1ShopMobile.com OnePlus 3Tの商品ページ

アジアの販売拠点を香港に持つモバイルガジェットの海外通販サイト1ShopMobile.comにて、OnePlusの最新ハイエンドモデル OnePlus 3Tの取扱いが始まっています。

SPONSORED LINK

2016年11月28日(月)より新たに取扱いが始まっているのは OnePlus 3T。本体カラーは1色(Gunmetal)のみで、ROM容量については2種類(64GB/128GB)がラインナップされています。

商品ページには『HK』の記載があることから、現在販売するモデルは香港向けのSIMフリーモデルであることもわかります。

同日時点におけるそれぞれのモデルの本体価格、そして日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額はそれぞれ次のとおりです。

ROM容量 本体価格 販売価格
(概算)
64GB 約¥53,200
($469.00)
約¥60,000
128GB 約¥59,500
($525.00)
約¥66,700

OnePlus 3Tは2016年11月にOnePlusが発表した最新機種。同社の現行フラグシップスマホ OnePlus 3 の仕様を一部変更したマイナーアップデートモデルです。

OSにはAndroidをベースとした派生バージョン OxygenOSを採用。金属製のボディに5.5インチ(解像度は1920×1080のフルHD)の有機ELディスプレイや6GBの大容量RAMなどを搭載し、またSoCはQualcommのハイエンドモバイルデバイス向け最新モデルとなるSnapdragon 821を採用しています。

このようなハイエンド仕様ながらも、価格が比較的手頃になっている”フラグシップキラー”な点が同シリーズに共通する最大の魅力です。

なおアップデート前の OnePlus 3 からの主な変更点はSoC(Snapdragon 820→Snapdragon 821)、バッテリー容量(3,000mAh→3,400mAh)、サブカメラの有効画素数(800万画素→1,600万画素)あたりとなります。

その他、OnePlus公式サイトの香港向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

OnePlus 3T(欧州・アジア版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 152.7 mm
横幅 74.7 mm
厚さ 7.35 mm
重さ 158 g
システム
OS OxygenOS
based on Android 6.0
SoC Qualcomm
Snapdragon 821
Quad-Core
2.35GHz x 2
1.6GHz x 2
RAM 6 GB
ROM 64 GB
または
128 GB
SDカード 非対応
バッテリー 3,400 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 Optic AMOLED
カメラ
メイン 1,600 万画素
サブ 1,600 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 20
TD-LTE Band 38
Band 40
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

同モデルの香港現地での販売価格は64GBモデルがHKD3,388(約49,500円)、128GBモデルでHKD3,788(約55,400円)となっており、いずれも本体価格は4,000円程度高く設定されていることになります。

ただそのように割高であることを理解していても十分にお買い得さが感じられるくらい、コストパフォーマンスの高さは際立つ1台ですね。

1ShopMobile.comでは、同商品の発送は『支払い確認後、5~8営業日で実施』としています。

★ 1ShopMobile.comの商品ページはこちら
Oneplus 3T – 1ShopMobile.com

Source:1ShopMobile.com