ETOREN Samsung Galaxy Note10 商品ページ

既報のとおりモバイルガジェットの海外通販サイトETORENで2019年8月中旬に発売されていた、Samsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)「Galaxy Note10」のSnapdragon 855モバイルプラットフォーム搭載品。

発売から3週間が経ち、価格は12,100円値下がり。税込95,600円で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

ETORENで値下げ販売されているのはSamsung Galaxy Note10(型番:SM-N9700)。

香港や台湾に投入されているSIMフリー製品で、Snapdragon 855モバイルプラットフォームや8GBのシステムメモリ、256GBの内蔵ストレージ、Dual SIMカードスロットを搭載。注文できる本体カラーは3色(Aura Black/Aura White/Aura Glow)です。

2019年9月5日(木)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が95,600円。日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約97,600円です。

2019年8月の発売直後にETORENが設定していた税込価格は107,700円。発売から3週間で12,100円安くなりました

また参考までに、香港向けに設定されたGalaxy Note10(型番:SM-N9700)の価格は税なしでHKD6,998(約94,900円)。ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス3,000円前後で入手できるようになっています。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Samsung Galaxy Note 10 Dual Sim N9700 256GB (8GB RAM) – ETOREN

(Source:ETOREN

製品情報

「Galaxy Note10」の特徴

Galaxy Note10は2019年8月にSamsungが海外で発表していたスマートフォン。2019年9月5日(木)現在、日本では未発売の製品です。

外装にガラスと金属を用いた本体はIP68等級の防塵防水設計。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比19:9で6.3インチ・フルHD+解像度(2280×1080ドット)の有機ELディスプレイを搭載します。

「狭額縁」「縦長画面」などのトレンド要素、前面中央上部へパンチホール状にカメラを埋め込む穴あきデザイン「Infinity-O Display(インフィニティ・オー・ディスプレイ)」を組み合わせることで、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

搭載するバッテリーの容量は3,500mAh。最大25W入力での急速有線充電に対応し、互換性のある充電機器とセットで使えば充電時間を短縮できます。

急速有線充電についてはSamsung独自の急速充電技術「Super Fast Charging」に加え、Qualcommの急速充電規格「Quick Charge 2.0(QC2.0)」やUSB Power Delivery3.0(USB PD3.0)との互換性も備えます。

Qi(チー)規格準拠のワイヤレス充電機能も搭載。ワイヤレス充電においても互換性のある機器とセットにすることで最大12W入力での急速充電が利用できます。またワイヤレス充電に対応する他機器へ電力を供給する機能「Wireless PowerShare(ワイヤレス・パワーシェア)」も備えます。

有線での充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。なお今作では3.5mmオーディオ端子は廃止に。有線イヤホン/ヘッドホン利用時はアダプタを介してUSB Type-C端子から接続することになります。

音響機能ではSamsung傘下の音響機器メーカーHarman International Industries(ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ)のAKGブランドがサウンドチューニングを担当しています。

映像業界でよく知られる3D音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応。イヤホン/ヘッドホンでも、内蔵するデュアルステレオスピーカーでも、立体的で臨場感あるサラウンドサウンドが楽しめます。

アウトカメラはトリプル(三眼)設計。プライマリカメラが1,200万画素のイメージセンサーにf/1.5およびf/2.4で絞り値が可変するレンズ、セカンダリカメラが1,600万画素のセンサーにf/2.2のレンズ、ターシャリカメラは1,200万画素のセンサーにf/2.1のレンズという構成です。

プライマリカメラにはデュアルピクセル設計のセンサーを搭載。シーンに応じて絞り値を機械的に切り替える設計や光学式の手ぶれ補正も備え、明るいシーンでは輪郭をくっきり捉えたシャープな写真、暗いシーンならノイズを抑えた明るい写真が撮影できます。

セカンダリカメラはプライマリカメラに対して約1.6倍の画角(画角123度)をほこる超広角設計。ターシャリカメラはプライマリカメラ比で光学2倍ズームに相当する望遠設計(※光学式手ぶれ補正付き)です。

アウトカメラには被写体をAIで自動検出・識別し最適な撮影モードを提案してくれる「Scene Optimizer(シーンオプティマイザー)」、アクションカムのように衝撃や振動を軽減した広角動画が撮れる「Super Steady(スーパーステディ)」、複数のカメラで背景ボケをつくりだす「Live Focus(ライブフォーカス)」などの機能を搭載。Live FocusはGalaxy Noteシリーズとしてはじめて(Galaxyシリーズ全体ではGalaxy A80に次いで)動画撮影時にも使えるようになりました。

インカメラはシングル設計で、1,000万画素のイメージセンサーにf/2.2のレンズという組み合わせ。インカメラのセンサーもデュアルピクセル設計にすることで、ピント合わせの精度を高めています。

本体内に収納できる手がき入力デバイス「Sペン」は4,096段階の筆圧感知に対応します。

旧作(Galaxy Note9)で初搭載されたBluetoothモジュールに加え、ジャイロセンサーと加速度センサーを含む6軸センサーを追加で搭載。ジェスチャー操作機能「Air Actions(エアアクション)」を新たにサポートしたことで“リモコン”としての使い方の幅が広がりました。

端末のロック解除などに使用できる生体認証機能として、画面に埋め込まれたセンターを使う指紋認証、インカメラなどによる顔認証をサポートします。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Samsung Galaxy Note 10 Dual Sim N9700 256GB (8GB RAM) – ETOREN

「Galaxy Note10」の技術仕様

Samsung公式サイトの香港向け製品ページにて確認できる、Samsung Galaxy Note10(型番:SM-N9700)のおもな仕様情報は次のとおり。

Samsung Galaxy Note10(SM-N9700)のスペック表
サイズと重さ
高さ 151.0mm
横幅 71.8mm
厚さ 7.9mm
重さ 168g
システム
OS Android 9.0
SoC Qualcomm Snapdragon 855 Octa-Core

  • 2.8GHz × 1
  • 2.4GHz × 3
  • 1.7GHz × 4
RAM 8GB
ROM 256GB
SDカード 非対応
バッテリー 3,500mAh
ディスプレイ
サイズ 6.3インチ
解像度 FHD+(2280×1080ドット)
種類 Dynamic AMOLED
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ

  • プライマリ:1,200万画素
  • セカンダリ:1,600万画素
  • ターシャリ:1,200万画素
前面カメラ 1,000万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA BC0
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM Band 2
Band 3
Band 5
Band 8
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP68
★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Samsung Galaxy Note 10 Dual Sim N9700 256GB (8GB RAM) – ETOREN

補足情報

純正アクセサリーも発売中

既報のとおり、ETORENではGalaxy Note10向けのメーカー純正アクセサリーも販売しています。

端末とアクセサリーを一度の注文にまとめてしまえば“同梱発送”されるため、個別に注文する場合(=2荷物分)より送料を安く抑えることが可能。純正ケースなども購入予定がある場合には、あわせて注文することをオススメします。

ETORENが取り扱っているGalaxy Note10向けの純正アクセサリー情報(詳細)は、以下の関連記事にて。