HTC U11

中古スマホやタブレットの販売店・イオシスにて、HTC(エイチ・ティー・シー/宏達国際電子)「U11」が税込39,800円の特価で販売されています。

SPONSORED LINK


価格情報

イオシスで特売がおこなわれているのはHTC U11。現在庫は4GBのシステムメモリや64GBの内蔵ストレージを搭載する欧州仕向けのSingle SIMモデルです。本体カラーは2色(Brilliant Black/Sapphire Blue)から選択可能。

ちなみにイオシスの商品ページでは黒色(=Brilliant Black)が「Negro」、青色(=Sapphire Blue)は「Azul」といずれもスペイン語で表記されており、詳細にはスペイン仕向けの製品と予想されます。

2019年2月8日(金)時点における価格設定は、販売価格が39,800円(消費税込み)。通販での購入時には別途配送料(640円)がかかるため、購入費用の総額は40,440円です。

参考までに同日現在、HTCのスペイン向け製品ページにて確認できるU11の欧州向け価格はRAM4GB/ROM64GB搭載品だとEUR449.00(約56,200円)。

イオシスを利用して購入すれば、海外現地向け価格と比べておおよそ16,000円安く、HTC U11が入手できる計算です。

なお未使用品として販売されていますが、動作確認のため、商品はパッケージ開封と通電(電源投入)が済んだ状態とのこと。また上記価格にはイオシスによる6ヶ月の商品保証が付帯します。

(Source:イオシス

製品情報

「U11」の特徴

U11は2017年5月にHTCが海外で発表していたスマートフォン。

日本でもau「HTC U11 HTV33」やSoftBank(ソフトバンク)「HTC U11 601HT」などのキャリアモデル、また2018年3月には公式オンラインストア「HTC e-shop」でSIMロックフリーモデルも発売。さらに同年8月にはSIMフリーモデルの販路がAmazon.co.jpなどにも拡大されていました。

本体はIP67等級の防塵防水設計。外観デザインの特徴として、背面パネルは見る角度により独特の色味を見せる「Liquid Surface(リキッド・サーフェイス)」を採用しています。

前面には5.5インチ・2K解像度の液晶ディスプレイを搭載。画面下には端末のロック解除などに使える指紋認証用のセンサーも配置されています。

背面にはHTC UltraPixelカメラの第三世代モデルを搭載。画素ピッチ1.4μmで1,200万画素のイメージセンサーとf/1.7のレンズという構成で、イメージセンサーはデュアルピクセル設計を採用。全画素での像面位相差AFに対応し、フォーカス精度を高めています。

特徴機能として左右側面に内蔵された感圧センサーで“握って操作”を実現した「Edge Sense(エッジ・センス)」、イヤホン使用時に内耳の特徴を把握し音質を調整する「USonic」、周囲のノイズを自動で検知し打ち消す「アクティブノイズキャンセル」なども備えます。

「U11」の技術仕様

HTC公式サイトのスペイン向け製品ページより確認できる、HTC U11(欧州版)の主な仕様情報は次のとおり。

HTC U11(欧州版)のスペック表
サイズと重さ
高さ 153.9mm
横幅 75.9mm
厚さ 7.9mm
重さ 169g
システム
OS Android 7.1 with HTC Sense
SoC Qualcomm Snapdragon 835 Octa-Core
RAM 次のいずれか

  • 4GB
  • 6GB
ROM 次のいずれか

  • 64GB
  • 128GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
バッテリー 3,000mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5インチ
解像度 WQHD(2560×1440ドット)
種類 Super LCD 5
カメラ
背面 1,200万画素
前面 1,600万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
スロット数 1 または 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 20
Band 28
Band 32
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
UMTS Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP67