Sony Xperia 10

米国向け通販サイトAmazon.comにて、Sony Mobile Communications(ソニーモバイルコミュニケーションズ。以下、Sony)「Xperia 10」が発売されました。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.comで新発売となっているのはSony Xperia 10(型番:I3123)。米国仕向けのSIMフリー製品で、3GBのシステムメモリや64GBの内蔵ストレージ、Single SIMカードスロットを搭載。注文できる本体カラーは2色(Black/Silver)です。

2019年3月18日(月)時点における価格設定は、本体価格がUSD349.99(約39,200円)購入予約の受付開始直後から金額に変更はありません。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられるデポジットを加味した購入費用の概算見積額は、請求通貨を日本円で指定すると44,573円。米ドルで指定するとUSD384.86(約43,800円)です。

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、たとえば今回の場合だと1,300円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

(Source:Amazon.com

製品情報

「Xperia 10」の特徴

Xperia 10は2019年2月にSonyが海外で発表したスマートフォン。2019年3月18日(月)現在、日本では未発売の製品です。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比21:9で6.0インチ・フルHD+解像度(2520×1080ドット)のディスプレイを搭載。「狭額縁」「縦長画面」などトレンド要素を取り入れることで、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

また従来よりさらに縦長の比率を採用することで、分割表示で2つのアプリを使うマルチタスクが使いやすくなる、横持ち(ランドスケープモード)で映画を観る場合にはコンテンツを画面全体に表示できる、といった特長も備えます。

縦長画面をストレスなく操作できるよう、画面の左右端をダブルタップすることで触れた位置にアプリランチャーが表示できるUI「サイドセンス」も搭載。ランチャーに表示されるアプリや設定項目はユーザーのスマホ使用状況をもとにAIが自動で予測・選出します。

搭載するバッテリーの容量は2,870mAh。充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

アウトカメラはデュアル設計。プライマリカメラが1,300万画素のイメージセンサーにf/2.0のレンズ、空間の深度記録に使用されるセカンダリカメラは500万画素のセンサーにf/2.4のレンズという構成です。

背面カメラは最大ISO12800での高感度撮影に対応。複数のAF技術を組み合わせたハイブリッドオートフォーカスも搭載し、ピント合わせの精度も高めています。

インカメラはシングル設計で、800万画素のイメージセンサーにf/2.0のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、右側面にあるセンサーを使った指紋認証をサポートします。

「Xperia 10」の技術仕様

Sony公式サイトの製品ページ(グローバル向け米国向け)にて確認できる、Sony Xperia 10(型番:I3123)の主な仕様情報は次のとおり。

Sony Xperia 10(I3123)のスペック表
サイズと重さ
高さ 156mm
横幅 68mm
厚さ 8.4mm
重さ 162g
システム
OS Android 9.0
SoC Qualcomm Snapdragon 630 Octa-Core
RAM 3GB
ROM 64GB
SDカード 対応(最大512GBまで)
バッテリー 2,870mAh
ディスプレイ
サイズ 6.0インチ
解像度 FHD+(2520×1080ドット)
カメラ
背面カメラ デュアルカメラ

  • プライマリ:1,300万画素
  • セカンダリ:500万画素
前面カメラ 800万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 25
Band 28
Band 29
Band 66
TD-LTE
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM Band 2 (1900 MHz)
Band 3 (1800 MHz)
Band 5 (850 MHz)
Band 8 (900 MHz)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水

補足:ETORENはRAM4GB版を販売

既報のとおり、通販サイトのETOREN(イートレン)でもすでにXperia 10が発売中。

ETORENが取り扱う「型番:I4193」のモデルはアジアエリアに投入されている“上位仕様品”で、4GBのシステムメモリやDual SIMカードスロットを搭載。

加えて2019年3月18日(月)現在の価格設定は、輸入消費税分を含む本体価格が38,500円。日本への配送料を加味した購入にかかる総費用が約40,500円。入手費用も米Amazon利用時よりおおよそ2,000円安くおさまる計算です。

安い費用で上位仕様の製品が入手できることを考えれば、購入先としてよりオススメなのはETORENです。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
Sony Xperia 10 I4193 Dual Sim 64GB – ETOREN