Huawei TalkBand B6 Sport Graphite Black

ドイツ向け通販サイトAmazon.deにて、Huawei「TalkBand B6」が発売

税別価格171.55ユーロ(約21,700円)〜で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.deで新発売となっているのはHuawei TalkBand B6(型番:Fides-B19/FDS-B19)。

取り扱うのは欧州仕向けでグローバル仕様のBluetoothモデルです。

注文できるのは3つのエディション(Sport Edition/Classic Edition/Elite Edition)と4色の本体カラーをかけ合わせた計5商品。

Sport Edition

2020年9月12日(土)時点における価格設定は、VAT(付加価値税)を含む税込価格がEUR199.00(約25,200円)。VATを含まない税別価格はEUR171.55(約21,700円)

日本国内住所宛てへの配送料、およびデポジット(=輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられる預け金)を加味した購入費用の概算見積額(日本円建て/ユーロ建て)はそれぞれ以下のとおりです。

配送方法 購入費用
(日本円建て)
購入費用
(ユーロ建て)
AmazonGlobal
Premiumversand
(通常8-12営業日で配達)
28,408円 EUR220.75
(約28,500円)
AmazonGlobal
Express-Zustellung
(2-4営業日で配達)
28,883円 EUR224.44
(約29,000円)

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、今回の場合だと1,300円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

★Amazon(アマゾン)の商品ページはこちら
HUAWEI TalkBand B6 Sport Bluetooth Headset & SmartBand : Amazon.de : Elektronik

Classic Edition

2020年9月12日(土)時点における価格設定は、VAT(付加価値税)を含む税込価格がEUR229.00(約28,900円)。VATを含まない税別価格はEUR197.41(約25,000円)

日本国内住所宛てへの配送料、およびデポジット(=輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられる預け金)を加味した購入費用の概算見積額(日本円建て/ユーロ建て)はそれぞれ以下のとおりです。

配送方法 購入費用
(日本円建て)
購入費用
(ユーロ建て)
AmazonGlobal
Premiumversand
(通常8-12営業日で配達)
32,267円 EUR250.74
(約32,400円)
AmazonGlobal
Express-Zustellung
(2-4営業日で配達)
32,556円 EUR252.98
(約32,700円)

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、今回の場合だと1,500円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

★Amazon(アマゾン)の商品ページはこちら
HUAWEI TalkBand B6 Classic Bluetooth Headset : Amazon.de : Elektronik

Elite Edition

2020年9月12日(土)時点における価格設定は、VAT(付加価値税)を含む税込価格がEUR249.00(約31,500円)。VATを含まない税別価格はEUR214.66(約27,100円)

日本国内住所宛てへの配送料、およびデポジット(=輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられる預け金)を加味した購入費用の概算見積額(日本円建て/ユーロ建て)はそれぞれ以下のとおりです。

配送方法 購入費用
(日本円建て)
購入費用
(ユーロ建て)
AmazonGlobal
Premiumversand
(通常8-12営業日で配達)
34,818円 EUR270.56
(約34,900円)
AmazonGlobal
Express-Zustellung
(2-4営業日で配達)
35,088円 EUR272.66
(約35,200円)

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、今回の場合だと1,500円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

★Amazon(アマゾン)の商品ページはこちら
HUAWEI TalkBand B6 Elite Bluetooth Headset & SmartBand : Amazon.de : Elektronik

(Source:Amazon.de

製品情報

「TalkBand B6」の特徴

TalkBand B6(トークバンドビー6)は2020年7月にHuawei Technologies(ファーウェイテクノロジーズ。華為技術)が海外で発表していたウェアラブルデバイス。

2020年9月12日(土)現在、日本では未発売の製品です。

本体はベースパーツとイヤホン(ワイヤレスヘッドセット)で構成。この本体はIP57等級の防塵耐水設計です。

標準付属のストラップはSport Edition(スポーツエディション)がフルオロエラストマー製、Classic Edition(Classicエディション)が革製、Elite Edition(エリートエディション)は金属製です。

本体の前面には1.53インチ(460×188ドット)の有機ELディスプレイを搭載。操作には画面へのタッチに加え、側面にある物理ボタンも使えます。

プロセッサは自社製のKirin A1。

ベースからイヤホンを取り外せばBluetoothヘッドセットとして利用できます。イヤホン部には2基のマイクによるノイズキャンセル機能も組み込まれ、音声通話の品質も高められています。

内蔵するバッテリーの容量は120mAh。1度の満充電で最大8時間の音声通話が可能です。

充電にはイヤホン部に設けられた外部入出力端子を使用します。この外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

アクティビティトラッキング(活動記録)では7種目の追跡と記録に対応。

背面には光学式の心拍センサーを搭載。日常から運動中までの心拍数をモニタリングする「TruSeen」、睡眠内容を観測する「TruSleep」など独自の技術を備えます。血中の酸素飽和度(SpO2)の測定も可能です。

スマートウォッチとしては、接続するスマホに届いたメッセージやSNS通知、カレンダーのスケジュール情報などを受け取ることが可能。天気の確認、アラームやタイマーなどの基本機能も備えます。

★Amazon(アマゾン)の商品ページはこちら
HUAWEI TalkBand B6 Bluetooth Headset & SmartBand : Amazon.de : Elektronik

「TalkBand B6」の技術仕様

Huawei公式サイトのグローバル向け製品ページにて確認できる、Huawei TalkBand B6(型番:FDS-B19)のおもな仕様情報は次のとおり。

Huawei TalkBand B6(FDS-B19)のスペック表
外寸と重量
外寸
  • デバイス本体(ベース+イヤホン)
    56.87mm×22.61mm×12.50mm
  • イヤホン単体
    47.30mm×20.00mm×12.48mm
重さ
  • デバイス本体(ベース+イヤホン)
    28.85g
システム
OS 独自OS
互換条件
  • Android OS
    • Android 4.4以降
  • iOS
    • iOS 9.0以降
SoC
  • Huawei Hisilicon Kirin A1
  • STL4R9
RAM 詳細情報なし
ROM 詳細情報なし
バッテリー 120mAh
センサー類
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 光学式心拍センサー
  • 周囲光センサー
  • ホールセンサー
ディスプレイ
大きさ 1.53インチ
解像度 460×188ドット
種類 AMOLED
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi 非対応
Bluetooth Version 5.2
衛星測位
システム
非搭載
その他
防塵防水 IP57
おサイフケータイ 非対応
★Amazon(アマゾン)の商品ページはこちら
HUAWEI TalkBand B6 Bluetooth Headset & SmartBand : Amazon.de : Elektronik

補足情報

海外アカウントは使いまわし可能

Amazonの日本向けサイト(Amazon.co.jp)で作成したアカウントは、Amazonの海外向けサイトでは使用不可。海外向けのAmazonの利用には別途、海外向けサイトで使えるアカウントの作成が必要です。

ただし例えば米国向けAmazon(Amazon.com)で作成したアカウントなら、ドイツを含む欧州向けAmazonでも使い回せます。

海外Amazonの利用方法については以下の関連記事も参考にどうぞ。