Huawei Mate 30 Pro 5G Orange

モバイルガジェットの海外通販サイトETORENにて、Huawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「Mate 30 Pro 5G」が発売。税込価格135,300円~で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

ETORENで新発売となっているのはHuawei Mate 30 Pro 5G(型番:LIO-AN00)。

取り扱うのは中国仕向けのSIMフリー製品で、8GBのシステムメモリやDual SIMカードスロットを搭載します。

ETORENが取り扱うのは2種類の内蔵ストレージ容量(256GB/512GB)と6色(Black/Space Silver/Cosmic Purple/Emerald Green/Forest Green/Orange)をかけ合わせた計12商品です。

ROM256GB搭載品

2020年1月5日(日)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が135,300円。日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約137,300円です。

参考までに、中国向けに設定されたMate 30 Pro 5G(型番:LIO-AN00)の税込価格は、ROM256GB搭載品だとCNY6,899(約107,700円)。ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス30,000円ほどで入手できる計算です。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Huawei Mate 30 Pro 5G LIO-AN00 Dual Sim 256GB – ETOREN

ROM512GB搭載品

2020年1月5日(日)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が147,100円。日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約149,100円です。

参考までに、中国向けに設定されたMate 30 Pro 5G(型番:LIO-AN00)の税込価格は、ROM512GB搭載品だとCNY7,899(約123,300円)。ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス26,000円ほどで入手できる計算です。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Huawei Mate 30 Pro 5G LIO-AN00 Dual Sim 512GB – ETOREN

(Source:ETOREN

製品情報

「Mate 30 Pro 5G」の特徴

Mate 30 Pro 5G(メイト30プロ5ジー)は2019年9月にHuaweiが海外で発表していたスマートフォン。

2020年1月5日(日)現在、日本では未発表・未発売の製品です。

本体はIP68等級の防塵防水設計。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比20:9.8で6.53インチ・フルHD+解像度(2400×1176ドット)の有機ELディスプレイを搭載します。ディスプレイ上部には“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り欠き付きです。

さらにディスプレイには左右側面までまわりこむ湾曲設計「Horizon Display(ホライゾンディスプレイ)」も新採用。音量キーは側面から排除され、ボリューム調節操作はディスプレイ左右端へのダブルタップおよびスクロール操作でおこないます。

「狭額縁」「縦長画面」「ノッチ」などトレンド要素の取り込み、Horizon Displayの採用などにより、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

チップセットは自社製で5G通信に対応するKirin 990 5G 。内部には8コアのCPU、16コアのGPU、3コアのNPUなどを備えます。7nm(ナノミリ)プロセスで製造されるコンパクトな設計で処理速度や電力効率を高めています。

衛星測位システムとして搭載されるGPSは2つの周波数をサポート。位置測位においては“障害物”となってしまう建物が周囲に多い環境でも、2つの周波数で相互に補完し位置情報を測定。地図アプリのナビゲーション機能などがより高い精度で利用できます。

出荷時点で搭載するソフトウェアはAndroid 10(Android Q)ベースのEMUI10。前面搭載のジェスチャーセンサーを用いた操作機能に対応し、実際に触れずとも画面に向かって手を動かすことで遠隔操作が可能になりました。

内蔵するバッテリーの容量は4,500mAh。有線充電に加え、Qi(チー)規格準拠のワイヤレス充電も利用できます。独自の急速充電規格「SuperCharge(スーパーチャージ)」に対応し、(互換性のある充電機器を使えば)有線充電だと最大40W入力、無線充電では最大27W入力で高速充電が可能です。

「Reverse Wireless Charging(リバースワイヤレスチャージング)」もサポート。Mate 30 Pro 5Gを“ワイヤレス充電器代わり”として、ワイヤレス充電に対応する他機器へ電力を供給できます。

有線での充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

アウトカメラはLeica(ライカ)と協業で開発されたクアッド(四眼)設計。背面の円形デザイン「Halo Ring Design(ハロリングデザイン)」内に4つのカメラが並びます。

カメラ構成はプライマリカメラが4,000万画素のセンサーにf/1.6のレンズ、セカンダリカメラが4,000万画素のイメージセンサーにf/1.8のレンズ、ターシャリカメラは800万画素のセンサーにf/2.4のレンズという内容。クオータナリカメラは空間の奥行きを測定するTOFカメラ(Time of Flightカメラ。深度カメラ)です。

セカンダリカメラは超広角設計。ターシャリカメラは(プライマリカメラ比で)光学3倍ズームに相当する望遠設計で、5倍のハイブリッドズームや最大30倍のデジタルズームにも対応します。

アウトカメラでは最短撮影距離2.5cm(=被写体に2.5cmまで接近して)のマクロ撮影も楽しめます。

インカメラはシングル(単眼)設計で、3,200万画素のイメージセンサーにf/2.0のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使用できる生体認証機能として、画面に埋め込まれたセンサーによる指紋認証、前面カメラとセンサー類での顔認証をサポートします。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Huawei Mate 30 Pro 5G LIO-AN00 Dual Sim – ETOREN

「Mate 30 Pro 5G」の技術仕様

Huawei公式サイトの中国向け製品ページなどにて確認できる、Huawei Mate 30 Pro 5G(型番:LIO-AN00)のおもな仕様情報は次のとおり。

Huawei Mate 30 Pro 5G(LIO-AN00)のスペック表
外寸と重量
高さ 158.1mm
横幅 73.1mm
厚さ
  • ガラス版:8.8mm
  • 人工皮革版:9.5mm
重さ 198g
システム
OS EMUI10 based on Android 10
SoC Huawei Hisilicon Kirin 990 5G
Octa-Core(8コア)

  • 2.86GHz × 2
  • 2.36GHz × 2
  • 1.95GHz × 4
RAM 8GB
ROM 次のいずれか

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
SDカード 非対応
※独自規格「NM Card(Nano Memory Card)」に対応
バッテリー 4,500mAh
ディスプレイ
大きさ 6.53インチ
解像度 FHD+(2400×1176ドット)
種類 OLED
カメラ
背面カメラ クアッドカメラ

  • プライマリ:4,000万画素
  • セカンダリ:4,000万画素
  • ターシャリ:800万画素
  • クオータナリ:詳細情報なし
前面カメラ 3,200万画素
SIMカード
大きさ nanoSIM
物理スロット数 2
通信機能(モバイル)
5G FR1 n1
n3
n28
n41
n77
n78
n79
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 6
Band 7
Band 8
Band 9
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA2000 BC0
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.1
その他
防塵防水 IP68
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応
★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Huawei Mate 30 Pro 5G LIO-AN00 Dual Sim – ETOREN