Expansysの商品ページ上で送料の最低額が確認可能に

Expansysの商品ページに記載されている情報に若干変更が施されており、以前よりも便利になったように感じたので、それとなく紹介しておくことにします。

SPONSORED LINK

今回気がついた商品ページの変更点として、商品の本体価格の下に最も安い配送手段を選択した際にかかる日本までの送料が表示されるようになりました。

Expansysの商品ページ上で送料の最低額が確認可能に

以前は商品を買い物カゴに入れた後、買い物カゴの中身を見に行かないと確認することができなかった情報です。

Expansysの商品ページ上で送料の最低額が確認可能に

今回の表示変更により、商品を単品で購入する際にかかる費用を計算するのがかなり楽(商品ページの情報だけで計算できるため)になっています。個人的にも非常にありがたいところ。

なおこの送料に関しては、2015年5月5日時点における最低額はヤマト便を利用した場合で1,600円〜となっています。

Expansysの商品ページ上で送料の最低額が確認可能に

商品のサイズが大きい場合、あるいは複数品のまとめ買いによって配送する荷物のサイズや重さが大きくなってしまう場合は若干送料も上乗せがされますが、前者に関しては商品ページにてきちんと反映された金額が記載されているのはうれしいところ。

Expansysの商品ページ上で送料の最低額が確認可能に

また送料が無料の商品に関しても「送料無料」の表示が比較的わかりやすく表記されるようになっています。

Expansysの商品ページ上で送料の最低額が確認可能に

ちなみに参考までにですが、Expansysで商品を購入する際にかかる総費用の概算見積もり額は、以下のとおりに計算すると”だいたいのもの”を算出することが可能です。

総費用の概算見積もり額=商品代金+配送料+輸入消費税

※輸入消費税(消費税率が8%の場合)≒(商品代金✕0.063)の100円未満切り捨て+(商品代金✕0.063✕17/63)の100円未満切り捨て

”だいだいのもの”と書いている理由については、輸入消費税自体が商品代金(価値)の申告額に従って課せられるものであるためです。この申告額は商品の送り元(今回であればExpansys)が設定するため、必ずしも商品代金とイコールになるとは限りません(商品代金より高くなることは基本的にないはずですが)。また厳密に言うと、上記に追加して通関手続きの代行による手数料が若干発生する可能性もあります。あくまで”概算”の見積もり額である、という点は忘れないようにして下さい。

なおこれまで色々な海外のショップから商品を購入した“私自身の経験”を元に言うと、Expansysに関しては上記の算出式により出した見積もり額よりも、費用としてはやや安く収まる傾向にあります。

Source:Expansys

by カエレバ