ETOREN Xiaomi Mi A2 Lite 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトETOREN(イートレン)にて、Xiaomi(小米科技/シャオミ)「Mi A2 Lite」が発売されました。

SPONSORED LINK

ETORENで新発売となっているのはXiaomi Mi A2 Lite。4GBのシステムメモリや64GBの内蔵ストレージを搭載するDual SIMモデルで、注文できる本体カラーはブラック(Black)1色のみです。

2018年7月28日(土)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む本体価格がUSD222.00(約24,700円)

日本国内住所宛てへの配送料、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積額は約27,200円です。

★ETORENの商品ページはこちら
Xiaomi Mi A2 Lite Dual Sim – ETOREN

Mi A2 Liteは2018年7月にXiaomiが発表したスマートフォン。

筐体は金属製。ベゼルレスデザインを採用する前面には、アスペクト比19:9で5.84インチ・フルHD+解像度のディスプレイを搭載。ディスプレイ上部には“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り込み付きです。

「狭額縁」「縦長画面」「ノッチ」などトレンド要素を取り入れ、大画面と持ちやすい本体サイズを両立しています。

出荷時点で搭載するソフトウェアはXiaomi独自のユーザーインターフェース「MIUI」非採用のAndroid OS。GoogleのAndroid Oneプログラムを適用した製品でもあり、2年間のOSアップデート保証、毎月のセキュリティアップデートも提供されます。

背面カメラはデュアル設計。プライマリカメラは1,200万画素のイメージセンサーにf/2.2のレンズと言う組み合わせ。500万画素のセカンダリーカメラは深度情報の記録に用いられます。

前面カメラはシングル設計で、500万画素のイメージセンサーとf/2.0のレンズという組み合わせです。

カメラは背面・前面いずれもAI技術を搭載。背景をぼかして被写体の存在を引き立てるポートレートモードや美顔エフェクトなどで効果を発揮します。

2枚のSIMカードを挿して2つの電話番号で同時に音声着信を待ち受ける4G+3Gの同時待ち受け(Dual SIM Dual Standby。DSDS)にも対応。カードスロットも「SIMカード用を2つ」「SDメモリカード用を2つ」の計3つを装備します。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、背面搭載のセンサーを用いた指紋認証をサポートします。

そのほかXiaomi公式サイトのグローバル向け製品ページにて確認できる、Xiaomi Mi A2 Liteの主な仕様情報は次のとおり。

Xiaomi Mi A2 Liteの主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 149.33 mm
横幅 71.68 mm
厚さ 8.75 mm
重さ 178 g
システム
OS Android 8.1
SoC Qualcomm Snapdragon 625 Octa-Core
RAM 次のいずれか

  • 3 GB
  • 4 GB
ROM 次のいずれか

  • 32 GB
  • 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 4,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.84 インチ
解像度 FHD+(2280 × 1080)
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • プライマリ:1,200 万画素
  • セカンダリ:500 万画素
前面 500 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 20
TD-LTE Band 38
Band 40
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM Band 2 (1900 MHz)
Band 3 (1800 MHz)
Band 5 (850 MHz)
Band 8 (900 MHz)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

参考までに、欧州向けに設定されたMi A2 Lite(RAM4GB/ROM64GB搭載)の価格はEUR229.00(約29,700円)。ETORENを利用して個人輸入すれば、海外現地向け価格よりおおよそ2,500円安い費用で入手できる計算です。

★ETORENの商品ページはこちら
Xiaomi Mi A2 Lite Dual Sim – ETOREN

Source:ETOREN