ともとれますが、逆にいえばそれだけ安心できます。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

充電アダプター本体。カラーはブラックで、中央に大きく EC Technology のロゴがデザインされています。また右下に AUTO IC とプリントされていますが、この充電アダプターには充電機器のバッテリー残量を自動で認識し、充電が完了したら自動で給電を止めるといった機構も搭載されています。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

本体の外装はプラスチック。光沢もかなり強く、指紋などの汚れは目立ちやすいかもしれません。ただその代わり、拭き取りも容易といえます。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

コンセントに差し込むプラグは折りたたみ式。この機構があるのとないのとでは、携帯のしやすさが結構大きく変わってくるだけにうれしいところ。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

この他にUSBポートが配置されている面がありますが、それ以外の2面には特に何も配置されていません。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

こちらがUSBポートが配置された面。ポート数は3つとなっています。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

(多少の個体差はあるかもしれませんが)まじまじと観察してみると、ポート内の端子はやや雑に配置されている感じも。実際にケーブルを接続してみても問題はありませんでしたが、このあたりは人によっては気になるかもしれません。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

背面には製品の仕様がプリントされています。アダプター全体での最大出力は5V/4Aで、各ポート自体は最大2.4Aの出力に対応しています。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

なおこの充電アダプターが同じような他社製品と比較した大きく違う点のひとつとして、コンセントプラグとUSBポートの配置面が挙げられます。下の写真を見れば分かるとおり、コンセントプラグとUSBポートが隣り合う面に配置されています。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

こちらは実際にコンセントに接続したところ。こういった携帯性を意識した充電アダプターの多くはコンセントプラグとUSBポートが平行(本体を挟んで延長線上の位置)に配置されていることが多く、使う際の様子にはやや珍しさが感じられます。ただこの配置にすることで使用中にぶら下げたケーブル(と充電機器)の重さに引っ張られてアダプターが外れる可能性はわずかでも減るかと思います。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

なお1点気になったのはコンセントプラグの起こしづらさ。プラグ先端が切れに面取りされたカーブ形状になっていること、そして折りたたんだ際にプラグの飛び出しがあまりないことは素晴らしいのですが、逆にこのおかげで指や爪が引っ掛かりにくくなっています。

EC Technology C10-SS3U 3ポートUSB急速充電器

ちなみに本体サイズ(縦x横x厚さ)は 56.5 x 47.0 x 28.0 mm となっており、携帯性は◎。充電アダプター全体での最大出力は決して高いとはいえないものの、このサイズでポートが3つ搭載されており、タブレットの充電も可能と考えれば、十分活躍してくれるであろう製品といえそうです。

2015年10月16日時点におけるAmazon.co.jpでの取り扱い価格は1,899円。他社製品と価格を比較すると場合により高く感じることはあるかもしれないものの、本体サイズが同じくらいの他社製品と比較した際にポートの数は多く、携帯性に優れたUSB充電アダプターの購入を検討しているのであれば、一候補として入れておいてもよいでしょう。

なお前述のコンセントプラグとUSBポートの配置面の位置関係の問題もあるので、普段良く使う場所(コンセントの配置や周囲のスペース)が予めわかっているのであれば、その点も考慮にいれて選ぶことは忘れないようにしたいところです。