Samsung Galaxy Note8 Midnight Black

Samsung Electronics(以下、Samsung)が2017年8月23日(米国・ニューヨークの現地時間)に新製品発表イベント「Galaxy UNPACKED 2017」を開催。専用デジタイザーペンによる手書き入力をサポートするハイエンドモデル「Galaxy Note8」を発表しています。

この記事ではSamsung Galaxy Note8の製品概要および個人的に気になるポイントを整理しつつ紹介します。

SPONSORED LINK


Galaxy Note8の概要

デザイン

Galaxy S8シリーズより導入された新デザイン「Infinity Display(インフィニティ・ディスプレイ)」をGalaxy Note8でも採用。ホームキーを含む物理ナビゲーションキーを廃止し、狭額縁デザインを実現しています。

発表会にて明らかにされた本体カラーは4色。

  • 黒色系:Midnight Black(ミッドナイト・ブラック)
  • 灰色系:Orchid Gray(オーキッド・グレー)
  • 金色系:Maple Gold(メイプル・ゴールド)
  • 青色系:Deepsea Blue(ディープシー・ブルー)

それぞれのイメージは以下のとおりです。

▼Midnight Black(ミッドナイト・ブラック)

Samsung Galaxy Note8 Midnight Black

▼Orchid Gray(オーキッド・グレー)

Samsung Galaxy Note8 Orchid Gray

▼Maple Gold(メイプル・ゴールド)

Samsung Galaxy Note8 Maple Gold

▼Deepsea Blue(ディープシー・ブルー)

Samsung Galaxy Note8 Deepsea Blue

新色となっているのは青色系カラーのDeepsea Blue。直近の「Galaxy S」および「Galaxy Note」シリーズでも青色系の本体カラー(Blue Coral/Coral Blue)は用意されていましたが、今作では暗く深みのある色味の青が採用されています。

基礎仕様

基本スペックも発表会およびSamsung公式サイトのニュースリリースで公開済み。

ニュースリリースから書き出した主な仕様情報は次のとおりです。

Samsung Galaxy Note8 の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 162.5 mm
横幅 74.8 mm
厚さ 8.6 mm
重さ 195 g
システム
OS Android 7.1.1
SoC

Octa-Core (2.3GHz Quad + 1.7GHz Quad), 64bit, 10nm processor

または

Octa-Core (2.35GHz Quad + 1.9GHz Quad), 64bit, 10nm processor

RAM 6GB
ROM 64GB または 128GB または 256GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 3,300 mAh
ディスプレイ
サイズ 6.3 インチ
解像度 WQHD+(2960 x 1440)
種類 Super AMOLED
カメラ
メイン 1,200万画素(広角レンズ)
1,200万画素(望遠レンズ)
サブ 800万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1 または 2
通信方式
LTEカテゴリー LTE Cat. 16
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MU-MIMO
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP68

SoCはGalaxy S8シリーズ同様、自社製のExynos 8895およびQualcomm Snapdragon 835プラットフォームが採用されています。ちなみに駆動周波数の低いほうがExynos 8895、高いほうがSnapdragon 835です。

システムメモリ(RAM)容量は6GBの1パターンのみ。一方で内蔵ストレージ(ROM)の容量は64GB、128GB、256GBの3パターン。microSDメモリカードスロットも搭載しており、最大256GBまでの容量拡張にも対応します。

ちなみに国内での発売もぜひ期待したいGalaxy Note8ですが、国内向けのキャリアモデルでは過去に(他社製品にて)バッテリー容量や内蔵ストレージ容量がグローバルモデルとは異なる内容に(ダウングレード)されたケースも。

そこで個人的に気になったのは「6GBと大容量のシステムメモリがダウングレードされないか」ということ。ただこの点においては、すでに公開済みの国内向け製品ページ情報でも「10nmモバイルプロセッサと6GB RAMの組み合わせで処理能力が大幅に向上」という記載を確認可能。

▼国内向けページにも「6GB RAM」の表記がある

Samsung Galaxy Note8 国内向け製品ページ

仮に今後、国内版が出るとしても、システムメモリ容量は6GB搭載を期待してよさそうです。

また“サイズ感”も気になったので、発売中の現行フラグシップモデルの“大きいほう”であるGalaxy S8+と比較してみることに。

仕様 Galaxy Note8 Galaxy S8+
大きさ(高さ) 約 163 mm 約 160 mm
大きさ(横幅) 約 75 mm 約 73 mm
大きさ(厚み) 約 8.6 mm 約 8.1 mm
重 量 約 195 g 約 173 g
画面サイズ 6.3 インチ 6.2 インチ
バッテリー 3,300 mAh 3,500 mAh

Galaxy S8+と比較した場合、Galaxy Note8では高さが約3mm、横幅が約2mm、厚みが0.5mmサイズアップ。また本体重量も22g重くなっています。一方でバッテリー容量は200mAh減少。

画面サイズが0.1インチ大型化した一方でこの違いだと、一瞬「え?」と思わなくもありません。ただGalaxy Note8では本体に専用デジタイザーペン(Sペン)の収納するスペースを確保していることを考えれば納得できる内容でしょう。

