Lenovo Tab M8(FHD) プラチナグレー

NTTレゾナントが運営するNTT-X Storeにて、Lenovo「Tab M8(FHD)」が発売。税込価格29,920円で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

NTT-X Storeで新発売となっているのはLenovo Tab M8(FHD)(型番:ZA5F0026JP)。

取り扱うのは“販売代理店モデル”として展開されている国内正規品。4GBのシステムメモリや64GBの内蔵ストレージを搭載します。

注文できる本体カラーはPlatinum Gray(プラチナグレー)1色です。

2020年6月28日(日)時点における価格設定は、販売価格が29,920円(消費税込み)。商品代金が3,000円以上であるため配送料も無料です。

(Source:NTT-X Store

製品情報

「Tab M8(FHD)」の特徴

Tab M8(FHD)(タブエム8フルエイチディー)は2019年8月にLenovo(レノボ。聯想集団)が海外で発表していたタブレット端末。

日本では2020年6月になり国内正規品の発売が案内されました。

本体外装には金属を使用。本体の厚みも8.15mm(8.15ミリメートル)と薄く設計され、「高級さ」と「扱いやすさ」の両立が図られています。

前面にはアスペクト比(縦横比)が16:10で、8.0インチ・WUXGA解像度(1920×1080ドット)の液晶ディスプレイを搭載。フロントパネルにおける画面占有率は83%です。

音響機能面では、映像業界でよく知られる音響技術「Dolby Audio(ドルビーオーディオ)」に対応。内蔵するスピーカーは1機(モノラルスピーカー)ですが、ドルビーオーディオ関連技術が利用できるとうたいます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid 9(開発コード名:Pie。パイ)。チップセットはMediaTek(メディアテック)のHelio P22Tです。

“家族みんなで使えるタブレット”が意識された製品であり、タブレットの使用時間やアプリの使用可否をコントロールできる「キッズモード」や「ペアレンタルコントロール」などの機能を備えます。

内蔵するバッテリーの容量は5,000mAh。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-B(Micro USB)。3.5mmオーディオ端子も備えており、有線設計のイヤホン/ヘッドホンも変換アダプタなしで使えます。

カメラは背面・前面ともシングル(単眼)設計。有効画素数はアウトカメラが1,300万画素、インカメラは500万画素です。

「Tab M8(FHD)」の技術仕様

Lenovo公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Lenovo Tab M8(FHD)(型番:ZA5F0026JP)のおもな仕様情報は次のとおり。

Lenovo Tab M8(FHD)(ZA5F0026JP)のスペック表
外寸と重量
高さ 198.2mm
横幅 122.6mm
厚さ 8.15mm
重さ 305g
システム
OS Android 9.0
SoC MediaTek Helio P22T
Octa-Core(8コア)

  • 2.3GHz×4
  • 1.8GHz×4
RAM 4GB
ROM 64GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 5,000mAh
ディスプレイ
大きさ 8.0インチ
解像度 WUXGA(1920×1200ドット)
種類 IPS LCD
カメラ
背面カメラ シングルカメラ

  • 1,300万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 500万画素
SIMカード
大きさ
スロット数
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応