※記事末に追記あり

EXPANSYS 週末限定セール(サイバーマンデー)

週末のタイミングで定期的に特価セールを実施しているモバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)

12月9日(金)~13日(火)午前10時を期間とする今週末分ではサイバーマンデーセールとし、新旧SIMフリースマートフォン2機種が割引+無料特典付きのバンドルパッケージで特価販売されています。

SPONSORED LINK


Moto Z Play(XT1635-02)

EXPANSYS Motorola Moto Z Play 商品ページ

今回の週末セールにおける対象商品ひとつめはLenovo傘下Moborola Mobilityのミドルハイクラススマートフォン Moto Z Play。型番はXT1635-02となっており、Simgle SIMスロット搭載のSIMフリーモデルです。本体カラーはWhite/Fine Goldによるツートンカラー1色のみ。

今週末セールにおける本体価格は41,900円で、通常時から2,895円の割引が適用。またここに(EXPANSYS設定価格で)955円相当とされる画面保護用のガラスフィルムが付属するため、実質的な割引額は3,850円ほど。

なお日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約45,300円ほどとなります。

Moto Z Play は2016年8月に発表されたMotorola Moto Zシリーズに含まれるミドルハイモデル。

5.5インチ(解像度は1920×1080のフルHD)の有機ELディスプレイに3,510mAhの大容量バッテリーを搭載。SoCはSnapdragon 625(オクタコア)が採用されており、ここに3GBのRAM、32GBのROMという構成です。

最大の特徴といえるのはシリーズ専用アクセサリー Moto Mods(モト・モッズ)により機能拡張ができること。従来の一般的なスマホとしての使い方に加え、プロジェクターとして映像を投影、光学10倍ズーム対応カメラとして使用、といったことができる設計となっています。

EXPANSYが取り扱うSingle SIMモデル(型番:XT1635-02)はイギリスや香港などで販売されてるモデルで、Motorola公式サイトの香港向け製品ページで確認できるその他の主な仕様情報は次のとおり。

Moto Z Play(香港版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 156.4 mm
横幅 76.4 mm
厚さ 6.99 mm
重さ 165 g
システム
OS Android 6.0.1
SoC Qualcomm
Snapdragon 625
2.0GHz Octa-Core
RAM 3 GB
ROM 32 GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
バッテリー 3,510 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 Super AMOLED
カメラ
メイン 1,600 万画素
サブ 500 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 19
Band 20
Band 25
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 40
Band 41
WCDMA 850 MHz
900 MHz
1900 MHz
2100 MHz
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.0
その他
防塵防水 ナノコーティング技術による撥水仕様

Moto Z Play自体は、日本国内においても既に大手量販店Amazon.co.jpなど中心に販売がされています。

ただし国内モデルはDual SIMスロット搭載、4G+3Gの同時待ち受け(デュアルシム・デュアルスタンバイ)、通信方式でもWCDMAの800MHz(NTTドコモのFOMAプラスエリア)もサポートする上位仕様扱いとなっています。

その一方で、同日時点における実売価格は53,000円前後と高め。今回のセール利用した場合と比べれば、購入にかかる費用差は約8,000円程度も高くつくことになります。

最近のトレンドとなっている4G+3Gの同時待ち受けにそれほど関心がないということであれば、価格の安さを優先して今回のセールでの購入を検討してみるのもよいかもしれませんね。

★ Moto Z Play(セール品)の販売ページはこちら
Motorola Moto Z Play XT1635-02 White/Fine Gold (with Screen Guard bundle)

Xperia Z5(E6653)

EXPANSYS Sony Xperia Z5 商品ページ

対象商品のふたつめはSony Mobile Communications(以下、Sony)Xperiaブランドにおける旧フラグシップスマートフォン Xperia Z5。型番はE6653となっており、Simgle SIMスロット搭載のSIMフリーモデルです。

こちらの機種は3色(Graphite BlackWhiteGold

付属するMicroSDHCカードがセール対象としてラインナップされています。

今週末セールにおける本体価格は44,500円で、通常時から最大12,525円もの割引が適用。またここに(EXPANSYS設定価格で)1,000円前後相当と思われるmicroSDカード(16GB)が付属します。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約48,000円ほどです。

Xperia Z5 は2015年9月に、当初のXperiaハイエンドシリーズ「Xperia Zシリーズ」のフラグシップモデルとして発表された1台。

このモデルでは表面に微細な凹凸(傷)を付けることで曇りガラスのような質感が再現されたフロストガラスを使用。外観デザインは従来と大きく変わらないオムニバランスデザインですが、見た目の印象により落ち着きが感じられます。

またこのZ5シリーズのメインカメラより、オートフォーカス(AF)に複数の技術を組み合わせるハイブリッドAFをサポート。位相差AFとコントラストAFを用いることで、最速0.03秒で被写体にピントを合わせる高速AFを実現しています。

