EXPANSYS Huawei Mate 9 商品ページ

日本向けの販売拠点を香港に持つモバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、Huawei Technologies(以下、Huawei)Mateシリーズの最新フラグシップスマホ Mate 9 の販売が始まっています。

SPONSORED LINK

2016年12月11日(日)時点で新たに販売開始を確認しているのは Huawei Mate 9(型番:MHA-L29)。

香港などで展開されているDual SIMスロット搭載モデルで、本体カラーは4色(Space GrayChampagne GoldMoonlight SilverMocha Brown)がラインナップされています。

同日時点における本体価格は全色共通で86,245円。日本国内住所宛てへの配送料は無料となっており、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約90,300円ほどです。

Mate 9 は2016年11月に発表されたばかりのHuaweiの最新スマートフォン。

金属製のボディに5.9インチの大型液晶ディスプレイを搭載するファブレット機で、同社スマホとしては2モデル目となるLeica(ライカ)コラボのダブルカメラが採用されています

縦に2つ並ぶこのカメラはそれぞれにイメージセンサー(撮像素子)を搭載。片側がモノクロカメラ、もう片側がカラーカメラとなっており、それぞれで撮影した情報を合成することで、1枚の写真に仕上げます。

モノクロカメラで記録された被写体の輪郭(ディテール情報)、カラーカメラで記録された被写体の色味(色彩情報)を合成するため、一般的なスマホのカメラと比べてもより手軽に・よりきれいな仕上がりに撮れる点が大きな魅力です。

またSoCには自社グループ製で最新のKirin 960プロセッサ(オクタコア)を採用。ここに4GBのRAM、64GBのROMが組み合わされた構成となっており、基礎仕様も高くなっています。

その他、Huawei公式サイトのグローバル向け製品ページにて確認できる「型番:MHA-L29」の主な仕様情報は次のとおりです。

Mate 9(MHA-L29)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 156.9 mm
横幅 78.9 mm
厚さ 7.9 mm
重さ 190 g
システム
OS EMUI 5.0
based on Android 7.0
SoC HUAWEI
Kirin 960
Octa-Core
2.4GHz x 4
1.8GHz x 4
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他仕様
バッテリー 4,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.9 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 IPS LCD
カメラ
メイン 2,000 万画素(モノクロ)
1,200 万画素(RGB)
サブ 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 9
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 29
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA BC0
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

同モデル(型番:MHA-L29)は、1ShopMobile.comETOREN(イートレン)といった他の香港に販売拠点を持つ通販サイトにおいても、一足先に販売が始まっていました。

参考までに2016年12月11日(日)12時時点におけるそれぞれでの価格設定を比べてみると、以下の通りとなります。

サイト名 本体価格 購入費用
(概算)
EXPANSYS ¥86,245 約¥90,300
1ShopMobile.com 約¥75,200
($655.00~)
約¥83,500
ETOREN 約¥89,400
($779.00~)
約¥90,800

※ETORENが2016年12月30日まで開催中の配送料無料キャンペーンも加味した金額で記載

3サイト中で最も購入費用が安いのは1ShopMobile.com。ただし他の2サイトでは12ヶ月の商品保証が付帯するのに対し、1ShopMobile.comでは10日間の初期不良対応のみとなっている点には注意が必要です。

なお国内法人であるファーウェイ・ジャパンでは、明後日(2016年12月13日)に新製品の発表をアナウンス済み。この場で Mate 9 の日本国内版が正式発表されるのでは?との噂も聞かれます。

あと数日で新たな情報がでてくる可能性があること、国内モデルが登場した場合にそちらを購入するほうが安く済む可能性もあること。こういった点を考えると、購入を検討している場合も、まずは明後日の発表内容を確認してから購入元を決めるほうが賢明といえるでしょう。

Sourec:EXPANSYS