EXPANSYS Sony Xperia XZs 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)が週末のタイミングで定期開催する特価プロモーション「週末限定セール」。

開催期間を2017年12月1日(金)からとする今週末は、Sony Mobile Communications(ソニーモバイル。以下、Sony)「Xperia XZs」が2,220円オフ。本体価格44,500円で販売中です。

SPONSORED LINK

EXPANSYS週末限定セールで特売対象になっているのはSony Xperia XZs(型番:G8232)。Dual SIMスロット搭載モデルで、本体カラーは3色(BlackWarm SilverIce Blue)から選べます。

2017年12月2日(土)時点における価格設定は、本体価格が44,500円。セール開始前に設定されていた本体価格は46,720円であり、セールによって2,220円が割引されています。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約48,000円ほどです。

Xperia XZsは2017年2月に発表された、Sony「Xperia」シリーズのハイエンドスマートフォン。旧フラグシップモデルである「Xperia XZ」の仕様・機能を一部変更した派生種で、日本国内向けにもNTTドコモから「Xperia XZs SO-03J」、auから「Xperia XZs SOV35」、ソフトバンクから「Xperia XZs 602SO」として発売中です。

高輝度・高純度を特徴とするアルミ合金を使用した本体は、IP65/IP68等級の防塵防水設計。前面には5.2インチ・フルHD解像度の液晶ディスプレイを搭載。

基礎仕様についてはSnapdragon 820プラットフォーム、4GBのシステムメモリ、64GBの内蔵ストレージ、2,900mAhのバッテリーなどを備えます。

背面には現フラグシップ「Xperia XZ1」でも引き続き採用されているMotion Eyeカメラを搭載。1秒間を最大960コマで鮮明に記録できる「スーパースローモーション撮影」、写真の撮影直前にとらえていた映像を一次的に保存してシャッターチャンスを逃さない「先読み撮影」に対応します。

そのほかSony Develover Worldにて公開中のWhite Paperから確認できる、Sony Xperia XZs(型番:G8232)の主な仕様情報は次のとおり。

Sony Xperia XZs(型番:G8232)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 146.0 mm
横幅 72.0 mm
厚さ 8.1 mm
重さ 161 g
システム
OS Android 7.1
SoC Qualcomm
Snapdragon 820
Quad-Core
2.2GHz x 2
1.6GHz x 2
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 2,900 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.2 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 TFT LCD
カメラ
メイン 1,900 万画素
サブ 1,300 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 29
Band 32
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
UMTS Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MIMO
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP65/IP68

Sony「Xperia」シリーズのハイエンドモデルはリリース周期が半年と短く、Xperia XZsも型落ち品とはいえ、EXPANSYSで発売してからまだ8ヶ月。搭載するSoCは一世代前のSnapdragon 820プラットフォームですが、仕様面では2017年12月現在でも間違いなくハイエンドに分類できる製品です。

また出荷時点でのOSバージョンはAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)ですが、グローバル製品向けにはすでにAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)へのアップデートもすでに配信が始まっています

最新のOSや高機能なカメラが利用でき、防塵防水機能つき。4G+3Gの同時待受け(デュアルシム・デュアルスタンバイ。DSDS)にも対応するため、MVNOのSIMを絡めて安く使うことも可能。また通信で利用できる周波数の幅が広い点も魅力です。

この内容で購入にかかる費用が50,000円以下の機種はかなり珍しく、「最新モデルである」ことより「良いものを安く入手する」ことを重視する方にはとくに、利用をオススメできるセールです。

Source:EXPANSYS