Xiaomi Redmi K30 5G Blue

モバイルガジェットの海外通販サイトETORENにて、Xiaomi(小米科技/シャオミ)「Redmi K30 5G」が発売。税込価格53,900円~で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

ETORENで新発売となっているのはXiaomi Redmi K30 5G。

取り扱うのは中国仕向けのSIMフリー製品。

注文できるのは4パターンのシステムメモリ/内蔵ストレージ構成と2色の本体カラー(Purple/White)をかけ合わせた計5商品です。

RAM6GB/ROM64GB搭載品

2020年1月16日(木)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が53,900円。日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約55,900円です。

参考までに、中国向けに設定されたRedmi K30 5Gの税込価格は、RAM6GB/ROM64GB搭載品だとCNY1,999(約32,000円)。ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス24,000円ほどで入手できる計算です。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Redmi K30 5G Dual Sim (RAM6GB/ROM64GB) – ETOREN

RAM6GB/ROM128GB搭載品

2020年1月16日(木)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が60,800円。日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約62,800円です。

参考までに、中国向けに設定されたRedmi K30 5Gの税込価格は、RAM6GB/ROM128GB搭載品だとCNY2,299(約36,800円)。ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス26,000円ほどで入手できる計算です。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Redmi K30 5G Dual Sim (RAM6GB/ROM128GB) – ETOREN

RAM8GB/ROM128GB搭載品

2020年1月16日(木)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が67,100円。日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約69,100円です。

参考までに、中国向けに設定されたRedmi K30 5Gの税込価格は、RAM8GB/ROM128GB搭載品だとCNY2,599(約41,600円)。ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス28,000円ほどで入手できる計算です。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Redmi K30 5G Dual Sim (RAM8GB/ROM128GB) – ETOREN

RAM8GB/ROM256GB搭載品

2020年1月16日(木)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が74,100円。日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約76,100円です。

参考までに、中国向けに設定されたRedmi K30 5Gの税込価格は、RAM8GB/ROM256GB搭載品だとCNY2,899(約46,400円)。ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス30,000円ほどで入手できる計算です。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Redmi K30 5G Dual Sim (RAM8GB/ROM256GB) – ETOREN

(Source:ETOREN

製品情報

「Redmi K30 5G」の特徴

Redmi K30 5G(レッドミーケイ30 5ジー)は2019年12月にXiaomiが海外で発表していたRedmiブランドのスマートフォン。

2020年1月16日(木)現在、日本では未発表・未発売の製品です。

本体にはP2iのナノコーティング技術による撥水加工付き。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)20:9で6.67インチ・フルHD+解像度(2400×1080ドット)の液晶ディスプレイを搭載。前面カメラはフロントパネル右上のパンチホール部に配置されています。

「狭額縁」「縦長画面」などのトレンド要素、“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り欠きすら排除したデザイン設計により、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

ディスプレイはリフレッシュレート120Hz(1秒間に120回の表示書き換え)の高速描画に対応。動きの速い映像も残像感少なく楽しめます。

チップセットはQualcommのSnapdragon 765Gモバイルプラットフォーム。7nm(ナノミリ)プロセスで製造されるコンパクトな設計により、処理性能だけでなく、電力効率も高められています。

衛星測位システムとして搭載されるGPSは2つの周波数をサポート。位置測位においては“障害物”となってしまう建物が周囲に多い環境でも、2つの周波数で相互に補完し位置情報を測定。地図アプリのナビゲーション機能などがより高い精度で利用できます。

内蔵するバッテリーの容量は4,500mAh。互換性のある充電機器を使えば、最大30W入力の急速充電が利用できます。急速充電なら約70分で100%まで充電できるとうたいます。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。3.5mmオーディオ端子も備えており、有線設計のイヤホン/ヘッドホンも変換アダプタを介さずに使えます。

端末内部には独自の液体冷却システムも備えます。

アウトカメラはクアッド(4眼)設計。プライマリカメラが6,400万画素のイメージセンサーにf/1.89のレンズ、セカンダリカメラが800万画素のセンサーにf/2.2のレンズ、ターシャリカメラが500万画素のセンサーにf/2.4のレンズ、クオータナリカメラは200万画素のセンサーにf/2.4のレンズという構成です。

プライマリカメラには1/1.7インチの大型センサーを搭載。4画素を結合し1画素として扱う技術「4-in-1 Super Pixel」にも対応し、光量不足のシーンでは画素数を4分の1へ抑える代わりに1画素あたりの面積を4倍に拡張。受光能力を増強することで、ノイズの少ない明るい写真が楽しめます。

セカンダリカメラは画角120度の超広角設計。ターシャリカメラは被写体から2cmの距離で細部を鮮明に記録できるマクロ設計。クオータナリカメラは被写体の背景に自然なボケを作り出すための深度カメラ(デプスカメラ)です。

インカメラはデュアル(2眼)設計。プライマリカメラには2,000万画素のイメージセンサー、深度記録用のセカンダリカメラには200万画素のセンサーを備えます。

端末のロック解除などに使用できる生体認証機能として、右側面の電源キーに組み込まれたセンサーでの指紋認証をサポートします。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Redmi K30 5G Dual Sim – ETOREN

「Redmi K30 5G」の技術仕様

Xiaomi公式サイトの中国向け製品ページにて確認できる、Xiaomi Redmi K30 5Gのおもな仕様情報は次のとおり。

Xiaomi Redmi K30 5Gのスペック表
外寸と重量
高さ 165.3mm
横幅 76.6mm
厚さ 8.79mm
重さ 208g
システム
OS MIUI 11 based on Android
SoC Qualcomm Snapdragon 765G
Octa-Core(8コア)

  • 2.4GHz × 1
  • 2.2GHz × 1
  • 1.8GHz × 6
RAM 次のいずれか

  • 6GB
  • 8GB
ROM 次のいずれか

  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB
SDカード 非対応
バッテリー 4,500mAh
ディスプレイ
大きさ 6.67インチ
解像度 FHD+(2400×1080ドット)
種類 IPS LCD
カメラ
背面カメラ クアッドカメラ

  • プライマリ:6,400万画素
  • セカンダリ:800万画素
  • ターシャリ:500万画素
  • クオータナリ:200万画素
前面カメラ デュアルカメラ

  • プライマリ:2,000万画素
  • セカンダリ:200万画素
SIMカード
大きさ nanoSIM
スロット数 2
通信機能(モバイル)
5G FR1 n41
n78
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.1
その他
防塵防水 ナノコーティング技術による撥水加工付き
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応
★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Redmi K30 5G Dual Sim – ETOREN