Essential Phone

米国向け通販サイトAmazon.comにて、Essential Products(以下、Esseential)「Essential Phone」が割引価格で販売中。

前日時点からUSD40.00(約4,400円)オフとなる、本体価格USD449.00(約49,100円)の特価で提供されています。

SPONSORED LINK

Amazon.comで特売がおこなわれているのはEssential Phone(型番:PH-1)。セール対象の本体カラーはブラック(色名:Black Moon)1色です。

2018年5月6日(日)時点における価格設定は、本体価格がUSD449.00(約49,100円)。前日時点での本体価格はUSD489.00(約53,500円)であり、USD40.00割引された金額で販売されています。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられるデポジットを加味した購入費用の概算見積額は、クレジットカードへの請求通貨を日本円で指定すると55,888円。米ドルで指定するとUSD493.21(約54,800円)です。

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、たとえば今回の場合だと1,500円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

Essential Phoneは2017年5月にEssentialが発表したハイエンドスマートフォン。

外装素材には硬さ・強さ・弾力に優れるチタンとセラミックを使用。IP54等級の防塵防滴性能を有します。

前面は“ほぼすべて画面”の狭額縁設計。標準サイズ以上である5.71インチ・2K解像度の液晶ディスプレイを搭載しますが、ベゼルを省くことで持ちやすいコンパクトな本体サイズを実現しています。

ソフトウェアにはAndroid OSを採用しており、2018年5月時点では既にAndroid 8.1.0(開発コード名:Oreo)へのアップデートも配信済み。最新の状態では(VoLTEを除く)音声通話とモバイルデータ通信に対しての日本向けの技適マークも表示されるようになっています。

また(技適の有無は別として)技術的にはauのVoLTE(ボルテ)も利用できるマルチキャリア性も備えています。個人でもBIGLOBEモバイルのタイプA(au系プラン)にて、音声通話が発着信できることを確認済みです。

背面カメラはデュアルレンズ設計で、それぞれ1,300万画素のRGBカラーイメージセンサーとf/1.85のレンズ、1,300万画素のモノクロームイメージセンサーとf/1.85のレンズという構成。各カメラで撮影した写真を合成することにより、色彩・コントラスト・ディテールをバランスよく記録します。

またコントラストAF、像面位相差AF、レーザーAFの3種類を組み合わせたハイブリッドオートフォーカス機能を備えており、撮影時のフォーカス精度を高めています。

前面上部にディスプレイに割り込む形で配置された前面カメラは、800万画素のイメージセンサーとf/2.2のレンズで構成。4K動画の撮影にも対応します。

背面上部には専用360°カメラなどを接続する際に使用するワイヤレスデータ通信機能搭載の磁気コネクタを装備。また端末のロック解除等に使用できる指紋認証センサーも背面に搭載します。

そのほかEssential公式サイトの製品ページにて確認できる、Essential Phone(型番:PH-1)の主な仕様情報は次のとおり。

Essential Phone(PH-1)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 141.5 mm
横幅 71.1 mm
厚さ 7.8 mm
重さ 185 g 未満
システム
OS Android
SoC Qualcomm Snapdragon 835 Octa-Core

  • 2.45GHz x 4
  • 1.9GHz x 4
RAM 4 GB
ROM 128 GB
SDカード -(非対応)
バッテリー 3,040 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.71 インチ
解像度 WQHD(2560 x 1312)
種類 LTPS LCD
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • 1,300 万画素(モノクローム)
  • 1,300 万画素(RGBカラー)
前面 800万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 11
Band 12
Band 13
Band 17
Band 20
Band 21
Band 25
Band 26
Band 28
Band 30
Band 66
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
Band 42
Band 43
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
CDMA BC0
BC1
BC10
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MIMO
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP54

個人で観測している限りでは、Amazon.comにおけるEssential Phoneの過去最安値はUSD349.99(当時の為替レート換算で約37,800円)。過去最安値と比べれば、今回のセール価格はインパクトには欠ける内容です。

ただし(2018年4月28日(土)より日本国内住所宛てへの商品出荷にも対応した)Essential公式通販サイトでは、本体価格USD499.99(約54,700円)で販売中。そちらと比べれば十分安く購入可能になっています。

Amazon.comとEssential公式サイトでの違いについては上記リンク先(記事)でまとめているので、今あらためてEssential Phone購入を検討している方はぜひ、自分の希望に合う購入先を選ぶための参考にしてみてください。

Source:Amazon.com