NTTドコモ Xperia 5 III SO-53B フロストブラック

ドコモオンラインショップにて「Xperia 5 III SO-53B」が税込価格76,956円で割引販売されています。

通常価格から32%オフ(36,300円オフ)の特価です。

SPONSORED LINK

価格情報

ドコモオンラインショップで割引販売されているのはXperia 5 III(型番:SO-53B)。

SIMロックをかけずに販売されている“SIMフリー仕様”の国内正規品です。

8GBのシステムメモリや128GBの内蔵ストレージ、FeliCaチップ、nanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを1つ搭載します。

セール対象の本体カラーは4色(Frosted Black/Frosted Silver/Green/Pink)です。

2022年12月1日(木)時点で設定されている機種代金(消費税込み)は以下のとおり。

購入方法 支払方法 支払金額
  • 新規契約
  • 機種変更
  • のりかえ(MNP)
  • 機種だけ(白ロム)購入
一括払い ¥76,956
12回払い ¥76,956

  • ¥6,413 × 12回
24回払い ¥76,956

  • ¥3,218 × 1回
  • ¥3,206 × 23回
36回払い ¥76,956

  • ¥2,161 × 1回
  • ¥2,137 × 35回

商品購入の合計額が2,750円以上のため、通販利用による配送料は無料です。また契約などに伴う事務手数料も発生しません(無料です)。

参考までに、割引対象機種に追加される前にドコモオンラインショップで設定されていたXperia 5 III(型番:SO-53B)の機種代金は税込みで113,256円。

ドコモオンラインショップのセールでは通常価格から32%オフ(36,300円オフ)で割引販売されています。

上記割引価格の終了期間は未定(案内なし)です。

★NTTドコモ公式通販サイトの商品ページはこちら
ドコモオンラインショップ | Xperia 5 III(SO-53B)

(Source:ドコモオンラインショップ

製品情報

「Xperia 5 III」の特徴

Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー)は2021年4月にSony(ソニー)が海外で発表していたスマートフォン。

日本では同年11月におサイフケータイ対応の国内正規品(独自仕様品)が発売。まず3キャリア(NTTドコモ/KDDI/ソフトバンク)で取り扱いが始まり、2022年4月にはDual SIM仕様のオープンマーケットモデルも追加発売されています。

本体はIP68等級の防塵防水設計。

ベゼルレスデザインの前面にはアスペクト比(縦横比)が21:9で、6.1インチ・フルHD+解像度(2520×1080ドット)の有機ELディスプレイを搭載します。

狭額縁や縦長画面といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。

画面の比率をより縦長にすることで、分割表示で2つのアプリを使うマルチタスクが使いやすくなる、横持ち(ランドスケープモード)で映画を観る場合にはコンテンツを画面全体に表示できる、などの特長も備えます。

ディスプレイはリフレッシュレート120Hz(=1秒間に120回の表示書き換え)やタッチサンプリングレート240Hz(=1秒間に240回のタッチ検出)の高速駆動に対応。加えて240Hzの残像低減技術も備えます。これらにより、残像感を抑えたなめらかな映像描画性能、操作に対しての優れたレスポンス速度(操作~検出~表示に反映するまでの“応答速度”)が実現されています。

音響機能面では前面の上下にわけてステレオスピーカーを搭載。映像業界でよく知られる3D音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」もサポートしており、立体的で臨場感あるサラウンドサウンドが楽しめます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid 11。NTTドコモ版の製品に対しては2022年3月にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェアアップデートが配信されています。

チップセットはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 888 5Gモバイルプラットフォームです。

ソフトウェア面では縦長画面の扱いをラクにするUI「Side Sense(サイドセンス)」を搭載。画面の左右端をダブルタップするとアプリランチャーが表示できます。ランチャーに含まれるアプリや機能はスマホの使用状況をもとにAIが自動で抽出します。

内蔵するバッテリーの容量は4,500mAh。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。3.5mmオーディオ端子も備えており、有線設計の一般的なイヤホン/ヘッドホンも変換アダプタなしで使えます。

USB Power Delivery(USB PD)規格による有線急速充電に対応しており、互換性のある充電機器なら充電時間を短縮できます。有線急速充電ならバッテリー残量を30分で50%まで満たせるとうたいます。

アウトカメラはZEISS Lens(ツァイスレンズ)を採用したトリプル設計(3眼設計)。プライマリカメラが1,220万画素のイメージセンサーにf/1.7のレンズ、セカンダリカメラが1,220万画素のセンサーにf/2.3-2.8の可変式レンズ、ターシャリカメラは1,220万画素のセンサーにf/2.2のレンズという構成です。

セカンダリカメラは可変式レンズを備える望遠カメラ。望遠倍率は(プライマリカメラ比で)光学2.9〜4.4倍ズーム相当です。3つのカメラで光学6.6倍ズーム相当のズームレンジをサポートします。

ターシャリカメラは超広角カメラ。画角は124度です。

インカメラはシングル設計(単眼設計)。800万画素のイメージセンサーにf/2.0のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、側面(右の位置)の電源ボタンに統合されたセンサーでの指紋認証をサポートします。

日本市場向けの製品にはFeliCa(フェリカ)チップも搭載。国内向けの非接触型IC決済サービス「おサイフケータイ」も利用できます。

フルセグ/ワンセグ機能(テレビ視聴機能)には非対応です。

★NTTドコモ公式通販サイトの商品ページはこちら
ドコモオンラインショップ | Xperia 5 III(SO-53B)

「Xperia 5 III」の技術仕様

NTTドコモ公式サイトの製品ページおよびSIMロック解除対応機種(発売時期:2015年5月以降)の案内ページにて確認できる、Xperia 5 III(型番:SO-53B)の主な仕様情報は次のとおり。

Xperia 5 III(SO-53B)のスペック表
外寸と重量
高さ 157mm
横幅 68mm
厚さ 8.2-9.7mm
重さ 168g
システム
OS Android 11
※Android 12へのOSアップデート配信済み
SoC Qualcomm Snapdragon 888 5G
Octa-Core(8コア)
※Snapdragonモバイルプラットフォームシリーズの仕様一覧
RAM 8GB
ROM 128GB
外部ストレージ microSDカードに対応(最大1TBまで)
バッテリー 4,500mAh
ディスプレイ
大きさ 6.1インチ
解像度 FHD+(2520×1080ドット)
種類 有機EL
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ

  • プライマリ:1,220万画素
  • セカンダリ:1,220万画素
  • ターシャリ:1,220万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 800万画素
SIMカード
種類
  • nanoSIM × 1
通信機能(モバイル)
5G FR1 n78
n79
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 12
Band 13
Band 17
Band 19
Band 21
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
Band 42
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 5
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.2
その他
防塵防水 IP65/IP68
おサイフケータイ 対応
フルセグ/ワンセグ 非対応