EXPANSYS Huawei Mate 10 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、Huawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「Mate 10」がクリアランス(在庫処分)対象に。

現在庫にかぎり本体価格53,956円の特価で販売中。さらに在庫が売り切れるまで、毎週水曜日に10%ずつ、追加の値下げもおこなわれていきます。

SPONSORED LINK

EXPANSYSにて“在庫処分対象”とした特売が始まっているのはHuawei Mate 10(型番:ALP-L29)。グローバル仕様のDual SIMモデルで、4GBのシステムメモリや64GBの内蔵ストレージを搭載。クリアランス対象の本体カラーはモカブラウン(色名:Mocha Brown)です。

2018年11月14日(水)時点における価格設定は、本体価格が53,956円

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約57,900円です。

Mate 10は2017年10月にHuaweiが発表したスマートフォン。

ベゼルレスデザインの前面には5.9インチ・2K解像度の液晶ディスプレイを搭載。日本で発売中の上位モデル「Mate 10 Pro」とは異なり、端末のロック解除などに使える指紋認証センサーはディスプレイ下に配置されています。

チップセットはHuawei自社製のKirin 970。AI(人工知能)処理専用のプロセスユニットを備えることで、解析処理を端末単体で実行可能に。オフライン状態でも解析がおこなえるほか、処理時間が短縮できるメリットも有します。

背面カメラはライカと協業で開発されたデュアル設計品。それぞれ2,000万画素のモノクロームイメージセンサーと1,200万画素のRGBカラーイメージセンサーにf/1.6のレンズという組み合わせ。2つのカメラで記録した情報を合成することにより「色彩」「コントラスト」「ディテール(輪郭)」をバランスよくまとめます。

またカメラ利用時にもAI処理専用のプロセスユニットは力を発揮。撮影シーンや被写体の状態を自動で認識し、色味やコントラスト、明るさ、露出などの撮影設定を自動で最適化してくれます。

そのほかHuawei公式サイトのグローバル向け製品ページにて確認できる、Huawei Mate 10(型番:ALP-L29)の主な仕様情報は次のとおり。

Huawei Mate 10(ALP-L29)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 150.5mm
横幅 77.8mm
厚さ 8.2mm
重さ 186g
システム
OS Android 8.0 / EMUI 8.0
SoC HUAWEI Kirin 970 Octa-Core

  • 2.36GHz x 4
  • 1.8GHz x 4
RAM 4GB
ROM 64GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 4,000mAh
ディスプレイ
サイズ 5.9インチ
解像度 WQHD(2560 x 1440)
種類 LCD
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • プライマリ:1,200万画素(RGBカラー)
  • セカンダリ:2,000万画素(モノクローム)
前面 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 6
Band 7
Band 8
Band 9
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

2018年11月14日(水)の15時現在、EXPANSYSの商品ページ上で確認できる在庫数量は「1個」。EXPANSYSのクリアランスセールは原則、在庫限りで割引販売する“早いもの勝ち”のプロモーションであり、気になる場合には早めの注文がオススメです。

またクリアランス対象品は、在庫が残っている限り、毎週水曜日に10%の追加値下げが継続的に実施されていきます。今回の場合だと1週間後の11月21日(水)には本体価格が48,561円、2週間後の11月28日(水)には43,705円に……と下がっていく計算。

「本体価格が40,000円台前半まで下がれば購入を検討したい」など要望がある場合には、定期的に商品ページを確認してみると、希望に近い価格で購入できる可能性があります。

参考までに2018年11月14日(水)現在、香港向けに設定されているMate 10(型番:ALP-L29)の価格は税なしでHKD4,280(約62,500円)。EXPANSYSを利用して個人輸入すれば、すでに海外現地向け価格と比べても約5,000円安く入手できる計算です。

Source:EXPANSYS