EXPANSYS 24時間セール 特設ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)が非定期に開催する日替わりの特売プロモーション「24時間セール」。

2018年10月14日(日)はSamsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)「Galaxy S8+」が割引対象に。

通常価格から2,901円オフとなる、本体価格52,469円の特価で提供されています。

SPONSORED LINK

EXPANSYSの日替わりセールで割引販売されているのはSamsung Galaxy S8+(型番:SM-G955FD)。台湾やシンガポールをはじめ世界の広域に投入されたDual SIMモデルで、Exynos 8895プロセッサや4GBのシステムメモリを搭載。セール対象の本体カラーはオーキッドグレー(Orchid Gray)です。

2018年10月14日(日)時点における価格設定は、本体価格が52,469円。セール開始前の本体価格は55,370円であり、セールによって2,901円割引されています。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約56,400円です。

Galaxy S8+は2017年3月にSamsungが発表したスマートフォン。日本国内でもNTTドコモ「Galaxy S8+ SC-03J」やau(KDDI)「Galaxy S8+ SCV35」として、Snapdragon 835モバイルプラットフォームを搭載するモデルが発売されています。

外装に金属とガラスを使った本体はIP68等級の防塵防水設計。Qi(チー)規格によるワイヤレス充電にも対応します。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比18.5:9で6.2インチ・WQHD+解像度の有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイ左右端を湾曲させたデュアルエッジスクリーンも組み合わせた独自デザイン「Infinity Display(インフィニティ・ディスプレイ)」を初採用しました。

「狭額縁」「縦長画面」といった現行のトレンド要素のいち早い導入、また独自設計との“かけ算”により、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

カメラは背面・前面ともシングル設計。

背面カメラは1,200万画素で画素ピッチ1.4μmのイメージセンサーにf/1.7のレンズという構成。イメージセンサーはデュアルピクセル設計でフォーカス精度を高めています。またサイズを大きく確保した画素と明るいレンズで、暗所での撮影時もノイズを抑えた明瞭な写真が撮影できます。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、背面搭載のセンサーを用いた指紋認証、前面搭載の虹彩カメラを用いた虹彩認証、前面カメラを用いた顔認証をサポート。指紋認証と他2つの生体認証は組み合わせて設定(有効化)でき、いずれかが使えない場合も素早いロック解除が可能です。

そのほかSamsung公式サイトの台湾向け製品ページにて確認できる、Samsung Galaxy S8+(型番:SM-G955FD)の主な仕様情報は次のとおり。

Samsung Galaxy S8+(SM-G955FD)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 159.5mm
横幅 73.4mm
厚さ 8.1mm
重さ 173g
システム
OS Android 7.0
※Android 8.0へのソフトウェア更新あり
SoC Samsung Exynos 8895 Octa-core

  • 2.3GHz x 4
  • 1.7GHz x 4
RAM 4GB
ROM 64GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 3,500mAh
ディスプレイ
サイズ 6.2インチ
解像度 WQHD+(2960 x 1440)
種類 Super AMOLED
カメラ
背面 1,200万画素
前面 800万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
Band 32
Band 66
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP68

“一世代前の製品”とはいえ、発表時にフラグシップモデルとして登場したGalaxy S8+。今のタイミングで新機種購入を検討するにあたり、優先事項が「新しさ」より「コストパフォーマンス」の場合には、同価格帯にある現行最新のミドルレンジモデルでなくGalaxy S8+を選ぶことも選択として十分アリだと思います。

参考までに台湾での製品発表当初、Galaxy S8+(型番:SM-G955FD)に設定されていた価格はTWD27,900(約101,600円)。その後に価格が値下げされ、2018年10月現在はTWD25,900(約94,300円)で販売されています。

今回のセールを利用して個人輸入すれば、海外現地向け価格と比べてもおおよそ38,000円安く入手できる計算です。

Source:EXPANSYS