ZenFone Selfieの販売を1ShopMobile.comが開始

海外のガジェットショップ1ShopMobile.comが ASUS ZenFone Selfie ZD551KL の販売を開始しています。

SPONSORED LINK

2015年9月22日時点における本体価格はUSD259.00(約31,600円)。ZenFone Selfieの本体カラーバリエーションは全3色(Pure White/Aqua Blue/Chic Pink)となっており、この3色すべてが入荷済みです。なお日本への配送料、輸入時に課せられる輸入消費税(内国消費税、地方消費税)、為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積もり額は約37,700円ほどです。

ZenFone Selfieは今年6月にASUSが発表した新モデルで、名前の通りセルフィー(自撮り)機能が強化されたスマートフォンです。フロントカメラは有効画素数1,300万画素と高画素対応になっており、またその左隣りにはLEDフラッシュライトも搭載。さらにリアカメラも有効画素数とLEDフラッシュライトは同じなのに加えて、最速0.2秒の高速オートフォーカスにも対応しています。

なお1ShopMobile.comの製品ページにはどの地域向けに販売されているモデルであるのかといった詳細は記載されていないものの、1ShopMobile.com自体がアジアの拠点を香港に持っていることから、おそらく今回販売が始まったZenFone Selfieも香港で販売されるWWモデル(グローバルモデル)と思われます。ASUS香港の製品ページにて確認できる詳細な技術仕様は以下のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ 156.5 ✕ 幅 77.2 ✕ 厚さ 3.9-10.8 mm
重量 170 g
OS Android 5.0 Lollipop
CPU Qualcomm Snapdragon 615 64bit 1.5GHz Octa-Core
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ 5.5インチ Full HD(1,920×1,080)
カメラ リアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:1,300万画素
通信方式

FDD-LTE:Band 1/2/3/5/7/8/20
TD-LTE:-
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:不明(記載なし)

Wi-fi:802.11 b/g/n/ac
Bluetooth 4.0

その他 SIMカード:micro SIM x 2
SDカード:microSDカード(最大128GBまで)

 

ZenFone Selfieに関しては、同じく香港に拠点を持つガジェットショップのExpansysでも先行して取り扱いが始まっており、そちらでの同日時点における本体価格は33,170円、購入費用の概算見積もり額は約37,100円となっています。対応している周波数からもおそらく同じモデルと思われるので、購入費用がほとんど変わらない現状においては自分の好みで購入先を選んでも問題ないといえそうです。

ちなみにZenFone Selfieに関しては日本国内でも販売が始まっており、そちらはメモリ容量をワングレード落とした(RAM2GB/ROM16GB)モデルとなっているものの、対応周波数は日本国内向けにカスタムされたものとなっています。価格は日本国内モデルのほうが割高になっているものの、実際に使用する際の電波の掴みやすさを考えれば、個人的には日本国内モデルを購入するほうがよいように思います。

Source:1ShopMobile.com