その他、Sony Developer Worldにて公開中のホワイトペーパーで確認できる「型番:E6653」の主な仕様情報は次のとおり。

Xperia Z5(E6653)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 146 mm
横幅 72 mm
厚さ 7.3 mm
重さ 154 g
システム
OS Android 6.0
SoC Qualcomm
Snapdragon 810
Octa-Core
2.0GHz x 2
1.5GHz x 2
RAM 3 GB
ROM 32 GB
SDカード 対応(最大200GBまで)
バッテリー 2,900 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.2 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 TFT LCD
カメラ
メイン 2,300 万画素
サブ 510 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 20
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 40
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MIMO
Bluetooth Version 4.1
その他
防塵防水 IP65/IP68

他所での販売価格を調べてみると、国内Amazon.co.jp(マーケットプレイス)では実売価格46,000円前後で購入が可能。今回のセールで購入した場合より入手費用は安価です。

購入にあたり価格の安さを第一優先に考えたいのであれば、慌てて今回のセールを利用する必要はないかもしれませんね。

一方でEXPANSYSでは販売するすべてのスマートフォンに12ヶ月の長期保証が付帯するといったように購入後のサポートも手厚めなので、価格より保証内容を優先したい場合は、今回の機会を利用してみるのもよさそうです。

個人的には、約2,000円の費用差で1年分の保証がつく(1ヶ月あたり167円)と考えれば、十分魅力も感じられる内容だと思います。

さいごに

通常は休み明け月曜日までの開催となることが多いEXPANSYS週末限定セール。ただ今回はサイバーマンデーを絡めた企画となっており、セール実施期間は12月13日()午前10時までとなっています。

なおセール特設ページ上には『在庫限り』の表記があるため、気になる商品が納得できる価格で販売されている場合は、早めの注文を心がけるのがよりベターといえそうです。

★ EXPANSYS週末セールの特設ページはこちら
Weekend Special – EXPANSYS Japan

Source:EXPANSYS

追記:2016年12月12日

EXPANSYS 週末限定セール(サイバーマンデー)

今回のセール終了日の前日になり、割引対象として新たに4商品が追加されています。

4商品が割引対象に追加

割引対象として追加されたのは、Sony Xperia XA Dual(型番:F3116)が2色(Graphite BlackWhite)、同Xperia XA Ultra Dual(型番:F3216)が2色(WhiteLime Gold)の計4モデル。

▼ Xperia XAの本体価格は27,500円(通常時から1,395円割引)

EXPANSYS Sony Xperia XA 商品ページ

▼ Xperia XA Ultraの本体価格は37,800円(通常時から2,970円割引)

EXPANSYS Sony Xperia XA Ultra 商品ページ

なお各商品の通常時および今回のセールにおける本体価格、そして配送料や輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額はそれぞれ次のとおりです。

商品名 本体価格 セール価格 購入費用
(概算)
Xperia XA
(Graphite Black)
¥28,895 ¥27,500 約¥30,100
Xperia XA
(White)
¥28,895 ¥27,500 約¥30,100
Xperia XA Ultra
(White)
¥40,770 ¥37,800 約¥40,900
Xperia XA Ultra
(Lime Gold)
¥40,770 ¥37,800 約¥40,900

他所での価格を確認してみると、2016年12月12日(月)時点における国内・Amazon.co.jpマーケットプレイスでの実売価格相場はXperia XA Dualが30,000円(税込)前後。一方、Xperia XA Ultraは40,000円(税込)前後となっています。

Amazonでは商品に付帯する保証が初期不良対応のみとなるため、ほぼ変わらない価格で12ヶ月の長期保証がつくEXPANSYSの価格設定は十分割安感があるといえます。

ETORENならさらに安価

ただしこれら2機種を購入するのであれば、個人的によりオススメできるのは海外通販サイトETOREN(イートレン)での購入。

こちらではEXPANSYSの今回のセール内容と比べても、より安く購入できます。それぞれの価格情報は以下の通り。

商品名 販売価格 購入費用
(概算)
Xperia XA 約¥26,300
($229.00)
約¥29,400
Xperia XA Ultra 約¥35,500
($309.00)
約¥38,700

またETORENでは2016年12月30日(金)までの期間限定で日本国内住所宛てへの配送料がタダになるキャンペーンを開催中。

支払情報入力画面でディスカウントコード【JPFREESHIP】を入力・適用することで、Xperia XAは約26,700円、Xperia XA Ultraは約36,100円ほどとさらに安価に購入が可能

ETORENでも販売するスマートフォンに12ヶ月の保証がついていることから、今のタイミングでこれら2機種を購入する場合は、ETORENを利用することが最もオススメといえます。

★ ETORENの商品ページはこちら