ETOREN Xiaomi Mi Play 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトETORENにて、Xiaomi(小米科技/シャオミ)「Mi Play」が発売されました。

SPONSORED LINK

価格情報

ETORENで新発売となっているのはXiaomi Mi Play。4GBのシステムメモリや64GBの内蔵ストレージを搭載するSIMフリー製品で、注文できる本体カラーは2色(Black/Blue)。

2019年4月2日(火)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む本体価格が17,500円。日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約19,500円です。

参考までに、中国向けに設定されたMi Playの価格はRAM4GB/ROM64GB搭載品だとCNY1,099(約18,300円)。

ETORENを利用して個人輸入すれば、海外現地向け価格プラス1,000円ほどでMi Playが入手できる計算です。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Mi Play Dual Sim 64GB (4GB RAM) – ETOREN

(Source:ETOREN

製品情報

「Mi Play」の特徴

Mi Playは2018年12月にXiaomiが海外で発表していたスマートフォン。2019年4月2日(火)現在、日本では未発表・未発売の製品です。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比19:9で5.84インチ・フルHD+解像度(2280×1080ドット)の液晶ディスプレイを搭載。ディスプレイ上部には“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り欠き付きです。

「狭額縁」「縦長画面」「ノッチ」などのトレンド要素、水滴型に小さく設けられたノッチなどにより、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

SoCはMediaTeKのHelio P35(オクタコア)。Xiaomiの独自技術「Dual Turbo Smart Acceleration」にも対応し、ゲームなどを楽しむ際にはCPUおよびGPUの処理能力をより引き出すとうたいます。

搭載するバッテリーの容量は3,000mAh。充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-B(Micro USB)です。

デュアル設計の背面カメラはプライマリカメラは1,200万画素、空間の深度測定に使用されるセカンダリカメラは200万画素という設計。前面カメラはシングル設計で、有効画素数は800万画素です。

前後のカメラにはAI技術を搭載し、自然な背景ぼかし、美顔エフェクトが利用できます。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、背面搭載のセンサーを使った指紋認証をサポートします。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Mi Play Dual Sim 64GB (4GB RAM) – ETOREN

「Mi Play」の技術仕様

Xiaomi公式サイトの中国向け製品ページにて確認できる、Xiaomi Mi Play(中国版)の主な仕様情報は次のとおり。

Xiaomi Mi Play(中国版)のスペック表
サイズと重さ
高さ 147.76mm
横幅 71.89mm
厚さ 7.8mm
重さ 150g
システム
OS Android / MIUI
SoC MediaTek Helio P35 Octa-Core
RAM 4GB
ROM 64GB
SDカード 対応
バッテリー 3,000mAh
ディスプレイ
サイズ 5.84インチ
解像度 FHD+(2280×1080ドット)
種類 IPS LCD
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • プライマリ:1,200万画素
  • セカンダリ:200万画素
前面 800万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA BC0
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM Band 2 (1900 MHz)
Band 3 (1800 MHz)
Band 5 (850 MHz)
Band 8 (900 MHz)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水
★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Xiaomi Mi Play Dual Sim 64GB (4GB RAM) – ETOREN