※記事末に追記あり

EXPANSYS HTC U11 EYEs 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、HTC「U11 EYEs」が発売されました。

SPONSORED LINK

EXPANSYSにて新発売となっているのはHTC U11 EYEs。台湾や香港などに投入されるDual SIMモデルで、発売中の本体価格は2色(Ceramic BlackSolar Red)です。

2018年1月19日(金)時点における価格設定は、本体価格が47,070円

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約50,700円ほどです。

★EXPANSYSの商品ページはこちら
HTC U11 EYEs Dual SIM (64GB) – EXPANSYS Japan

U11 EYEsは2018年1月にHTCが発表したミドルレンジスマートフォン。

本体はIP67相当の防塵防水設計。「U」シリーズ共通の曲面ガラスを用いたデザイン「Liquid Surface(リキッド・サーフェイス)」により、背面パネルは角度を変えると異なる色味を見せます。

前面には6インチ・フルHD+解像度の液晶ディスプレイを搭載。「縦長画面」「狭額縁」などトレンドを取り入れることで、“握って操作”できる「Edge Sense(エッジ・センス)」、片手での操作に役立つ「Edge Launcher(エッジ・ランチャー)」も使いやすいスリムなサイズ設計です。

背面にはフラグシップ「U11」と同じ、第三世代のUltra Pixelカメラ。1,200万画素のイメージセンサーはデュアルピクセル設計で、全画素使用の像面位相差オートフォーカスによりフォーカス精度向上を図っています。

また画素ピッチを1.4μmと大きくとること、f/1.7の明るいレンズを搭載すること、光学式および電子式の手ブレ補正機能付きであることなどから、撮影シーンを問わず高い撮影性能が期待できます。

前面カメラは500万画素のカメラ2機で構成されるデュアルレンズ設計。片側のカメラで空間の深度情報を記録し被写体の背景をボカす「BOKEH Mode(ボケ・モード)」、被写体の顔に美顔エフェクトをかける「Beauty Mode(ビューティー・モード)」、リアルタイムで写真にグラフィックを合成する「ステッカー」機能に対応します。

端末のロック解除方法としては、背面のカメラ下に搭載するセンサーを使っての指紋認証をサポート。顔認証機能も搭載することで「手が濡れている」「手袋をつけている」など指紋認証が使えないシーンでも素早いロック解除が可能です。

さらに音響関連技術についても、内耳を測定しヘッドホン使用時の音質を調整する「HTC USonic」、環境音や周囲のノイズを自動で感知し打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」を備えます。

EXPANSYSが取り扱う在庫は、同社が販売拠点を置く香港向け製品と予想されます。参考までにHTC公式サイトの香港向け製品ページにて確認できる、HTC U11 EYEs(香港版/Dual SIM)の主な仕様情報は次のとおり。

HTC U11 EYEs(香港版/Dual SIM)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 157.9 mm
横幅 74.99 mm
厚さ 8.5 mm
重さ 185 g
システム
OS Android with HTC Sense
SoC Qualcomm
Snapdragon 652
Octa-Core
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 3,930 mAh
ディスプレイ
サイズ 6.0 インチ
解像度 FHD+(2160 x 1080)
種類 Super LCD 3
カメラ
背面 1,200 万画素
前面 500 万画素 + 500 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 20
Band 28
Band 32
TD-LTE Band 38
Band 40
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP67

HTC U11 EYEsの香港におけるメーカー希望小売価格は、税なしでHKD3,898(約55,300円)。EXPANSYSが設定する本体価格も税別であり、発売直後ながらすでに、海外現地でのメーカー希望小売価格よりおおよそ8,000円も安い価格で販売されています。

またEXPANSYSでは本体カラーをあと1色(Amazing Silver)取扱予定。こちらは引き続き仮予約受付中であり、今のうちに注文しておけば購入代金に対してUSD10.00相当の割引(仮予約特典)も適用。発売中の他2色より安い、購入費用約49,500円ほどで入手できる計算です。

★HTC U11 EYEsの商品ページはこちら
HTC U11 EYEs Dual SIM (64GB)

Source:EXPANSYS

追記:2018年1月22日

3日前の時点で未発売であった残るシルバーカラー(色名:Amazing Silver)の仮予約受付が終了。販売開始となりました。

EXPANSYS HTC U11 EYEs 商品ページ

2018年1月22日(月)時点における価格設定は、本体価格が46,985円。仮予約受付中と比べ85円だけ安くなりました。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約50,600円ほどです。

★HTC U11 EYEsの商品ページはこちら
HTC U11 EYEs Dual SIM (64GB)