とくにGalaxy Noteシリーズにおいては、前作Galaxy Note7で多発した発火事故の原因とされたバッテリー部分はかなり慎重に設計しているはず。

Infinity Display採用により実現できた「大画面と携帯性の両立」を損なわず、またバッテリー容量も無理のない範囲に。こういった設計意識の結果、3300mAhという容量になったものと受け取れます。

特徴機能

ディスプレイ&Sペン

Galaxy Note8が搭載する画面は、6.3インチ・2K+解像度の有機ELディスプレイ。アスペクト比が18.5:9と縦に長いものです。

Galaxy S8シリーズから採用されたこのアスペクト比は、縦に長いことで、スマホ表示に最適化されたウェブページ閲覧時に「スクロール回数を削減できる」という強みを発揮。また画面を分割して、2つのアプリを同時に開いても使う用途にもマッチします。

今作でも起動中の画面を縮小して画面端に表示し簡単に切り替えできる「小窓表示機能」、2つのアプリを同時に表示できる「マルチウィンドウモード」に対応。さらに2つのアプリを1つのアイコンにまとめてワンタップで起動できる機能も盛り込まれているとのこと。

6GBのシステムメモリという存在もあわせ、マルチタスクでの処理・作業がより捗る製品として期待できますね。

個人的にもGalaxy S8+の使い方として、ブラウザとWordアプリを表示して、ネットで情報を調べながら文章を作成するといったことを多用しているだけに、こういったマルチタスクへの強さはとくに魅力を感じるポイントです。

またGalaxy Note8最大の特徴である、専用デジタイザーペン「Sペン」を用いた手書き入力もパワーアップ。

前作でも対応していた「消灯している画面への手書きメモ」にページスクロール機能が追加されました。メモした内容はSamsung製のメモアプリ「Galaxy Notes」へ保存する以外に、AOD(Always on Display)機能を使用して消灯画面に表示することも可能です。

カメラ

Galaxy Note8から採用された新たな特徴機能となるのが、背面に搭載されたデュアルレンズ設計のメインカメラ。

背面向かって右側が広角レンズ、左側が望遠レンズで、広角レンズのみデュアルピクセル技術に対応。望遠レンズは広角レンズ比で2倍の望遠倍率です。

それぞれの詳細な仕様は次のとおり。

仕様 広角レンズ 望遠レンズ
有効画素数 1,200万画素 1,200万画素
ピクセルサイズ 1.4μm 1.0μm
センサーサイズ 1/2.55インチ 1/3.6インチ
画角 77度 45度
絞り値(F値) f/1.7 f/2.4

Galaxyシリーズへのデュアルレンズカメラ採用に関しては、2017年3月に福岡・博多で開催されたイベント「めんたいガジェットフェス2017」の際、イベント内のセッションに登場していたSamsung電子ジャパン・糸桜幹雄(いとざくらみきお)氏がコメントを残していました。

ちなみに内容は「画質劣化を抑えたズームも、複数の写真を合成して1枚の写真を作り出す技術も、Galaxy Sシリーズではすでにデュアルレンズカメラ以外の方法で実現済み。もし今後デュアルレンズカメラを採用することがあれば、そのときはSamsungならではの新しい使い方とともに」といったもの。

当時はGalaxy S8シリーズも正式発表前であり現在と状況が異なりますが、今回のデュアルレンズカメラ採用はこのコメント内容と異なる“他社の後追い”といえる内容ですね。

とはいえGalaxy Note8では広角レンズと望遠レンズの両方で光学式の手ぶれ補正機能に対応。とくに望遠撮影時は手ブレも起きやすいだけに、補正機能がしっかり働く仕上がりになっていれば、他社製品にはない魅力となります。

また個人的に気になるのは「ライブフォーカス」「デュアルキャプチャー」という2つの新機能。

「ライブフォーカス」は写真撮影時において、フォーカスポイント以外のボケ味を調整できる機能。画面に表示されたスライドバーを操作するだけと使い方も簡単で、従来より”キレイに撮れる”ことで好評のカメラを“より楽しく使える”存在に押し上げてくれることが期待できます。

一方「デュアルキャプチャー」はライブフォーカス使用時において、画角の異なる2枚の写真を記録する機能。撮影時にフレームにおさまっている範囲と別に、より広いエリアを写した写真も記録できる機能です。

ブログ用など記録目的で撮影した写真は後から見返すことが頻繁にありますが、そういった場合でまれに「フレームから切れてしまった場所がどうなっていたか」知りたくなることも。それを想定して日常からデュアルキャプチャーで撮影しておくというのは賢い方法かも?と思っています。

さいごに

個人的にも待ちに待っていたGalaxy Note8の発表。一次発売国では2017年9月15日(金)から発売が始まる予定で、Samsung台湾の公式サイトでは「9月1日から予約受付を開始する」旨もアナウンスされています。

この発売日以降、当サイトで情報を取扱う海外通販サイトでも順次取扱いが始まっていくはずなので、予約・発売情報は逃さず発信していければと思います。

なお最後にGalaxy Note8に関する情報が記載されたSamsung公式のページをまとめておきます。主に英語表記のページとはなりますが、Galaxy Note8が気になる方はぜひ、あわせてのチェックをオススメします。

Source:Samsung