ExpansysでXperia Z5の仮注文受付がスタート

海外のガジェットショップのExpansysにて、Sonyの次期フラッグシップモデル Xperia Z5 の仮注文受付が始まっています。

SPONSORED LINK

2015年9月7日時点における予定本体価格は未定。本体カラーは4色(Graphite BlackWhiteGoldGreen)すべてが取り扱い予定となっています。なお Xperia Z5 に関してはすでに公開されているWhite PaperよりSingle SIMタイプが2モデル(E6603、E6653)、Dual SIMタイプが2モデル(E6633、E6683)存在することが確認されていますが、Expansysが取り扱うモデルの詳細も不明です。

Xperia Z5は現在ドイツ・ベルリンで開催中のIFA2015(国際コンシューマ・エレクトロニクス展)のプレスカンファレンスで発表されたSonyの次期フラッグシップスマートフォン。Xperia Z4(およびZ3+)同様にオムニバスデザインを踏襲しつつ、フレーム部はより丸みのないデザインになっており、これまで以上に”板”感が強調されています。また電源ボタンには指紋認証センサーを新たに搭載。

端末自体の基礎性能はCPU、メモリ容量、ディスプレイサイズ、解像度のいずれもXperia Z4(およびZ3+)からは据え置きとなっていますが、リアカメラの有効画素数が2,300万画素に性能アップ。加えて最速0.03秒という超高速オートフォーカスや、従来よりも粗さのないデジタルズーム機能が搭載されています。

なお現時点で詳細が判明している前述の4モデルの技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 146 ✕ 幅 72 ✕ 厚さ 7.3 mm
重量 154 g
OS Android 5.1 Lollipop
CPU Qualcomm Snapdragon 810 64bit Octa-Core(2GHz Quad-Core+1.5Ghz Quad-Core)
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 2,900 mAh
ディスプレイ 5.2インチ Full HD(1,920×1,080)424ppi
カメラ リアカメラ:2,300万画素
フロントカメラ:510万画素
通信方式

【E6603】
LTE Cat 4
FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28
TD-LTE:Band 38/40
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz

【E6653】
LTE Cat 6
FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28
TD-LTE:Band 38/40
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz 

【E6633】
LTE Cat 4
FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20
TD-LTE:-
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz 

【E6683】
LTE Cat 4
FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28
TD-LTE:Band 38/39/40/41
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz 

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、MIMO
Bluetooth 4.1

その他 SIMカード:nano SIM(E6603、E6653)/nano SIM x 2(E6633、E6683)
SDカード:microSDカード(最大200GBまで)

なおXperia Z5に関しては、既にCloveHandtecといった他のガジェットショップでも購入の予約受付が始まっており、同日時点におけるそちらでの購入費用の概算見積額は93,000円前後となっています。今後大きな価格の見直し、あるいは為替の変動などがない限り、おそらくExpansysでもこれに近い価格での取扱いになると予想されます。

Expansysでは、仮予約注文を行なってから商品の購入に至った場合には購入時に代金からUSD10.00(約1,300円)相当の割引が適用されるほか、とりあえず仮予約だけしておいて、販売価格が判明した時点で購入/キャンセルの判断をするといったことも可能です。商品入荷前にはEメールにて連絡も来ますので、Xperia Z5を購入する可能性がある場合はとりあえず仮注文予約をしておく、ということもありだと思います。

Source:Expansys