Xiaomi 12 Pro Purple

ドイツ向け通販サイトAmazon.deにて、Xiaomi「Xiaomi 12 Pro」が発売。

税別価格966.38ユーロ(約132,400円)で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.deで新発売となっているのはXiaomi 12 Pro(型番:2201122G)。

取り扱うのは欧州仕向けでグローバル仕様のSIMフリー製品。256GBの内蔵ストレージやnanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを2つ搭載します。

注文できるのは12GBのシステムメモリを備える“上位モデル”。本体カラーはPurple(パープル)です。

2022年3月29日(火)時点における価格設定は、VAT(付加価値税)を含む税込価格がEUR1,149.99(約157,500円)。VATを含まない税別価格はEUR966.38(約132,400円)。税別価格は購入予約の受付開始直後から変わりありません。

日本国内住所宛てへの配送料、およびデポジット(=輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられる預け金)を加味した購入費用の概算見積額(日本円建て/ユーロ建て)はそれぞれ以下のとおりです。

配送方法 購入費用
(日本円建て)
購入費用
(ユーロ建て)
AmazonGlobal
Expedited Shipping
(通常8-12営業日で配達)
155,852円 EUR1,138.80
(約159,400円)

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、今回の場合だと13,000円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

参考までに、Xiaomi 12 Pro(型番:2201122G)のドイツ向け価格は、RAM12GB搭載品だと税込みでEUR1,149.90(約157,500円)。

Amazon.deでは海外現地向け価格とほぼ同額で販売されています。

なお上記価格および発送可能時期は2022年3月29日(火)10時05分の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入時点でのAmazon.deに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

(Source:Amazon.de

製品情報

「Xiaomi 12 Pro」の特徴

Xiaomi 12 Pro(シャオミ トゥエルブ プロ)はXiaomi(シャオミ。小米科技)が2021年12月に中国市場向け、2022年3月にはグローバル市場向けにも発表したスマートフォン。

2022年3月29日(火)現在、日本では未発売の製品です。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が20:9で、6.73インチ・2K+解像度(3200×1440ドット)の有機ELディスプレイを搭載。

狭額縁や縦長画面といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。インカメラをパンチホール(穴あき)デザインで配置することにより、フロントパネルにおける画面占有率も高められています。

ディスプレイは最大リフレッシュレート120Hz(=1秒間に最大120回の表示書き換え)および最大タッチサンプリングレート480Hz(=1秒間に最大480回のタッチ検出)の高速駆動に対応。残像感を抑えたなめらかな映像描画性能、操作に対しての優れたレスポンス速度(操作~検出~表示に反映するまでの“応答速度”)を備えます。

音響機能面での特徴として、Samsung傘下の音響機器メーカー・Harman International Industries(ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ)内のブランドであるHarman Kardon(ハーマン・カードン)がサウンドチューニングを担当したデュアルスピーカーを搭載。

映像業界でよく知られる3D音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応しており、立体的で臨場感あるサラウンドサウンドが楽しめます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid OSがベースのMIUI 13。チップセットはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 8 Gen 1モバイルプラットフォームです。

筐体内部にはグラファイトやベイパーチャンバー、ホワイトグラフェン(六方晶系窒化ホウ素。「h-BN」)を組み合わせた独自設計の冷却システムを搭載。発熱によるパフォーマンスの低下が予防されています。

さらに独自開発の充電管理チップ「Surge P1 charging IC」も組み込まれ、充電機能の強化や省電力性能の向上も図られています。

内蔵するバッテリーの容量は4,600mAh。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

Qi(チー)規格に準拠した無線充電にも対応。ワイヤレス充電に対応する他機器へ給電できるリバースワイヤレスチャージ機能も備えます。

急速充電は有線充電・無線充電の両方で利用可能です。最大120W入力の有線急速充電、および最大50W入力の無線急速充電をサポートしており、それぞれ互換性のある充電機器があれば充電時間を短縮できます。

120W入力の有線急速充電では、バッテリー残量を最短18分で100%まで満たせるとうたいます。また50W入力の無線急速充電だと、バッテリー残量を42分で100%まで満たせるともうたいます。

アウトカメラはトリプル設計(3眼設計)。プライマリカメラが5,000万画素のイメージセンサーとf/1.9のレンズ、セカンダリカメラが5,000万画素のセンサーにf/2.2のレンズ、ターシャリカメラは5,000万画素のセンサーにf/1.9のレンズという構成です。

プライマリカメラは4画素を結合し1画素として扱うピクセルビニング技術「4-in-1 Super Pixel」に対応。光量不足のシーンでは、画素数を4分の1へ抑える代わりに1画素あたりの面積を4倍に拡張。受光量を増補し、ノイズの少ない明るい写真が楽しめます。

セカンダリカメラは超広角カメラ。画角は115度です。

ターシャリカメラはポートレート撮影を意識した望遠カメラ。望遠倍率は(プライマリカメラ比で)光学2倍ズーム相当です。

インカメラはシングル設計(単眼設計)。3,200万画素のイメージセンサーにf/2.45のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、画面一体型センサーによる指紋認証、インカメラでの顔認証をサポートします。

「Xiaomi 12 Pro」の技術仕様

Xiaomi公式サイトのグローバル向け製品ページなどにて確認できる、Xiaomi 12 Pro(型番:2201122G)のおもな仕様情報は次のとおり。

Xiaomi 12 Pro(2201122G)のスペック表
外寸と重量
高さ 163.6mm
横幅 74.6mm
厚さ 8.16mm
重さ 205g
システム
OS MIUI 13 based on Android 12
SoC Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
Octa-Core(8コア)

  • 3.0GHz×1
  • 2.5GHz×3
  • 1.8GHz×4
RAM 次のいずれか

  • 8GB
  • 12GB
ROM 256GB
外部ストレージ 非対応
バッテリー 4,600mAh
ディスプレイ
大きさ 6.73インチ
解像度 WQHD+(3200×1440ドット)
種類 AMOLED
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ

  • プライマリ:5,000万画素
  • セカンダリ:5,000万画素
  • ターシャリ:5,000万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 3,200万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
物理スロット数 2
通信機能(モバイル)
5G FR1 n1
n3
n5
n7
n8
n20
n28
n38
n40
n41
n66
n77
n78
n79
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
Band 32
Band 66
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
Band 42
Band 48
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.2
その他
防塵防水 非対応
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応

補足情報

海外アカウントは使いまわし可能

Amazonの日本向けサイト(Amazon.co.jp)で作成したアカウントは、Amazonの海外向けサイトでは使用不可。海外向けのAmazonの利用には別途、海外向けサイトで使えるアカウントの作成が必要です。

ただし例えば米国向けAmazon(Amazon.com)で作成したアカウントなら、ドイツを含む欧州向けAmazonでも使い回せます。

海外Amazonの利用方法については以下の関連記事も参考にどうぞ。