Clove Sony Xperia L1 商品ページ

イギリスのモバイルガジェット通販サイトCloveにて、Sony Mobile Communications(以下、Sony)の最新ローエンドスマートフォン「Xperia L1」が発売されました。

SPONSORED LINK

Cloveで新たに発売中となっているのはSony Xperia L1。本体カラーは1色(Black)のみで、商品ページに記載の仕様情報から、現取扱品はSingle SIMモデル(型番:G3311)と思われます。

2017年6月14日(水)時点における価格設定は、VAT(付加価値税)を除いた本体価格がGBP141.66(約19,900円)

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約24,600円ほどとなります。

Xperia L1は2017年3月に発表されたSony「Xperia」シリーズのローエンドクラスにおける最新モデル。

ディスプレイサイズは5.5インチ(解像度はHD)と大きく、ここにMediaTek製のクアッドコアプロセッサ、2GBの内部メモリ、16GBの内蔵ストレージ、1,300万画素のメインカメラ、USB Type-C規格を採用した外部入出力端子を搭載します。

なお防塵防水設計や指紋認証機能、複数のオートフォーカス(AF)技術を組み合わせて精度を向上させる「ハイブリッドAF」などはサポートしておらず、このXperia L1の魅力は「最新のデザインが安く楽しめること」といえそう。

そのほか、Sony Developer Worldにて公開中のホワイトペーパーより確認できる、Xperia L1(型番:G3311)の主な仕様情報は次のとおり。

Xperia L1(G3311)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 151.0 mm
横幅 74.0 mm
厚さ 8.7 mm
重さ 180 g
システム
OS Android 7.0
SoC MediaTek
MT6737T
1.45 GHz Quad-Core
RAM 2 GB
ROM 16 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 2,620 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5 インチ
解像度 HD(1280 x 720)
種類 TFT LCD
カメラ
メイン 1,300 万画素
サブ 500 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 20
TD-LTE
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

Xperia L1は2017年5月上旬より、米国・Amazon.comでも発売。日本国内住所宛てへの配送にも対応していました。

ただし米Amazon.com取扱いのXperia L1は北米モデル(型番:G3313)。日本国内での利用を想定する場合は、LTEで利用できる周波数がFDD-LTEのBand28のみと限定的で、実使用には向きませんでした。

その点Cloveが取り扱うXperia L1(型番:G3311)は、FDD-LTEのBand1/3/8をサポート。最も相性のよいソフトバンク系回線であれば3バンド、NTTドコモ系回線でも2バンドが利用可能と、より扱いやすい内容です。

購入にかかるトータル費用が米Amazon.comとほぼ変わらないことからも、日本国内での利用により向くモデルとして、Cloveでの購入はオススメです。

また日本のAmazon.co.jpマーケットプレイスでも、Xperia L1(型番:G3311)と対応周波数が同じDual SIMモデルのXperia L1(型番:G3312)の取扱いが始まっています。価格は税込30,000円弱とやや高いですが、購入費用より手間の少なさを優先したいのであれば、こちらの利用も検討してみるのもよさそうです。

★Sony Xperia L1の商品ページはこちら
Buy Sony Xperia L1 – Clove

Source:Clove