EXPANSYS Samsung Galaxy Note FE 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、Samsung Electronics(以下、Samsung)「Galaxy Note FE」購入の仮予約受付が始まりました。

SPONSORED LINK

EXPANSYSで新たに仮予約受付中となっているのはSamsung Galaxy FE(型番:SM-G935)。本体カラーは3色(Black OnyxGold PlatinumSilver Titanium)が取扱い予定となります。

同機種は韓国内で発売されるモデルであること、またEXPANSYS商品ページ記載の情報とSamsung公式サイトの韓国向け製品ページ記載の情報が一致することなどから、取扱い予定とする製品は韓国版と予想されます。

2017年7月11日(火)時点における価格設定は、予定本体価格が87,785円

本体代金だけで70,000円以上となることから、日本国内住所宛てへの配送料は無料になると想定でき、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約91,900円に。

またEXPANSYSでは仮予約特典として、購入代金からUSD10.00相当を割り引くプロモーションも展開中。これも踏まえると、現時点から注文を済ませることで約90,700円ほどで入手できる計算です。

Galaxy Note FEは2017年7月に発表された、Samsung「Galaxy Note」シリーズの最新モデル。「FE」は「Fan Edition」の略であり、発火事故により製造・発売中止となったハイエンドモデル「Galaxy Note7」の製造にて使用される予定だった部品などを使ったリフレッシュモデルです。

基本的な仕様はGalaxy Note7を踏襲しており、同シリーズで初となったIP68相当の防塵防水設計のボディに5.7インチ・2K解像度の有機ELディスプレイを搭載。また内蔵する専用のデジタイザーペン「Sペン」による手書き入力もサポートします。

Galaxy Note7との大きな変更点となるのがバッテリー。3,500mAh→3,200mAhへと容量が下げられました。使用するバッテリーについては安全性に関する8つのポイントを厳しく検査しているとし、“安全性の高さを最優先した”モデルとうたいます。

そのほか、Samsung公式サイトの韓国向け製品ページにて確認できる、Samsung Galaxy Note FE(型番:SM-G935/韓国版)の主な仕様情報はつぎのとおり。

Galaxy Note FE(SM-G935/韓国版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 153.5 mm
横幅 73.9 mm
厚さ 7.9 mm
重さ 167 g
システム
OS Android 7.0
SoC Samsung
Exynos 8890
Octa-Core
2.3GHz x 4
1.6GHz x 4
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 3,200 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.7 インチ
解像度 WQHD(2560 x 1440)
種類 Super AMOLED
カメラ
メイン 1,200 万画素
サブ 500 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
CDMA
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MU-MIMO
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP68

参考までにGalaxy Note FE(型番:SM-G935/韓国版)の韓国における希望小売価格はKRW699,600(約70,000円)。EXPANSYSがの現時点での価格設定はかなり割高となっています。

Source:EXPANSYS