iPmartでXperia C5 Ultraが格安価格で販売中

マレーシアのガジェットショップ iPmartにて Xperia C5 Ultra が現状においてはかなりの割安となる価格で販売されています。

SPONSORED LINK

2015年9月4日時点における本体価格はMYR1229.81(約35,900円)。本体カラーは2色(White/Black)のみとなっており、Mintモデルは取り扱われていません。なお(支払いをクレジットカード払いとした際の)日本への配送料などを加えた費用が以下のとおり。

iPmartでXperia C5 Ultraが格安価格で販売中

ここに(為替変換手数料を加味した)クレジットカードで支払った際のレートおよび輸入時に課せられる輸入消費税(内国消費税、地方消費税)を加味すると、購入費用の概算見積額は約42,800円ほどとなります。

Xperia C5 Ultraは先月にSonyが発表したばかりのミッドレンジモデル。ディスプレイ左右が超狭額縁デザインとなっている他、フロント・リア両方に搭載された1,300万画素のカメラ+LEDフラッシュライトが主な特徴です。

なおiPmartが取り扱っている製品のモデル番号や対応周波数は不明(現在問い合わせ中)ですが、参考までに現在White Paperが公開されているXperia C5 Ultra前モデルの技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 164.2 ✕ 幅 79.6 ✕ 厚さ 8.2 mm
重量 187 g
OS Android 5.0 Lollipop
CPU MediaTek MT6752 64bit 1.7GHz Octa-Core
メモリ RAM 2GB / ROM 16GB
バッテリー 2,930 mAh
ディスプレイ 6インチ Full HD(1,920×1,080)
カメラ リアカメラ:1,300万画素 Exmor RS
フロントカメラ:1,300万画素 Exmor RS
通信方式

【E5553】
FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/28
TD-LTE:Band 40
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz

【E5506】
FDD-LTE:Band 2/4/5/7/12/13/17/28
TD-LTE:-
3G:850/900/1700/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz 

【E5533】
FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/20
TD-LTE:-
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz 

【E5563】
FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/28
TD-LTE:Band 40
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz 

Wi-fi:802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.1

その他

SIMカード:nano SIM(E5553、E5506 )/nano SIM x 2(E5533、E5563)
SDカード:microSDカード(最大200GBまで)

同日時点で日本への配送に対応している海外のガジェットショップのうち、Xperia C5 Ultraを取り扱っているところとしてはExpansys1ShopMobile.comが挙げられます(モデル番号はいずれもE5563)。しかし同日時点におけるそれぞれでの購入費用の概算見積額はExpansysで約55,700円、1ShopMobile.comで約52,000円となっており、iPmartの価格設定がかなり安いことが分かります。

また以前iPmartにて買い物をした際は購入時に身分証明としてパスポート番号などの入力も必要であったものの、このXperia C5 Ultraに関しては代金が安いためか身分証明が不要となっており、非常に購入しやすい状態となっています。

モデル番号によって日本国内での使用目的での購入をオススメできるか否かも変わってきますので、確認が取れ次第、追記等でご報告するようにしたいと思います。

Source:iPmart

追記:2015年9月10日

iPmartが取り扱っているモデル番号に関しての問い合わせ結果として、モデル番号は不明といわれ教えてもらえなかったものの、LTE非対応モデルであるとの返事をいただきました。現時点では3GモデルのWhite Paperは公開されておらずやや疑問も残りますが、そう考えると本体価格がやけに安いのも納得といえそうです。