Sony Xperia Z3 Tablet Compact ホワイト

中古スマホやタブレットの販売店・イオシスにて、Sony Mobile Communications(ソニーモバイルコミュニケーションズ。以下、Sony)「Xperia Z3 Tablet Compact」の未使用品が税込価格24,800円で特売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

イオシスにて割安価格で販売されているのはSony Xperia Z3 Tablet Compact(型番:SGP611JP/W)の未使用品。

取り扱うのは法人向けに販売されたWi-Fi専用の国内正規品。一般向けモデルをベースに、業務用設定をまとめて施す“キッティング”作業用アプリがプリインストールされています(※購入後にアンインストール可能)。

セール対象は内蔵ストレージ容量が16GB、本体カラーはホワイト(White)の製品です。

2019年12月27日(金)時点における価格設定は、販売価格が24,800円(消費税込み)。通販利用時には別途配送料(640円)がかかり、購入費用の総額は29,440円です。

なお未使用品として販売されていますが、動作確認のため、商品はパッケージ開封と通電(電源投入)が済んだ状態とのこと。また上記価格にはイオシスによる6ヶ月の商品保証が付帯します。

(Source:イオシス

製品情報

「Xperia Z3 Tablet Compact」の特徴

Xperia Z3 Tablet Compact(エクスペリアゼット3タブレットコンパクト)は2014年9月にSonyが海外で発表していたタブレット端末。

日本では2014年10月より、搭載する内蔵ストレージ容量が異なる2種類のWi-Fi専用モデルが発売中です。

本体はIP65/IP68等級の防塵防水設計。

前面には8.0インチ・WUXGA解像度(1920×1200ドット)の液晶ディスプレイを搭載します。製品発表時点で8インチクラスのタブレット製品における“世界最軽量”をうたった重量(約270g)、厚み(6.4mm)がデザイン面での特長です。

出荷時点で搭載するソフトウェアバージョンはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat。キットカット)。2019年12月現在で配信されているソフトウェアの最新バージョンはAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow。マシュマロ)です。

バッテリーの容量は4,500mAh。充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-B(Micro USB)です。外部入出力端子として3.5mmオーディオ端子も備えており、有線設計のヘッドホン/イヤホンジャックも変換アダプタを介さずに使えます。

「Xperia Z3 Tablet Compact」の技術仕様

Sony公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Sony Xperia Z3 Tablet Compact(型番:SGP611JP)の主な仕様情報は次のとおり。

Xperia Z3 Tablet Compact(SGP611)のスペック表
外寸と重量
高さ 213.4mm
横幅 123.6mm
厚さ 6.4mm
重さ 270g
システム
OS Android 4.4
※Android 6.0.1へのソフトウェア更新配信済み
SoC Qualcomm Snapdragon 801
Quad-Core(4コア)

  • 2.5GHz x 4
RAM 3GB
ROM 16GB
SDカード 対応(最大128GBまで)
バッテリー 4,500mAh
ディスプレイ
大きさ 8.0インチ
解像度 WUXGA(1920×1200ドット)
種類 TFT LCD
カメラ
背面カメラ 810万画素
前面カメラ 220万画素
SIMカード
大きさ
スロット数
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.0
その他
防塵防水 IP65/IP68
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応