SQW100-1:RGY181LW

昨年末に Amazon.com にて、BlackBerry Passport が結構な値下げ価格で販売されていたので購入してみました。ということで開封の儀&外観レビューを行なっていきます。

スポンサードリンク


スペック詳細

まずはBlackBerry Passportのスペックを簡単におさらい。

項目 詳細
サイズ 高さ 128.0 ✕ 幅 90.3 ✕ 厚さ 9.3 mm
重量 196g
カラー ブラック/ホワイト/レッド 
OS BlackBerry 10 OS
CPU Qualcomm Snapdragon 800 2.2GHz Quad Core
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 3,450mAh
ディスプレイ 4.5インチ フルHD(1,440✕1,440)452ppi
カメラ アウトカメラ:1,300万画素 CMOSイメージセンサー
インカメラ:200万画素  CMOSイメージセンサー
 通信方式

LTE:700/800/850/900/1700/1800/1900/2100/2600
WCDMA:850/900/1700/1900/2100 MHz
GSM:850/900/1800/1900 MHz
※赤字部分は日本国内キャリアで使える周波数

Bluetooth:4.0
Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

NFC, Miracast搭載

その他

SIMカード:nano SIM
SDカード:microSD(最大128GB)
QWENTY物理キーボード搭載 

何と言ってもBlackBerryと言えばQWERTY物理キーボードですよね。もはやこれのためだけにBlackBerryを買ったと言っても良いぐらい。ちなみにBlackBerry Passport はBlackBerry端末にしては大きなディスプレイ、そして少し変わった形も特徴的。さらにRAMは3GB搭載、ROMも32GB搭載、バッテリー容量も大きくCPUも2.2GHzのクアッドコアということで、完全にハイエンドモデルとなっています。

外箱とパッケージ開封

こちらがBlackBerry Passportの外箱。今回はAmazon.comからの購入ということで逆に不意をつかれたのが箱の状態。段ボール箱は全然凹んでいなかったのに、中の外箱はすこしボロボロでした。海外からの輸入なのでその辺りはある程度割り切れます(この辺り、日本は本当に品質が良いですね)が、少し残念でした。

SQW100-1:RGY181LW

まあそれは置いておいて。箱を開けると早速BlackBerry Passportのお目見えです。

SQW100-1: RGY181LW

同梱物を並べてみました。端末本体の他、説明書、保証書、USBケーブル、充電アダプター、イヤフォン。これと言って変わったものは入っていませんでした。

SQW100-1: RGY181LW

ちなみに説明書とイヤフォンはこんな感じでそれぞれの絵が書かれた箱の中に入っています。外見だけですが、この辺りはYotaPhone2のパッケージに似ています。

SQW100-1: RGY181LW

充電アダプターはBlackBerryのロゴマーク入りです。

SQW100-1: RGY181LW

USBケーブルにも。

SQW100-1: RGY181LW

端末外観レビュー

こちらが BlackBerry Passport です。購入したカラーはブラック。バリエーションとしては他にホワイト、レッドもあります。

SQW100-1: RGY181LW

最大の特徴とも言えるQWERTY物理キーボード。この BlackBerry Passport の場合は物理キーはアルファベットのみとなっています。それ以外(数字とか記号とか)は画面上に表示されるソフトウェアキーボードで入力します。このあたりは果たして使いやすいのかどうかがすごく気になります。またパソコンのキーボードだと”F”と”J”のキーに付いているポチはありませんので、入力に慣れてもブラインドタッチは難しそう。

SQW100-1: RGY181LW

端末の上側にはイヤフォンジャックと電源ボタン。

SQW100-1: RGY181LW

下側にはMicroUSB端子。

SQW100-1: RGY181LW

左側には何も配置されていません。ちなみに左右の側面はメタルフレームになっており、外観・手触りともに非常に高級感があります。

SQW100-1: RGY181LW

右側にはボタンが3つ。両端の大きめのボタンがボリュームボタン(アップ、ダウン)。そしてその間のボタンはBlackBerry Assistant(Google音声検索 や Siri のようなもの)の起動ボタン。

SQW100-1: RGY181LW

こちらが背面。BlackBerryのロゴマークとカメラのみというシンプルなデザイン。

SQW100-1: RGY181LW

見た目はとてもマットな雰囲気。さらに手触りも滑りにくくなっています。

SQW100-1: RGY181LW

そういえばSIMカードとSDカードはどこから入れるのだろう?と思ったのですが、カメラの上の部分を外して挿し込むようになっています。ちなみに下の部分(バックパネル)は外せないため、バッテリーの取り外しは出来ません。

SQW100-1: RGY181LW

BlackBerry Passport ということで、パスポートとサイズを比較。ほぼ同じでした。

SQW100-1: RGY181LW

パスポートサイズというと、Xperia Z Ultra も同じようなことを謳っていたので、Xperia Z Ultra とも比較。幅はほぼ同じ。高さは Xperia Z Ultra の三分の2くらいでした。

SQW100-1: RGY181LW

ついでなので Xperia Z2、iPhone 6 Plus とも並べてみました。幅は BlackBerry Passport が一番ありますが、元々両手での操作を前提としているわけですので、逆に幅がもっと狭いと扱いづらくなるかもしれません(ならないかもしれません)。

SQW100-1: RGY181LW

大きさ自体は片手で全然持てます。ただディスプレイ、キーボード共に、片手操作は厳しいですね。

SQW100-1: RGY181LW

両手で持ってみるとこの幅がちょうど良く感じられます。両手で持って構えると、尋常でないスピードで文字が打てそうな気がしてきます。使うのが非常に楽しみです。

SQW100-1: RGY181LW

電源を入れてみる

電源を入れるとはじめにBlackBerryのロゴが。

SQW100-1: RGY181LW

初期設定を行なっているのか、初回は立ち上がるまで少し時間がかかります。

SQW100-1: RGY181LW

今度は”BlackBerry 10”とOSのバージョンが表示されます。

SQW100-1: RGY181LW

そして初期設定画面へ。

SQW100-1: RGY181LW

言語ははじめから日本語が選択可能です。日本語入力も可能なので、弄り方に関してあまり詳しくなくても、比較的楽に使い始めることは出来ると思います。

SQW100-1: RGY181LW

最後に

ということで BlackBerry Passport の開封の儀と外観レビューでした。実は昨日自宅に届いてから半日ほど触ってみたのですが、キーボード上をなぞると画面がスクロールできるトラックパッド機能がかなり新鮮です。この辺りは今後動画ででも紹介してみたいと思います。

ちなみに2015年1月12日現在だと、ブラック限定ではありますが、Amazon.comの販売価格が比較的お値打ち(送料と国内消費税込みで約76,000円)となっています。Amazon.co.jpだと最安値が約86,000円からとなっていますので、個人で輸入して購入できそうな方は10,000円ほど節約できて良いかと思います。

では。