いつも大変お世話になっております、そうすけ(@sosuke14jp)です。

ホワイトデーのお返し、きちんと返しましたか?女の子に「あ、気持ち程度だから。本当にお返しとか要らないから」というのを真に受けて、返さなかった人とかいませんか?

そうすけは今年は嫁からの本命チョコ(市販品)1つだけだったわけですが、本命チョコに関しては例えどんなものを貰おうとも、お返しは必ず手作りと決めています。しかし料理は多少できるものの、お菓子作りに関してはずぶの素人です。ド・ド・ド素人です。

そんなそうすけは毎年頼りにしているのが、無印良品の「自分でつくる」シリーズ。ド素人のそうすけでもきちんと形になるこの素晴らしい商品を今回はご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク


親切さが詰まったパッケージ

今回そうすけが購入したのは「自分でつくる チョコチップクッキー ボリュームパック」です。無印良品では他にも「自分でつくる」シリーズとしてシフォンケーキやチーズケーキ、ロールケーキなどの作成キットも販売しています。

自分でつくるチョコチップクッキー

箱の裏面にはセットに入っている材料、その他に自分で準備する必要のある材料、使用する道具、そして作り方が書いてあります。購入するときには特に「その他に自分で準備する必要のある材料」「使用する道具」の欄をきちんと確認して選ぶことがポイントです。

パッケージに書いてある必要な物をよく見る

また今回はクッキーということで、生地を薄く伸ばす際の厚さの目安として、パッケージにメモリが刻んであったりもします。このへんの心遣いは大変ありがたいです。

パッケージにメモりが刻んであったり

作り方のイメージが何となくでも分かっていればあとは簡単

作るお菓子についてなんとなくの作り方が分かっていれば、あとは超簡単に進みます。例えば今回作成するクッキーであれば、「何か粉を捏ねて生地を作って、繰り抜いて、焼く?」くらいでOKです。

基本的には細かい材料(クッキーであれば、生地用の粉とか)はすべてキットに入っているので、自分で準備するものも卵やバターなど、スーパーにいけば売っているものがほとんどです。道具については自宅にないこともあるかと思いますが、最近は100均でも十分に揃えることができるので、こちらも大丈夫でしょう。

実際に作ってみた

まずは生地を捏ねます。今回はクッキーが2種類(プレーン・チョコ)出来るキットだったので、生地も2種類あります。いずれも決まった粉を捏ねるだけで簡単に出来上がります。

決まった粉を捏ねるだけの簡単仕様

こちらが焼き上げる直前のクッキーです。生地をくり抜く型も、ハート型のものが付いていたので、そのまま使用しました。トッピング(上に乗っている)チョコやアーモンドも全てキットに付いているものです。トッピングが雑な点は触れないでください(笑)

トッピングは雑だけどご勘弁

あとはオーブンで焼き上げるだけです。オーブンの操作方法だけは説明書にも書いていません(せいぜい事前に○○度で予熱、○○度で○○分焼く程度の記述)ので、そこだけは自宅にあるオーブンの説明書などを読んで勉強する必要がありますね。まあ機械に強い方なら説明書なしでも適当にいけるレベルだと思います。

あとはオーブンで焼き上げるだけ

そして焼きあがったのがこちら。普通はクッキーの表面に溶いた卵を刷毛で塗るのですが、自宅に刷毛がなかったのでスプーンで塗ったところ、表面に卵が残りました(笑)まあご愛嬌ということで。

焼き上がりはこんな感じ

プレーンクッキーはこんな感じです。

プレーンクッキー

チョコクッキーはこんな感じ。

チョコクッキー

あとはラッピングすれば完了です。ちなみにラッピング材も付いているのが無印良品の良い所です。ラッピングも雑(センスなし)ですが、触れてはいけません。

ラッピングすれば完了

そうすけは思った

いつも嫁には「出来栄えや作る簡単さがどうこうよりも、とりあえず頑張って手作りしてくれたということが嬉しい」と言ってもらっています。これってうちの嫁だけじゃなく、みんなに共通することなのではないでしょうか。

無印良品の「自分で作る」シリーズはバレンタインデーやホワイトデーにちょっと頑張ってみたい方、そしてお菓子作りに興味があるけれど難しそうだな・・・なんて考えている方にはピッタリの商品です。

ぜひ来年のホワイトデーは、手作りのお菓子をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

バレンタインデーにチョコをもらえなかった時に読む本 バレンタインデーにチョコをもらえなかった時に読む本[Kindle版]平野 厚 平野 厚 2014-01-16 売り上げランキング : 78921

by ヨメレバ