Huawei Watch Classic

米国向け通販サイトAmazon.comにて、Huawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「Huawei Wacth 2 Classic」の本体価格がUDS224.99(約25,100円)に。

Amazon.comでの過去最安値にせまる特価で提供されています。

SPONSORED LINK

Amazon.comにて割引価格で販売されているのはHuawei Watch 2 Classic(型番:LEO-B19)。ステンレスとプラスチックからなる灰色のボディに、異素材を組み合わせたハイブリッドストラップを装着するモデルです。ストラップカラーはブラック系(Black Hybrid Strap)およびブラウン系(Brown Hybrid Strap)の2色が選べます。

2018年7月30日(月)時点における価格設定は、本体価格がUSD224.99(約25,100円)。参考までに、昨日確認していた本体価格はUSD272.99(約30,400円)であり、一気にUSD48.00(約5,300円)割引されています。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられるデポジットを加味した購入費用の概算見積額は、請求通貨を日本円で指定すると28,864円。米ドルで指定するとUSD250.21(約28,300円)です。

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、たとえば今回の場合だと800円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

Huawei Watch 2 Classicは2017年2月にHuaweiが発表したスマートウォッチ。

本体(ケース部)素材にはステンレスとプラスチックを使用。情報表示と操作に使用する画面は1.2インチで円形の有機ELディスプレイで、この周囲には耐久性・軽量性・通信電波の透過性に考慮したセラミック製のベゼルを配しています。

搭載するOSはWear OS by Google(旧Android Wear)。バッテリー保ちは公表値で2日以上とされており、Android Wearとしては長め。機能を時刻表示と歩数カウントだけに制限する「ウォッチモード」を使えば、さらなる長時間の連続使用も可能とします。

本体背面に搭載する心拍センサーで心拍数を測定・記録できるほか、衛星測位システムとしてGPSおよびGLONASSも搭載。リアルタイムでの現在地確認、直近のアクティビティでの移動ルート確認といった機能もサポートします。

そのほか、Huawei公式サイトの米国向け製品ページにて確認できる、Huawei Watch 2 Classic(型番:LEO-B19)の主な仕様情報はつぎのとおり。

Huawei Watch 2 Classic(LEO-B19)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 48.9 mm
横幅 45.0 mm
厚さ 12.6 mm
重さ 47 g(ストラップを除いた重量)
システム
OS Wear OS by Google
(旧Android Wear)
SoC Qualcomm Snapdragon Wear 2100 Quad-Core

  • 1.1GHz x 4
RAM 768 MB
ROM 4 GB
バッテリー 420 mAh
ディスプレイ
サイズ 1.2 インチ
解像度 390 x 390
種類 AMOLED
通信方式
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.1
NFC 対応
衛生測位
システム
  • GPS
  • Glonass
その他
センサー類
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • コンパス
  • 心拍センサー
  • 気圧センサー
  • 静電式タッチセンサー
  • 周囲光センサー
防塵防水 IP68

個人で観測しているかぎり、Huawei Watch 2 Classic(型番:LEO-B19)に対してこれまでAmazon.comが設定してきた過去最安値は、2018年7月開催のPrime Day(プライムデー)によるUSD212.48(約23,700円)。

現在のセール内容はここに差額USD12.51(約1,400円)と迫る安さになっています。

Source:Amazon.com