HUAWEI MatePad 11 Matte Gray

フランス向け通販サイトAmazon.frにて、Huawei「MatePad 11」が発売。

税別価格327.09ユーロ(約42,400円)~で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.frで新発売となっているのはHuawei MatePad 11(型番:DBY-W09)。

取り扱うのは欧州仕向けでグローバル仕様のWi-Fiモデル。HarmonyOSやSnapdragon 865 5Gモバイルプラットフォーム、6GBのシステムメモリを搭載します。

注文できる本体カラーはMatte Gray(マットグレー)1色。内蔵ストレージ容量は2種類(64GB/128GB)から選べます。

なお“購入特典”としてROM64GB搭載品にはFolio Coverが、ROM128GB搭載品にはHUAWEI M-Pencil(第2世代)が付いています。

ROM64GB搭載品

2021年7月21日(水)時点における価格設定は、VAT(付加価値税)を含む税込価格がEUR392.51(約50,900円)。VATを含まない税別価格はEUR327.09(約42,400円)。税別価格は購入予約の受付開始直後からEUR6.16(約800円)安くなりました。

日本国内住所宛てへの配送料、およびデポジット(=輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられる預け金)を加味した購入費用の概算見積額(日本円建て/ユーロ建て)はそれぞれ以下のとおりです。

配送方法 購入費用
(日本円建て)
購入費用
(ユーロ建て)
AmazonGlobal
Prioritaire
(通常8-12営業日で配達)
50,139円 EUR382.69
(約50,700円)
AmazonGlobal
Eclair
(2-3営業日で配達)
52,512円 EUR400.80
(約53,100円)

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、今回の場合だと2,500円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

参考までに、MatePad 11(型番:DBY-W09)のフランス向け価格は、ROM64GB搭載品だと税込みでEUR399.99(約51,800円)。

Amazon.frでは海外現地向け価格から2%オフ(税込みでEUR7.48オフ。約900円)で販売されています。

なお上記価格および発送可能時期は2021年7月21日(水)9時20分の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入時点でのAmazon.frに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ROM128GB搭載品

2021年7月21日(水)時点における価格設定は、VAT(付加価値税)を含む税込価格がEUR503.20(約65,200円)。VATを含まない税別価格はEUR419.33(約54,300円)。

日本国内住所宛てへの配送料、およびデポジット(=輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられる預け金)を加味した購入費用の概算見積額(日本円建て/ユーロ建て)はそれぞれ以下のとおりです。

配送方法 購入費用
(日本円建て)
購入費用
(ユーロ建て)
AmazonGlobal
Prioritaire
(通常8-12営業日で配達)
63,672円 EUR485.98
(約64,300円)
AmazonGlobal
Eclair
(2-3営業日で配達)
66,048円 EUR504.12
(約66,700円)

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、今回の場合だと3,200円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

参考までに、MatePad 11(型番:DBY-W09)のフランス向け価格は、ROM128GB搭載品だと税込みでEUR499.99(約64,800円)。

Amazon.frでは海外現地向け価格とほぼ同額で販売されています。

なお上記価格および発送可能時期は2021年7月21日(水)9時20分の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入時点でのAmazon.frに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

(Source:Amazon.fr

製品情報

「MatePad 11」の特徴

MatePad 11(メイトパッドイレブン)は2021年6月にHuawei Technologies(ファーウェイテクノロジーズ。華為技術)が海外で発表していたタブレット端末。

日本では同年7月に国内正規品(RAM6GB/ROM128GB搭載品)の発売が案内済み。7月23日(金)に発売予定です。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が10:16で、10.95インチ・WQXGA解像度(1600×2560ドット)の液晶ディスプレイを搭載。

狭額縁に設計することで本体サイズ(フットプリント)の小型化が図られています。フロントパネルにおける画面占有率は86%です。

ディスプレイは最大リフレッシュレート120Hz(=1秒間に最大120回の表示書き換え)の高速駆動をサポート。残像感を抑えた、なめらかな映像描画が可能です。

メーカー純正の周辺機器として、専用スタイラスペン「HUAWEI M-Pencil(第2世代)」やキーボードアクセサリー「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard(HUAWEI Intelligent Keyboard)」もラインナップ。

HUAWEI M-Pencilを使った手書き入力は4,096段階の筆圧感知に対応。ペンの充電はMatePad 11の側面にマグネットで吸着すると自動でおこなわれます。

音響機能面ではSamsung傘下の音響機器メーカー・Harman International Industries(ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ)内のブランドであるHarman Kardon(ハーマン・カードン)がサウンドチューニングを担当したスピーカーを4基搭載。

Huawei独自の3D音響技術「Histen」もサポートしており、立体的なサラウンドサウンドが楽しめます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはHarmonyOS 2。チップセットはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 865 5Gモバイルプラットフォームです。

内蔵するバッテリーの容量は7,250mAh。最大22.5W入力(10V/2.25A入力)の急速充電に対応しており、互換性のある充電機器なら充電時間を短縮できます。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

カメラは背面・前面ともシングル(単眼)設計。アウトカメラが1,300万画素のイメージセンサーにf/1.8のレンズ、インカメラは800万画素のセンサーにf/2.0のレンズという構成です。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、インカメラによる顔認証をサポートします。

「MatePad 11」の技術仕様

Huawei公式サイトのグローバル向け製品ページにて確認できる、Huawei MatePad 11(型番:DBY-W09)のおもな仕様情報は次のとおり。

Huawei MatePad 11(DBY-W09)のスペック表
外寸と重量
高さ 165.3mm
横幅 253.8mm
厚さ 7.25mm
重さ 485g
システム
OS HarmonyOS 2
SoC Qualcomm Snapdragon 865 5G
Octa-Core(8コア)

  • 2.84GHz×1
  • 2.4GHz×3
  • 1.8GHz×4
RAM 6GB
ROM 次のいずれか

  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB
SDカード 対応(最大1TBまで)
バッテリー 7,250mAh
ディスプレイ
大きさ 10.95インチ
解像度 WQXGA(1600×2560ドット)
種類 TFT LCD
カメラ
背面カメラ シングルカメラ

  • 1,300万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 800万画素
SIMカード
種類
物理スロット数
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.1
その他
防塵防水 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応

補足情報

海外アカウントは使いまわし可能

Amazonの日本向けサイト(Amazon.co.jp)で作成したアカウントは、Amazonの海外向けサイトでは使用不可。海外向けのAmazonの利用には別途、海外向けサイトで使えるアカウントの作成が必要です。

ただし例えば米国向けAmazon(Amazon.com)で作成したアカウントなら、フランスを含む欧州向けAmazonでも使い回せます。

海外Amazonの利用方法については以下の関連記事も参考にどうぞ。