EXPANSYS Huawei Mate 10 Pro 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、Huawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「Mate 10 Pro」購入の仮予約受付が始まりました。

SPONSORED LINK

EXPANSYSにて新たに仮予約受付中となっているのはHuawei Mate 10 Pro(型番:BLA-L29)。6GBのシステムメモリや128GBの内蔵ストレージなど上位の仕様を備えるDual SIM搭載品で、本体カラーは3色(Midnight BlueTitanium GreyMocha Brown)の取扱いです。

2017年11月24日(金)時点における価格設定は、予定本体価格が102,835円

本体代金だけで70,000円以上であるため、日本国内住所宛てへの配送料は無料と想定できます。輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約107,700円ほどに。

またEXPANSYSでの仮予約には、商品購入時に代金からUSD10.00相当が割引される特典付き。これも踏まえると仮予約受付中の今時点から注文すれば約106,600円ほどで入手できる計算です。

Mate 10 Proは2017年10月に発表された、Huaweiのビジネスフラグシップ「Huawei Mate」シリーズの最近機種。

外装にガラスと金属を用いた本体はIP67等級の防塵防水設計。

前面にはアスペクト比が18:9で6.0インチ・フルHD+解像度の有機ELディスプレイを搭載。狭額縁設計と縦長ディスプレイ採用により、同じタイミングで発表された下位モデル「Mate 10」より0.1インチ大きな画面を採用しつつ、横幅は3.3mm、厚さは0.3mm小さくなっています。

チップセットはHuawei自社製でAI(人工知能)処理専用のプロセスユニットも積載するKirin 970を搭載。AI機能利用時の解析処理を端末単体でおこなえることで、処理時間を短縮できるメリットを有します。

基礎仕様としては4GBまたは6GBのシステムメモリ、64GBまたは128GBの内蔵ストレージ、4,000mAhのバッテリーなどを備えます。

背面にはライカと協業で開発されたデュアルレンズカメラを搭載。それぞれ2,000万画素のモノクロームイメージセンサーと1,200万画素のRGBイメージセンサーを備えます。2つのカメラで撮影した写真を合成し、色彩情報やコントラスト、ディテールをバランスよく記録できます。

そのほかHuawei公式サイトのグローバル向け製品ページにて確認できる、Huawei Mate 10 Pro(型番:BLA-L29)の主な仕様情報は次のとおり。

Huawei Mate 10 Pro(BLA-L29)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 154.2 mm
横幅 74.5 mm
厚さ 7.9 mm
重さ 178 g
システム
OS Android 8.0 / EMUI 8.0
SoC HUAWEI
Kirin 970
Octa-Core
2.36GHz x 4
1.8GHz x 4
RAM 4 GB または 6 GB
ROM 64 GB または 128 GB
SDカード 非対応
バッテリー 4,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 6.0 インチ
解像度 FHD+(2160 x 1080)
種類 OLED
カメラ
背面 2,000 万画素(モノクローム) + 1,200 万画素(RGBカラー)
前面 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 6
Band 7
Band 8
Band 9
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 32
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP67

Mate 10 Proは2017年10月に海外で発表された際、日本でも発売されることをアナウンス済み。Huaweiでは2017年11月28日(火)に日本国内向けの新製品発表を予定しており、このタイミングでMate 10 Proが国内向けにも発表されると予想されます。

国内での発売時期や価格によってはEXPANSYSでの海外モデル購入もあり得る場合は、とりあえず仮予約を済ませておくことがオススメ。

EXPANSYSの仮予約は商品在庫が入荷する直前でのキャンセルも含め、無料で利用可能。在庫入荷直前に購入の意思確認メールが届き、その場で「購入する」「購入しない」を選ぶ仕組みとなっています。

また仮予約後の商品購入には前述の仮予約特典(USD10.00相当の割引)も適用されるなど、デメリットがとくに無いサービスです。

Source:EXPANSYS