2014081400

最近浜松で行きつけになっているスポットをご紹介。特に本をよく読む方や、家の外に出てブログを書きたい方には超絶おすすめです。

 

スポンサードリンク

 

メイワン8Fの谷島屋書店&エクセルシオールカフェ

浜松駅の駅ビルである「MAY ONE(メイワン)」。

ここの中は駅ビルということもあり、若い子達向けのお店からLOFT、アウトドアショップなど多くのお店が入ってます。その中でも私が超絶おすすめしたいのが8Fのフロア。

8Fには谷島屋書店とエクセルシオールカフェが入っているのですが、ここはお店が独立(書店は書店、カフェはカフェ)しているわけでなく、なんと購入していない本をカフェに持ち込んで読むことが出来るというナイススポットなわけです。

ワンフロアの大部分を占めるこちらの谷島屋書店は、置いている書籍の数も非常に豊富。
2014081401

ちなみに先日ご紹介した書籍「人見知り芸人に学ぶ ムリをしない社交術 内向型のまま幅広く社交する方法」もここで出会った1冊です。
2014081402

(参考記事)極度に人見知りの私がお薦めする、自身を人見知りだと思っている方に是非読んで欲しい1冊。

そしてこちらが隣接するエクセルシオールカフェ。
2014081403

写真(構図)の下手くそ感は否めませんが、店内は非常に落ち着いた雰囲気で、熱い夏場でもクーラーがきちんと効いており、快適度高しです。

席数はざっと(本当にざっと)数えた感じで30〜40席程度でしょうか。

超絶おすすめな理由

さて、では実際に何で超絶おすすめなのかをご説明。

1.ワンドリンク注文すれば、新書でも読み放題

なんと言っても一番のポイントは、購入していない本をカフェに持ち込んで読める!というところです。

もちろん谷島屋書店も商売ですから、何でもOKの無法地帯というわけではありません。一応ルールはあります。
2014081404

上記の写真にあるとおり、このカフェを使う場合に最低限守る必要のあるルールは次の3つだけ。

  • 学生の勉強での利用はNG
  • 一度に席へ持ち込める(未購入の)書籍は3冊まで
  • 雑誌、旅行ガイド、コミック、参考書の持ち込みはNG

逆に言えば、このルール(と最低限のマナー)を守れば、新書だろうが読み放題なわけです。

私はいつもアイスコーヒーのLサイズ(400円)をひとつ注文して読書に没頭しています。日によっては6時間以上居座ることもあります。

無料で書籍が読める場所としては図書館が思いつきますが、図書館の場合は新書などはなかなか置いていません。その点を含めて考えると、ワンドリンク注文するだけで読みたい本が読み放題というこの環境は素晴らしい!

2.ノマド用の立派なデスクになる

おすすめポイントの2つ目は、パソコンなどを持ち込めば簡単にノマド用の快適なデスクが出来上がること。

こちらは主に窓際の席(10席程度)になってしまいますが、パソコンなどを持ち込めば、あっという間にこんなに快適そうなノマドデスクが出来上がってしまいます。
2014081405

1席あたりのスペースも非常に余裕を持ったつくりになっており、足元には荷物用のカゴもある。

上の写真ではWimaxのポケットルーターを持ち込んでいますが、店内はSoftbankのWi-fiも飛んでいるので、Softbankユーザーであればパソコンだけ持ち込めばOK。
2014081407

というかスマホで確認してみたら、実はdocomoとau(あとwi2)もwi-fi飛んでるみたい ^ ^;
2014081406

電源(コンセント)がないことだけが何とも悔やまれますが、それにしてもノマドをするにも快適な環境であるわけですよ。わはは。

まとめ

浜松メイワンの8Fフロアは良い!谷島屋書店とエクセルシオールカフェのコラボ素晴らしい!

ちなみにこの記事も今回ご紹介したエクセルシオールカフェで書いています。超快適。
2014081408

こういう場所がもっと身近にあってくれると非常にありがたいのですが、近辺では遭遇した試しがありませんね。東京ではこのような場所、ザラにあるんですかね?

今日はこのままあと数記事書いて、2冊ほど読書をしてから家路につきたいと思います。ではでは。

ノマドライフ 好きな場所に住んで、自由に働くために、やっておくべきこと[Kindle版]本田直之 朝日新聞出版 2014-04-04
売り上げランキング : 9633

by ヨメレバ