EXPANSYS Motorola Moto X4 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、Motorola Mobility(モトローラ・モビリティ。以下、Motorola)「Moto X4」が発売されました。

SPONSORED LINK

EXPANSYSで新発売となっているのはMotorola Moto X4(型番:XT1900)。取扱うのは4GBのシステムメモリ、64GBの内蔵ストレージを備えるDual SIMモデル。注文できる本体カラーは1色(Super Black)のみです。

2018年5月28日(月)時点における価格設定は、本体価格が43,410円

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約46,900円です。

Moto X4は2017年9月にMotorolaが発表したスマートフォン。同社「Moto X」ファミリーの最新機種で、日本向けにも仕様にローカライズが施された国内正規品が2017年10月に投入済み。Amazon.co.jpなどで販売されています。

IP68等級の防塵防水設計を有する本体は、外装素材にガラスと金属を使用。前面には5.2インチ・フルHD解像度の液晶ディスプレイを搭載します。

背面カメラはデュアル設計。プライマリーカメラがデュアルピクセル設計で1,200万画素のイメージセンサーとf/2.0のレンズ、セカンダリーカメラは800万画素のイメージセンサーとf/2.2で画角120度の超広角レンズという組み合わせです。

2つのカメラで「フレームに収まる範囲の異なる写真」が撮影できるほか、被写体前後のボケ味を調整する、背景だけをモノクローム(白黒)にする、背景に別画像を合成する、といった楽しみ方も用意されています。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、前面ディスプレイ下に配置されたセンサーを使っての指紋認証もサポート。Motorola独自のジェスチャー操作機能「Moto Actions」や通知表示機能「Moto Display」などにも対応します。

そのほかEXPANSYSの商品ページにて確認できる、Motorola Moto X4(型番:XT1900)の主な仕様情報は次のとおり。

Motorola Moto X4(XT1900)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 148.4 mm
横幅 73.4 mm
厚さ 7.99 mm
重さ 163 g
システム
OS Android 7.1.1
※Android 8.0へのソフトウェアアップデート配信済み
SoC Qualcomm Snapdragon 630 Octa-Core
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.2 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 IPS LCD
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • プライマリー:1,200 万画素
  • セカンダリー:800 万画素(画角120度)
前面 1,600 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 18
Band 19
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP68

2018年5月28日(月)現在におけるMoto X4(日本向け正規品)の国内実勢価格は税込みで57,000円前後。EXPANSYS取扱品に「日本向け技適マークが付いているか」など不明点はあるものの、基礎仕様の内容は大きく変わりません。

単純に金額で比べれば、EXPANSYS経由で個人輸入することによりおおよそ10,000円安く入手できる計算。「価格次第ではMoto X4の入手も考えたい」といった場合には、EXPANSYSも含めて購入先を検討してみるのはよいかもしれません。

Source:EXPANSYS