Sony Xperia L3

中古スマホやタブレットの販売店・イオシスにて、Sony Mobile Communications(ソニーモバイルコミュニケーションズ。以下、Sony)「Xperia L3」の未使用品が発売。税込29,800円で提供されています。

SPONSORED LINK

価格情報

イオシスで新たに在庫が入荷しているのはSony Xperia L3(型番:I4332)の未使用品。香港などに投入されているSIMフリー製品で、3GBのシステムメモリや32GBの内蔵ストレージ、Dual SIMカードスロットを搭載。本体カラーは3色(Black/Gold/Silver)から選べます。

2019年4月5日(金)時点における価格設定は、販売価格が29,800円(消費税込み)。通販での購入時には別途配送料(640円)がかかるため、購入費用の総額は30,440円です。

参考までに、香港向けに設定されたXperia L3(型番:I4332)の価格は税なしでHKD1,599(約22,800円)。

イオシスを利用して購入すれば、海外現地向け価格プラス8,000円ほどで入手できる計算です。

なお未使用品として販売されていますが、動作確認のため、商品はパッケージ開封と通電(電源投入)が済んだ状態とのこと。また上記価格にはイオシスによる6ヶ月の商品保証が付帯します。

(Source:イオシス

製品情報

「Xperia L3」の特徴

Xperia L3は2019年2月にSonyが海外で発表していたスマートフォン。2019年4月5日(金)現在、日本では未発売の製品です。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比18:9で5.7インチ・HD+解像度(1440×720ドット)のディスプレイを搭載。「狭額縁」「縦長画面」などトレンド要素を取り入れ、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

搭載するバッテリーの容量は3,300mAh。USB Power Delivery(USB PD)規格での急速充電に対応します。充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

アウトカメラはデュアル設計。プライマリカメラが1,300万画素のイメージセンサーにf/2.2のレンズ、セカンダリカメラは200万画素のセンサーにf/2.4のレンズという構成です。

セカンダリカメラで空間深度を記録することにより、被写体の背景を自然にぼかした写真が撮影できるとうたいます。またアウトカメラには複数のAF技術を組み合わせたハイブリッドオートフォーカス機能を備え、ピント合わせの精度も高められています。

インカメラはシングル設計で、800万画素イメージセンサーにf/2.0のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、右側面のセンサーを使った指紋認証をサポートします。

「Xperia L3」の技術仕様

Sony公式サイトのグローバル向け製品ページにて確認できる、Sony Xperia L3(型番:I4332)の主な仕様情報は次のとおり。

Sony Xperia L3(I4332)のスペック表
サイズと重さ
高さ 154mm
横幅 72mm
厚さ 8.9mm
重さ 156g
システム
OS Android 8.1
SoC MediaTek MT6762 Helio P22 Octa-Core
RAM 3GB
ROM 32GB
SDカード 対応(最大512GBまで)
バッテリー 3,300mAh
ディスプレイ
サイズ 5.7インチ
解像度 HD+(1440×720ドット)
カメラ
背面カメラ デュアルカメラ

  • プライマリ:1,300万画素
  • セカンダリ:200万画素
前面カメラ 800万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM Band 2 (1900 MHz)
Band 3 (1800 MHz)
Band 5 (850 MHz)
Band 8 (900 MHz)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水