香港に販売拠点を持つモバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、ASUSTek Computer(以下、ASUS)のフラグシップスマートフォン ZenFone 3(5.5インチ)がじわじわと値下がり中。

現時点で国内で販売中の下位仕様品(5.2インチ)よりも4,000円程度安い価格で購入が可能になっています。

SPONSORED LINK

EXPANSYSでは2016年7月下旬より取扱いを開始していた ZenFone 3 ZE552KL。こちらは5.5インチのディスプレイを搭載する日本未発売モデルで、4GBのRAMおよび64GBのROMを搭載する上位仕様品です。

値下がりは本体カラーは3色(Sapphire Black/Moonlight White/Shimmer Gold)に見られ、同日時点における本体価格はは35,120円になっています。EXPANSYSが同商品を販売した当初と比べれば、7,000円近くの値下げとなっています。

なお日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約38,200円ほど。

国内向けの正規販売品(画面:5.2インチ/RAM3GB/ROM32GB)の実売価格が42,000~43,000円(税込)となっていることから、上位仕様でありつつ、これより4,000円程度安く購入できる状態です。

ZenFone 3は2016年5月にASUSが発表した同社スマートフォン「ZenFoneシリーズ」のフラグシップモデル。

旧作までプラスチックを用いた外装は、今回から金属+ガラス素材へと刷新。ZenFone 3シリーズの中では普及モデルにあたるこの製品では、リアパネルにもガラスが用いられた艶のあるデザインが特徴です。

搭載するSoCは600番代のSnapdragon(ミドルレンジ端末向け)ですが、オクタコア仕様かつ2枚のSIMカードを挿しての4G+3Gによる同時待ち受け(デュアルシム・デュアルスタンバイ。DSDS)にも対応。

音声通話用のSIMカードとデータ通信用のSIMカードを用意して、トータルでの通信費用を安くする。あるいは定量型と無制限型のデータSIMを用意して、用途・場面でSIMカードを使い分けるといったように、様々な工夫ができる設計となっています。

EXPANSYSが取り扱う商品は香港向けのSIMフリーモデルとなっていますが、このZE552KLについては、対応する通信方式が台湾・日本・香港・フィリピン・シンガポールで共通のくくりとなっています(日本では未発売ですが……)。

そのため周波数で見れば、FDD-LTEのBand18/26(auのプラチナバンド)やBand19(NTTドコモのプラチナバンド)、WCDMAのBand6/19(同FOMAプラスエリア)にも対応。

auVoLTEおよびCDMAの通信方式はサポートしないため、au系SIMでの音声通話はできない(データ通信のみなら使用可能)点は注意が必要ですが、それでも国内の幅広いSIMカードと組み合わせて使うことができる構成といえます。

参考までに、その他ASUS公式サイトの台湾向け製品ページにて確認できる台湾・日本・香港・フィリピン・シンガポールモデルの主な仕様情報は次のとおり。

ZenFone 3(ZE552KL)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 152.59 mm
横幅 77.38 mm
厚さ 7.69 mm
重さ 155 g
システム
OS Android 6.0
with ASUS ZenUI 3.0
SoC Qualcomm
Snapdragon 625
2.0GHz Octa-Core
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
※SIMカードスロット2との排他仕様
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 Super IPS LCD
カメラ
メイン 1,600 万画素
サブ 800 万画素
SIMカード
種類 スロット1:Micro SIM
スロット2:Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 18
Band 19
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

同モデルに関しては、国内Amazon.co.jpマーケットプレイスや通販サイトETOREN(イートレン)においても購入が可能。

ただ同日時点におけるそれぞれでの販売価格を比べてみると、Amazonマーケットプレイスでの実売価格相場は39,000円(税込)前後。一方ETORENでは輸入消費税分を含む販売価格がUSD329.00(約37,500円)、購入費用の概算見積額が約40,700円ほどとなっています。

この3者で比べれば最も購入費用が安くなるのはEXPANSYS。加えてEXPANSYSでは12ヶ月の保証も付き、また代金の支払いには現金払い(ヤマト運輸の代金引換)も利用可能となっており、購入後のサポートも含め、現状とくにオススメできる販売元となっています。

Source:EXPANSYS