Unihertz Atom

量販店のビックカメラにて、Unihertz「Atom」が発売。税込29,030円(+1%ポイント還元付き)で販売されています。

SPONSORED LINK


価格情報

ビックカメラで新発売となっているのはUnihertz Atom(型番:ATOM-01)。

日本仕向けでSIMフリー仕様の国内正規品で、4GBのシステムメモリや64GBの内蔵ストレージ、Dual SIMカードスロットを搭載します。

2019年8月3日(土)時点における価格設定は、販売価格が29,030円。また1%相当(290円分)のポイント還元付きであり、販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は28,740円です。

なおAtom(型番:ATOM-01)はヨドバシカメラなど他の量販店でも、ほぼ同内容にて注文・購入が可能になっています。

★各量販店(通販サイト)の商品ページはこちら

(Source:ビックカメラ

製品情報

「Atom」の特徴

Atomは2018年6月にUnihertz(ユニハーツ)が発表していたスマートフォン。クラウドファンディングサービスのKickstarter(キックスターター)を通じて発表および出資募集がおこなわれた“世界最小4Gタフネススマートフォン”をキャッチコピーとする製品です。

クラウドファンディング企画が終了したあと、日本ではこれまでAmazon.co.jpのマーケットプレイスを利用してUnihertzが直接販売をおこなってきていました。

本体はIP68等級の防塵防水設計に加えて、屋外でもストレスなく使える耐衝撃性能付き。フロントパネルはCorning Gorilla Glass(コーニングゴリラガラス)製で、ここに2.45インチ(432×240ドット)のディスプレイを搭載します。

本体サイズは高さ(縦)が100mmを切る小ささながら、基礎仕様としてオクタコアプロセッサや4GBのシステムメモリ、64GBの内蔵ストレージ、Dual SIMカードスロットを備えます。

搭載するバッテリーの容量は2,000mAh。充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。外部入出力端子としてほかに3.5mmイヤホン/ヘッドホン端子も備えます。

カメラは背面・前面ともにシングル設計。有効画素数はアウトカメラが1,600万画素、インカメラは800万画素です。

端末のロック解除などに使用できる生体認証機能として、ディスプレイ下に搭載したセンサーによる指紋認証をサポートします。

またデバイスの右側面には「PTT」と書かれた物理キーを搭載。任意のアプリや機能を割り当てて“ショートカットキー”として使用できます。

★各量販店(通販サイト)の商品ページはこちら

「Atom」の技術仕様

クラウドファンディングサービス「Kickstarter」の出資募集ページにて確認できる、Unihertz Atom(型番:ATOM-01)の主な仕様情報は次のとおり。

Unihertz Atom(ATOM-01)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 96mm
横幅 45mm
厚さ 18mm
重さ 108g
システム
OS Android 8.1
SoC 2GHz Octa-Core
RAM 4GB
ROM 64GB
SDカード 非対応
バッテリー 2,000mAh
ディスプレイ
サイズ 2.45インチ
解像度 432×240ドット
カメラ
背面カメラ 1,600万画素
前面カメラ 800万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
CDMA BC0
BC1
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM Band 2 (1900 MHz)
Band 3 (1800 MHz)
Band 5 (850 MHz)
Band 8 (900 MHz)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP68
★各量販店(通販サイト)の商品ページはこちら