Sandisk Extreme

既報のとおり、2019年4月末に米国向け通販サイトAmazon.comで発売されていた、SanDiskのmicroSDメモリカード「SanDisk Extreme」の容量1TBモデル。

発売から約1週間で欠品になっていた在庫が2ヶ月ぶりに復活。税別USD449.99(約48,400円)で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.comに在庫が再入荷しているのはSanDisk Extreme(型番:SDSQXA1-1T00)。

米国仕向けの正規品で、記録容量は1TB。パッケージにはmicroSDXCカード本体のほか、SDメモリカードサイズへの変換アダプタが付属します。

2019年6月25日(火)時点における価格設定は、税別価格がUSD449.99(約48,400円)。Amazon.comでの発売直後から金額に変更はありません。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられるデポジットを加味した購入費用の概算見積額は、請求通貨を日本円で指定すると54,846円。米ドルで指定するとUSD491.49(約53,800円)です。

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、たとえば今回の場合だと1,500円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

(Source:Amazon.com

製品情報

「SanDisk Extreme」の特徴

SanDisk Extremeシリーズは転送速度や耐久性能を特徴とするSanDisk(サンディスク)製のmicroSDメモリカード。

メーカーが公表する転送速度は読み出し速度が最大90MB/s、書き込み速度は最大70MB/s。

SDスピードクラスがCLASS 10(C10)、UHSスピードクラスは3(U3)。さらにアプリケーションパフォーマンスクラス2(A2)、ビデオスピードクラス30(V30)など、複数の基準で高品質なデータ読み書き速度を保証しています。

本体には耐水性能(IPX7等級)や温度耐性(動作温度:-25~85度/保存温度:-40~85度)、最大5mの落下に耐える耐衝撃性、空港などの荷物検査でも安心の耐X線設計、耐磁性も備えます。

なおSanDisk Extremeの容量1TBモデルは日本でも2019年8月に発売予定。日本ではオープン価格で販売されるものの、店頭予想価格は税別100,000円前後と案内されています。米Amazonを利用して個人輸入するとおおよそこの半額で入手できる計算です。

補足情報

米Amazonの利用方法

日本向けAmazon(Amazon.co.jp)で作成したアカウントは海外向けAmazonで使用不可。米Amazon利用にあたっては別途、海外向けサイトで使えるアカウントの作成が必要です。

新たに海外Amazonのアカウントを作成するのであれば、以下の関連記事も参考にどうぞ。