Google Pixel 7 Pro オブシディアン

Googleストアにて「Google Pixel 7 Pro」購入の予約受付がスタート。

税込価格124,300円〜で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Googleストアで新たに予約受付中となっているのはGoogle Pixel 7 Pro(型番:GFE4J)。

取り扱うのはSIMフリー仕様の国内正規品(オープンマーケットモデル)です。

12GBのシステムメモリ、FeliCaチップ、nanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを1つ、およびeSIMを搭載します。

注文できるのは2種類の内蔵ストレージ容量(128GB/256GB)と3色の本体カラー(Obsidian/Snow/Hazel)をかけ合わせた計5商品。HazelだけはROM128GB搭載品のみで展開されています。

ROM128GB搭載品

2022年10月7日(金)時点における価格設定は、販売価格が124,300円(消費税込み・配送料無料)

Google Pixel 7 Pro(型番:GFE4J)の日本市場での発売日は2022年10月13日(木)です。

★Googleストアの商品ページはこちら
Google ストア | Google Pixel 7 Pro

ROM256GB搭載品

2022年10月7日(金)時点における価格設定は、販売価格が139,700円(消費税込み・配送料無料)

Google Pixel 7 Pro(型番:GFE4J)の日本市場での発売日は2022年10月13日(木)です。

★Googleストアの商品ページはこちら
Google ストア | Google Pixel 7 Pro

(Source:Google Store

製品情報

「Google Pixel 7 Pro」の特徴

Google Pixel 7 Pro(グーグル ピクセル セブン プロ)は2022年10月にGoogle(グーグル)が日本国内外で“正式発表”したスマートフォン。

日本では同月中におサイフケータイやeSIMに対応する国内正規品(独自仕様品)が発売予定。メーカー直販(Googleストア)および2キャリア(ソフトバンク/KDDI)で取り扱いされています。

本体はIP68等級の防塵防水設計。

ベゼルレスデザインの前面にはアスペクト比(縦横比)が19.5:9で、6.7インチ・2K+解像度(3120×1440ドット)の有機ELディスプレイを搭載します。ディスプレイ上部(中央の位置)にはインカメラを配置するための“パンチホール”付きです。

狭額縁や縦長画面といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。穴あきデザインを採用することで、フロントパネルにおける画面占有率もより高められています。

ディスプレイは最大リフレッシュレート120Hz(=1秒間に最大120回の表示書き換え)の高速駆動に対応。残像感を抑えた、なめらかな映像描画が可能です。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid 13。発売から3年間(2025年10月まで)のAndroidバージョンアップデート提供保証、および最低5年間(2027年10月まで)の月次セキュリティアップデート提供保証、および電話とオンラインによるサポート提供保証が付いています。

チップセットはGoogle Tensor G2です。

内蔵するバッテリーの容量は5,000mAh。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

Qi(チー)規格に準拠した無線充電にも対応。リバースワイヤレス充電機能も備えており、Google Pixel 7 Proを“ワイヤレス充電器代わり”にして無線充電に対応する他機器へ給電することも可能です。

急速充電は有線充電・無線充電の両方で利用できます。最大23W入力の有線急速充電、および最大23W入力の無線急速充電(※Google Pixel Stand (第2世代)が必要)に対応しており、それぞれ互換性のある充電機器なら充電時間を短縮できます。

23W入力の有線急速充電ではバッテリー残量を30分で50%まで満たせるとうたいます。

アウトカメラはトリプル設計(3眼設計)。プライマリカメラが5,000万画素のイメージセンサーにf/1.85のレンズ、セカンダリカメラが1,200万画素のセンサーにf/2.2のレンズ、ターシャリカメラは4,800万画素のセンサーにf/3.5のレンズという構成です。

セカンダリカメラは超広角カメラ。画角は125.8度です。

ターシャリカメラは望遠カメラ。望遠倍率は(プライマリカメラ比で)光学5倍ズーム相当です。望遠倍率はデジタルズームも使えば最大30倍まで拡張できます。

プライマリカメラとターシャリカメラは4つの画素を結合し1画素として扱うピクセルビニング技術「Quad Bayer(クアッドベイヤー)」をサポート。光量不足のシーンでは画素数を4分の1へ抑える代わりに1画素あたりの面積を4倍に拡張。画素単位での受光量を増補し、ノイズの少ない明るい写真が楽しめます。

インカメラはシングル設計(単眼設計)。1,080万画素のイメージセンサーにf/2.2のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、画面一体型センサーによる指紋認証、インカメラでの顔認証をサポートします。

日本市場向けの製品にはFeliCa(フェリカ)チップも搭載。国内向けの非接触型IC決済サービス「おサイフケータイ」も利用できます。

フルセグ/ワンセグ機能(テレビ視聴機能)には非対応です。

★Googleストアの商品ページはこちら
Google ストア | Google Pixel 7 Pro

「Google Pixel 7 Pro」の技術仕様

Googleストアの日本向け製品ページにて確認できる、Google Pixel 7 Pro(型番:GFE4J)のおもな仕様情報は次のとおり。

Google Pixel 7 Pro(GFE4J)のスペック表
外寸と重量
高さ 162.9mm
横幅 76.6mm
厚さ 8.9mm
重さ 212g
システム
OS Android 13
SoC Google Tensor G2
Octa-Core(8コア)
RAM 12GB
ROM 次のいずれか

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
外部ストレージ 非対応
バッテリー 5,000mAh
ディスプレイ
大きさ 6.7インチ
解像度 WQHD+(3120×1440ドット)
種類 LTPO OLED
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ

  • プライマリ:5,000万画素
  • セカンダリ:1,200万画素
  • ターシャリ:4,800万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 1,080万画素
SIMカード
種類
  • nanoSIM × 1
  • eSIM × 1
通信機能(モバイル)
5G FR1 n1
n2
n3
n5
n7
n8
n12
n14
n20
n25
n28
n30
n38
n40
n41
n48
n66
n71
n77
n78
FR2 n257
n258
n260
n261
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 14
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
Band 29
Band 30
Band 66
Band 71
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
Band 42
Band 46
Band 48
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.2
その他
防塵防水 IP68
おサイフケータイ 対応
フルセグ/ワンセグ 非対応
★Googleストアの商品ページはこちら
Google ストア | Google Pixel 7 Pro

補足情報

35,000円分の“早期購入特典”あり(10/16まで)

GoogleストアではGoogle Pixel 7シリーズの早期購入者を対象とするプロモーションを実施。

日本時間の2022年10月16日(日)23時59分までにGoogleストアで「Google Pixel 7 Pro」を注文すると、後日のGoogleストアでの買い物に使える35,000円分のGoogleストアクレジットがもらえます。

この特典が受けられるのは1人につきデバイス2台の購入分まで(一度の注文で2台購入分まで、または1台の注文を2回購入分まで)。商品発送から約24時間後に付与を通知するEメールが配信されます。このプロモーションで付与されるGoogleストアクレジットの有効期限は日本時間の2023年10月6日(金)23時59分までです。

★Googleストアの商品ページはこちら
Google ストア | Google Pixel 7 Pro

スマホ下取りによる割引サービスあり

Googleストアでは購入費用を抑えるためのサービスとして「下取りプログラム(Trade in)」も提供。

スマートフォンを購入する際、(指定機種に含まれている)手元の不要なスマートフォンを下取りに出すと、下取り額分の払い戻しが受けられます。

下取りプログラムはぼく自身、Pixel 6を購入した際に利用しています。使った際のことは別記事にまとめていますので、参考にどうぞ。