Google Pixel 3 XL クリアリーホワイト

GEOオンラインストアにて、Google「Pixel 3 XL」ROM128GB搭載の未使用品が税込45,584円で特売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

GEOオンラインストアで割引販売されているのはGoogle Pixel 3 XL(型番:G013D)の未使用品(状態ランクS品)。

セール対象はもともとNTTドコモを通じて販売されたSIMロック付き製品(※条件を満たせば解除可能)です。

「在庫あり」となっているのは内蔵ストレージ容量が128GBの”上位仕様品”。本体カラーはクリアリーホワイト(Clearly White)1色のみです。記事作成時点での在庫数量は106個となっています。

※該当商品はGEOオンラインストアにて「pixel 3xl」(3とxlの間はスペース無し)で検索後に「状態S【未使用品】」で絞り込むと表示できます。

2020年4月5日(日)時点における価格設定は、販売価格が45,584円(消費税込み)。商品代金が税込み2,000円以上であるため、日本国内住所宛てへの配送料は無料です。

なお未使用品として販売されていますが、動作確認のため、商品はパッケージ開封および複数回の通電(電源投入)と充電がおこなわれた状態とのこと。また上記価格にはGEOオンラインストアによる30日間の保証(初期不良対応)が付帯します。

(Source:GEOオンラインストア

製品情報

「Pixel 3 XL」の特徴

Pixel 3 XL(ピクセル3エックスエル)は2018年10月にGoogleが海外で発表していたスマートフォン。

日本では2018年11月にFeliCa(フェリカ)搭載の独自モデル(型番:G013D)が発売。GoogleストアではSIMフリー仕様の製品、NTTドコモおよびSoftBank(ソフトバンク)からもSIMロック付き製品(※条件を満たせば解除可能)が販売されていました。

アルミニウムフレームとガラスを外装素材に使用した本体はIP68等級の防塵防水設計。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が18.5:9で、6.3インチ・2K+解像度(2960×1440ドット)の有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイ上部には“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り欠き付きです。

「狭額縁」「縦長画面」「ノッチ」といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。

ディスプレイは「画面自体が発光する」という有機ELディスプレイの特徴を生かし、画面消灯時も省電力に情報が表示できるAOD(Always on Display)機能もサポートします。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid 9(開発コード名:Pie。パイ)。2020年4月現在はAndroid 10(Android Q)へOSバージョンアップデートも配信済みです。

発売から3年間(2021年10月まで)のAndroidバージョンアップデート提供、セキュリティアップデート提供、電話またはオンラインによるサポート提供も保証されています。

特徴機能として、本体側面に内蔵された感圧式センサーにより“握って操作”できるActive Edge(アクティブエッジ)を搭載。「オーケー、グーグル」などウェイクワードを声に出さずとも、ぎゅっと握るだけでGoogleアシスタントを起動できます。

また日本仕向けの製品にはFeliCa(フェリカ)チップを搭載。国内向けの非接触型IC決済サービス「おサイフケータイ」も利用できます。

内蔵するバッテリーの容量は3,430mAh。最大18W入力の有線急速充電、Qi(チー)規格準拠の無線充電(ワイヤレス充電)に対応します。またユーザーの行動(使用状況)を学習してバッテリー使用量を最適化する自動調整機能も備えます。有線での充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

アウトカメラはシングル(単眼)設計で、1,220万画素のイメージセンサーにf/1.8のレンズという構成。

アウトカメラにはデュアルピクセル設計のイメージセンサーを採用。フォーカス精度や暗所撮影性能が高められています。光学式および電子式の手ぶれ補正機能も備えており、シーンを問わず優れた撮影性能が期待できます。

さらに自動連写で撮影された複数枚の写真から一番良い写真をオススメしてもらえる「トップショット」、AI技術によってデジタルズームでも画質劣化を抑えたきれいな写真が撮れる「超解像ズーム」といった機能も用意されています。

インカメラはデュアル(2眼)設計。プライマリカメラが800万画素のイメージセンサーにf/2.2のレンズ、セカンダリカメラは800万画素のセンサーにf/1.8のレンズという組み合わせです。

2つのカメラのおもな違いは画角。それぞれの画角はプライマリカメラが97度、セカンダリカメラは75度です。

端末のロック解除などに使用できる生体認証機能として、背面搭載のセンサーによる指紋認証をサポートします。

「Pixel 3 XL」の技術仕様

Googleストアの日本向け製品ページにて確認できていた、Google Pixel 3 XL(型番:G013D/日本版)の主な仕様情報は次のとおり。

Google Pixel 3 XL(G013D)のスペック表
外寸と重量
高さ 158.0mm
横幅 76.7mm
厚さ 7.9mm
重さ 184g
システム
OS Android 9
※Android 10へのアップデート配信済み
SoC Qualcomm Snapdragon 845
Octa-Core(8コア)

  • 2.5GHz×4
  • 1.6GHz×4
RAM 4GB
ROM 次のいずれか

  • 64GB
  • 128GB
SDカード 非対応
バッテリー 3,430mAh
ディスプレイ
大きさ 6.3インチ
解像度 WQHD+(2960×1440ドット)
種類 フレキシブルOLED
カメラ
背面カメラ シングルカメラ

  • 1,220万画素
前面カメラ デュアルカメラ

  • プライマリ:800万画素
  • セカンダリ:800万画素
SIMカード
大きさ nanoSIM
スロット数 1
通信機能(モバイル)
※青文字は「docomoのSIMロック付き」かつ「docomo系回線」の条件下で国内利用できる周波数帯
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 21
Band 25
Band 26
Band 28
Band 29
Band 30
Band 66
TD-LTE Band 38
Band 40
Band 41
Band 42
Band 48
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP68
おサイフケータイ 対応
フルセグ/ワンセグ 非対応

補足情報

SIMロックは無料で解除可能

ドコモでは2019年2月より、ドコモ製品のSIMロック解除手続きに関する条件を変更。中古品など、ドコモから直接購入していないもの(=本人の回線契約がないもの)も、所定の条件を満たしていれば、オンラインや店舗でSIMロック解除が可能になりました。

このうちオンライン手続きについては、手続きするにあたり必要な「dアカウントの作成」や「SIMロック解除の事務手数料」がすべて無料です。

GEOオンラインストアの商品ページには販売品ごとにIMEI情報を記載。ドコモのネットワーク利用制限確認サイトにて判定が「〇(まる)」と出る商品を選び購入すれば、受け取り後すぐからSIMロックを解除できます。以降はSIMフリーモデルとして使うことが可能です。

関連ページ(外部)