EXPANSYS Samsung Galaxy A8(2018) 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、Samsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)「Galaxy A8(2018)」が発売されました。

SPONSORED LINK

EXPANSYSにて新発売となっているのはSamsung Galax A8(2018)(型番:SM-A530F/DS)。台湾などに投入されるDual SIMスロット搭載品で、取扱中の本体カラーは3色(BlackGoldOrchid Gray)です。

2018年1月15日(月)時点における価格設定は、本体価格が53,435円

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約57,400円ほどです。

Galaxy A8(2018)は2017年12月にSamsungが発表したミドルレンジスマートフォン。

本体はIP68の防塵防水設計。新たに「狭額縁」「縦長画面」を特徴とするデザイン「Infinity Display」をGalaxy Aシリーズとして初めて採用しました。また縦長の画面は有機ELの特性を活かし日時や通知を省電力に表示するAOD(Always on Display)機能にも対応します。

これまで前面のディスプレイ下部に配置されていた物理式のホームキーおよびナビゲーションキーは廃止。画面上にソフトウェアキーとして再配置され、指紋認証に使うセンサーは背面に移動しました。端末のロック解除に使える生体認証方法として顔認証もサポートします。

背面カメラは1機で、1,600万画素で画素ピッチ1.12μmのイメージセンサーとf/1.7のレンズという構成。前面カメラは1,600万画素と800万画素のカメラで構成されるデュアルレンズ設計で、撮影前後で背景のボケ味を調整できる撮影機能「ライブフォーカス」に対応します。

そのほかGalaxy A8(2018)(型番:SM-A530F/DS)が投入される地域のひとつ、台湾のSamsung公式サイト製品ページにて確認できる、Samsung Galaxy A8(2018)(型番:SM-A530F/DS)の主な仕様情報は次のとおり。

Samsung Galaxy A8(2018)(SM-A530F/DS)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 149.2 mm
横幅 70.6 mm
厚さ 8.4 mm
重さ 172 g
システム
OS Android 7.1.1
SoC Samsung
Exynos 7885
Octa-Core
2.2GHz x 2
1.6GHz x 6
RAM 4 GB
ROM 32 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.6 インチ
解像度 FHD+(2220 x 1080)
種類 Super AMOLED
カメラ
背面 1,600 万画素
前面 1,600 万画素 + 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 66
TD-LTE Band 38
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP68

参考までにGalaxy A8(2018)(型番:SM-A530F/DS)の台湾でのメーカー希望小売価格は、税込みでTWD14,990(約56,600円)。発売直後の最新モデルであるものの、EXPANSYSでは海外現地でのメーカー希望小売価格とほぼ変わらぬ金額にて入手できる計算です。

★Samsung Galax A8(2018)の商品ページはこちら
Samsung Galaxy A8 (2018) Dual-SIM SM-A530F/DS (32GB)

Source:EXPANSYS