EXPANSYS 24時間セール 特設ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)が非定期に開催する日替わりの特売プロモーション「24時間セール」。

2018年10月21日(日)はSony Mobile Communications(ソニーモバイルコミュニケーションズ。以下、Sony)「Xperia XZ1」が割引対象に。

通常価格から3,715円オフとなる、本体価格38,825円の特価で提供されています。

SPONSORED LINK

EXPANSYSの日替わりセールで割引販売されているのはSony Xperia XZ1(型番:G8342)。香港などに投入されているDual SIMモデルで、4GBのシステムメモリや64GBの内蔵ストレージを搭載。セール対象の本体カラーはワームシルバー(Warm Silver)です。

2018年10月21日(日)時点における価格設定は、本体価格が38,825円。セール開始前の本体価格は42,540円であり、セールによって3,715円割引されています。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約42,200円です。

Xperia XZ1は2017年8月にSonyが発表したスマートフォン。日本国内向けにもNTTドコモ「Xperia XZ1 SO-01K」、SoftBank「Xperia XZ1 701SO」、au(KDDI)「Xperia XZ1 SOV36」として3キャリアから発売中です。

外装素材に金属を使用する本体はIP65/IP68等級の防塵防水設計。モノコック構造を採用することで強度剛性を高め、従来製品と比べて内部のスペースを広く確保。この効果によりボディは7.4mmという薄さを実現しています。

前面にはHDR表示に対応する5.2インチ・フルHD解像度の液晶ディスプレイを搭載。白飛びや黒つぶれを抑え、色調豊かな映像描写を実現しています。

背面にはMotion Eyeカメラシステムを採用。1秒間を最大960コマで録画できる「スーパースローモーション撮影」、写真撮影前から映像を一時保存しシャッターチャンスを逃さない「先読み撮影」、被写体を3Dスキャンしてスタンプなどに加工し遊べる「3Dクリエーター」に対応します。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、右側面の電源ボタンに内蔵されたセンサーを用いての指紋認証もサポートします。

そのほかSonyが香港向けに案内したプレスリリースにて確認できる、Sony Xperia XZ1(型番:G8342)の主な仕様情報は次のとおり。

Sony Xperia XZ1(G8342)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 148mm
横幅 73mm
厚さ 7.4mm
重さ 156g
システム
OS Android 8.0
SoC Qualcomm Snapdragon 835 Octa-Core
RAM 4GB
ROM 64GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 2,700mAh
ディスプレイ
サイズ 5.2インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
カメラ
背面 1,900万画素
前面 1,300万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
Band 29
Band 32
Band 66
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP65/IP68

2018年10月現在、XperiaブランドのフラグシップモデルとしてはXperia XZ1から見て2世代あとの後継機「Xperia XZ3」が発表済み。EXPANSYSでも既に販売が始まっています

ただしXperiaフラグシップモデルの直近でのリリース周期は半年と短く、Xperia XZ1も海外で発売されてからおおよそ1年が経過したところ。現行でも文句なく“ハイエンド”に分類できる仕様内容を備えています。

またXperia XZ1に対しては、2018年10月26日(金)からAndroid 9(開発コード名:Pie)へのOSバージョンアップデート配信も予定。性能・機能ともにしっかりしたスマホを手頃な価格で購入したい場合には、今回のセール利用による個人輸入も検討してみるとよいかもしれません。

Source:EXPANSYS