※記事末に追記あり

Essential Phone

米国向け通販サイトAmazon.comがEssential Products(以下、Essential)「Essential Phone」を割引価格で販売中。

前日比でUSD100.00(20%)オフとなる、本体価格USD399.99(約43,200円)の特価で提供されています。

SPONSORED LINK

Amazon.comにて特売がおこなわれているのはEssential Phone(型番:PH-1)。セール対象の本体カラーは2色(Black MoonPure White)です。

2018年4月16日(月)時点における価格設定は、本体価格がUSD399.99(約43,200円)。前日時点での本体価格はUSD499.99(約53,900円)であり、USD100.00(約10,700円)割引されています。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられるデポジットを加味した購入費用の概算見積額は、請求通貨を日本円で指定すると49,118円。米ドルで指定するとUSD440.43(約48,300円)です。

Essential Phoneは2017年5月にEssentialが発表したハイエンドスマートフォン。

外装素材には硬さ・強さ・弾力に優れるチタンとセラミックを使用。IP54等級の防塵防滴性能を有します。

前面は“ほぼすべて画面”の狭額縁設計。標準サイズ以上である5.71インチ・2K解像度の液晶ディスプレイを搭載しますが、ベゼルを省くことで持ちやすいコンパクトな本体サイズを実現しています。

背面カメラはデュアルレンズ設計で、それぞれ1,300万画素のRGBカラーイメージセンサーとf/1.85のレンズ、1,300万画素のモノクロームイメージセンサーとf/1.85のレンズという構成。各カメラで撮影した写真を合成することにより、色彩・コントラスト・ディテールをバランスよく記録します。

またコントラストAF、像面位相差AF、レーザーAFの3種類を組み合わせたハイブリッドオートフォーカス機能を備えており、撮影時のフォーカス精度を高めています。

前面上部にディスプレイに割り込む形で配置された前面カメラは、800万画素のイメージセンサーとf/2.2のレンズで構成。4K動画の撮影にも対応します。

背面上部には専用360°カメラなどを接続する際に使用するワイヤレスデータ通信機能搭載の磁気コネクタを装備。また端末のロック解除等に使用できる指紋認証センサーも背面に搭載します。

そのほかEssential公式サイトの製品ページにて確認できる、Essential Phone(型番:PH-1)の主な仕様情報は次のとおり。

Essential Phone(PH-1)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 141.5 mm
横幅 71.1 mm
厚さ 7.8 mm
重さ 185 g 未満
システム
OS Android
SoC Qualcomm Snapdragon 835 Octa-Core

  • 2.45GHz x 4
  • 1.9GHz x 4
RAM 4 GB
ROM 128 GB
SDカード -(非対応)
バッテリー 3,040 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.71 インチ
解像度 WQHD(2560 x 1312)
種類 LTPS LCD
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • 1,300 万画素(モノクローム)
  • 1,300 万画素(RGBカラー)
前面 800万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 11
Band 12
Band 13
Band 17
Band 20
Band 21
Band 25
Band 26
Band 28
Band 30
Band 66
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
Band 42
Band 43
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
CDMA BC0
BC1
BC10
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MIMO
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP54

Essential Phoneには2018年3月時点でAndroid 8.1.0(開発コード名:Oreo)へのアップデートが配信済み。このアップデート適用により(VoLTEを除く)音声通話とモバイルデータ通信に対しての技適マークも表示されるようになりました。

もともと対応する通信方式・周波数の幅は広い機種であり、日本国内向けにも利用しやすい仕様。また(個人で確認した限り)物理的にはauのVoLTE(ボルテ)も利用できるマルチキャリア性も備えています。

「過去のセールで購入を逃した」「最近になり欲しくなった」などの場合には、この機会を逃さず購入しておくとよいかもしれません。

なお今回の割引によって「Essential Phone(端末本体)」、専用天球カメラアクセサリー「360 degree camera」およびカメラ用ピルケースをすべて購入した場合も、本体価格の合計はUSD486.84(約53,400円)に。

割引前の端末単体(USD499.99)より安く買える機会でもあり、3点セットでの合わせ買いもオススメです。

参考までに3点を合わせ買いした場合の購入費用は、請求通貨を日本円で指定すると59,834円。米ドルで指定するとUSD536.52(約58,800円)となっています。

Source:Amazon.com

追記:2018年4月16日

Halo Grayの本体色も本体価格がUSD399.99(約43,200円)で注文できるようになりました。

Halo Grayは他色より遅れて2018年2月に発売された追加色。2018年4月現在、Amazon.comでのみ購入できる専売カラーです。

▼Essential Phone(本体色:Halo Gray)。側面は銀色、背面はつや消しの黒色

Essential Phone Halo Gray

Essential Phone Halo Gray