EXPANSYS OnePlus 5T 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、Shenzhen OnePlus Science & Technology(以下、OnePlus)「OnePlus 5T」レッドカラーが発売されました。

SPONSORED LINK

EXPANSYSにて新発売となっているのはOnePlus 5T(型番:A5010)のレッドカラー(色名:Lava Red)。8GBのシステムメモリ、128GBの内蔵ストレージを搭載する上位仕様品です。

2018年1月7日(日)時点における価格設定は、本体価格が72,155円先行して発売中のブラックカラー(色名:Midnight Black)より495円安い金額設定となっています。

日本国内住所宛てへの配送料は無料。輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約75,600円ほどです。

OnePlus 5Tは2017年11月にOnePlusが発表したハイエンドスマートフォン。

本体外装にはアルマイトを施したアルミニウムを使用。前面にはアスペクト比18:9で6.01インチ・フルHD+解像度の有機ELディスプレイを搭載し、デザインに「狭額縁」「縦長画面」などのトレンドを取り入れています。

背面には1,600万画素で画素ピッチ1.12μmのイメージセンサーとf/1.7のレンズで構成されるメインカメラ、2,000万画素で画素ピッチ1.0μmのイメージセンサーとf/1.7のレンズで構成されるセカンダリーカメラを搭載。背景ぼかしで被写体の存在を引き立てる「ポートレート撮影」使用時に強みを発揮します。

また光量不足を補う独自機能として「Intelligent Pixel Technology」をサポート。照度が10ルクス以下の暗い環境では、4画素を結合し1画素として使用。1画素あたりの面積を大きくすることで取り込む光量を増やし、ノイズの少ない明瞭な写真が撮影できるとうたいます。

そのほかOnePlus公式サイトの製品ページにて確認できる、OnePlus 5(型番:A5010)の主な仕様情報は次のとおり。

OnePlus 5T(A5010)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 156.1 mm
横幅 75.0 mm
厚さ 7.3 mm
重さ 162 g
システム
OS
  • OxygenOS based on Android 7.1.1(中国以外での販売品)
  • H2OS based on Android N(中国販売品)
SoC Qualcomm
Snapdragon 835
2.4GHz Octa-Core
RAM 6 GB または 8 GB
ROM 64 GB または 128 GB
SDカード 非対応
バッテリー 3,300 mAh
ディスプレイ
サイズ 6.01 インチ
解像度 FHD+(2160 x 1080)
種類 AMOLED
カメラ
背面
  • 1,600 万画素(メイン)
  • 2,000 万画素(セカンダリー)
前面 1,600 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
Band 29
Band 30
Band 66
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
CDMA BC0
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
2×2 MIMO
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水

OnePlus 5T(本体色:Lava Red)は2017年11月末に中国でのみ発表されていた本体カラー。2018年1月7日(日)時点でOnePlus 5T公式サイトを確認してみても中国以外では未発売で、EXPANSYS取扱品も中国向け製品と予想されます。

OnePlus 5Tではグローバル向け(中国以外向け)モデルでも、中国向けモデルでもハードウェアは共通。ただし出荷時点で搭載されるOSは異なります。

EXPANSYSのOnePlus 5T(本体色:Lava Red)商品ページには「System: OxygenOS on Android Nougat」の記載がありますが、Lava Redに限ってはH2OS(HydrogenOS)がプリインストールされている可能性も考えられる点には注意が必要です。

なおOxygenOSとH2OSはソフトウェアの焼き直しで入れ替えることが可能。Googleなどで「OxygenOS インストール」と検索するだけでも具体的な手順はも見つけられます。

珍しい本体カラーを選びたいのであれば、知識と手間(H2OS→OxygenOSへの入れ替え)が必要となる可能性があることも想定の上、Lava Red購入を検討してみるのもよいかもしれませんね。

★OnePlus 5T(Lava Red)の商品ページはこちら
OnePlus 5T Dual-SIM A5010 (8GB/128GB, Lava Red) – EXPANSYS Japan

Source:EXPANSYS