EXPANSYS Sony Xperia XZs 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)が週末のタイミングに定期開催する特価プロモーション「週末限定セール」。

開催期間を2018年2月9日(金)~とする今週末は既報のRazer Phoneに加えてもう1商品、Sony Mobile Communications(ソニーモバイルコミュニケーションズ。以下、Sony)「Xperia XZs」も特売対象に。

通常時から2,245円オフとなる、本体価格41,900円で販売されています。

SPONSORED LINK

EXPANSYS週末限定セールにて特売対象となっているのはSony Xperia XZs(型番:G8232)。EXPANSYS取扱品はDual SIMスロット搭載モデルで、セール対象の本体カラーは3色(BlackWarm SilverIce Blue)です。

2018年2月9日(金)時点における価格設定は、本体価格が41,900円。セール開始前に設定されていた本体価格は44,145円であり、セールによって2,245円割引されています。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約45,300円ほどです。

Xperia XZsは2017年2月にSonyが発表したハイエンドスマートフォン。日本国内ではNTTドコモ「Xperia XZs SO-03J」、au(KDDI)「Xperia XZs SOV35」、SoftBank「Xperia XZs 602SO」として3キャリアから発売中です。

現行フラグシップの一世代前になる「Xperia XZ」をベースとした派生モデルで、端末デザインは本体色以外、Xperia XZとほぼ変わらぬ設計。高輝度・高純度による明るい色味が特徴のアルミ合金を外装に用い、IP65/IP68等級の防塵防水機能を備えます。

Xperia XZからの主な変更点は「システムメモリ(RAM)容量」と「背面カメラシステム」。システムメモリ容量は3GB→4GBへと拡張され、複数のアプリを同時に起動し切り替えながら使うマルチタスク処理に強くなりました。

背面カメラには現行フラグシップ「Xperia XZ1」でも継続採用されているMotion Eyeカメラシステムを搭載。1秒間を最大960コマで録画する「スーパースローモーション撮影」、シーンにより写真撮影直前の映像を自動で一時保存し撮影後に残す写真を選べる「先読み撮影」が利用できます。

そのほかSony Develover Worldにて公開中のWhite Paperから確認できる、Sony Xperia XZs(型番:G8232)の主な仕様情報は次のとおり。

Sony Xperia XZs(G8232)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 146.0 mm
横幅 72.0 mm
厚さ 8.1 mm
重さ 161 g
システム
OS Android 7.1
SoC Qualcomm
Snapdragon 820
Quad-Core
2.2GHz x 2
1.6GHz x 2
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 2,900 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.2 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 TFT LCD
カメラ
背面 1,900 万画素
前面 1,300 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 29
Band 32
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
UMTS Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MIMO
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP65/IP68

EXPANSYSでは約3週間前に開催した24時間セール(日替わりセール)でも、Xperia XZs(型番:G8232)を特価で販売。このとき設定されていた本体価格が43,300円であり、今回のセールはここからさらに1,400円安く買える内容です。

発表から間もなく1年を迎えるXperia XZsですが、現行でも十分ハイエンド機に分類できる仕様を有します。また「防水設計」「最新に近いカメラ」「国内キャリアの回線とも相性のよい対応周波数」「(Xperiaハイエンドモデルは)ソフトウェアアップデート提供の息が長い」など魅力も多め。

この内容が40,000円台中盤で入手できると考えればコストパフォーマンスは高く、「最新モデル」より「おトクに買えてしっかり使える機種」が欲しい方にはオススメできる製品です。

★Sony Xperia XZsの商品ページはこちら
Sony Xperia XZs Dual G8232 (Simフリー, 64GB) – EXPANSYS Japan

Source:EXPANSYS