Amazon.com Samsung Galaxy Tab A 10.1 with Spen 商品ページ

アメリカ・Amazon.comにて、Samsung Electronics(以下、Samsung)のSペン対応タブレット Galaxy Tab A with S Pen(10.1 inch)が発売中。日本国内住所宛てへの配送にも対応しており、直接の個人輸入も可能となっています。

SPONSORED LINK

Amazon.comで取扱いを確認しているのは Samsung Galaxy Aシリーズの最新モデル「Galaxy A Tab with S Pen(10.1 inch)」。型番はSM-P580となっており、16GBのROM容量を搭載(別途SDカードで拡張可能)したWi-Fiモデルとなります。本体カラーは2色(BlackWhite)をラインナップ。

2016年11月16日(水)時点における取扱い価格は本体カラーごとに異なっており、BlackはUSD340.66(約37,000円)、WhiteはUSD347.97(約37,800円)。

▼ Blackの商品ページ。取扱い価格は$340.66 ▼

Amazon.com Samsung Galaxy Tab A 10.1 with Spen 商品ページ

▼ Whiteの書品ページ。取扱い価格はBlackよりやや高い$347.97 ▼

Amazon.com Samsung Galaxy Tab A 10.1 with Spen 商品ページ

価格の安いBlackカラーを配送料金の最も安いプランで指定して確認してみると、日本国内住所宛てへの配送料や輸入消費税分を含んだ購入費用の概算見積額は日本円支払いで42,574円。一方、米ドル支払いにするとUSD376.95(同日時点のレートで約41,600円)となります。

▼ Amazonからの請求を日本円で指定した場合の購入費用 ▼

Amazon.com Samsung Galaxy Tab A 10.1 with Spen 購入価格

▼ Amazonからの請求を米ドルで指定した場合の購入費用 ▼

Amazon.com Samsung Galaxy Tab A 10.1 with Spen 購入価格

(※Amazon直販での購入時は”Import Fees Deposit”という輸入消費税相当分が支払代金内に含まれているため、荷物受取時あるいは受取後に別途輸入消費税を支払う必要はありません)

Galaxy Tab A with S Pen(10.1 inch)は2016年10月下旬に発表された新機種。樹脂製のボディに10.1サイズ(解像度は1920×1200のWUXGA)の大型ディスプレイを搭載したタブレットで、ここに同社Galaxy Noteシリーズでおなじみの専用スタイラスペン「Sペン」を搭載する点が最大の特徴です。

Galaxy Aシリーズということで同社の最上位シリーズ(Galaxy Sシリーズ)に含まれる製品ではありませんが、自社製SoCのExynos 7870(オクタコア)に3GBのRAM、7,300mAhの超大容量バッテリーを搭載。SIMスロットは搭載しないものの、対応するWi-FiおよびBluetoothら、他の無線規格はほぼ最新の内容となっています。

なおその他、Samsung公式サイトのアメリカ向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

Galaxy Tab A with S Pen 10.1 inch(SM-P580)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 254.0 mm
横幅 164.0 mm
厚さ 8.1 mm
重さ 553 g
システム
OS Android 6.0
SoC Samsung
Exynos 7870
1.6GHz Octa-Core
RAM 3 GB
ROM 16 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 7,300 mAh
ディスプレイ
サイズ 10.1 インチ
解像度 WUXGA(1920 x 1200)
種類 TFT PLS
カメラ
メイン 800 万画素
サブ 200 万画素
SIMカード
種類
スロット数
通信方式
FDD-LTE
TD-LTE
WCDMA
CDMA
TD-SCDMA
GSM
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

同商品に関しては、日本・Amazon.co.jpのマーケットプレイスでも香港版あるいは台湾版が既に取扱い中。これらはいずれもROM16GBのWi-Fiモデル、かつ型番もSM-P580となっており、今回紹介している北米版とほぼ変わらない仕様と思われます。

ただし2016年11月16日(水)時点においてはいずれの購入費用もAmazon.comを利用して個人輸入した場合と比べ、10,000円以上高価。入手を急ぐ必要がないのであれば、より安価に購入できるAmazon.comを利用するほうが個人的にはオススメです。

なおAmazon.comを利用する場合は、国内Amazon.co.jpとは別に、海外用のAmazonアカウントを作成する必要があります。購入にチャレンジしてみたいけれどアカウントの作り方がよくわからないという場合は、以下の記事も参考にしていただけると思います。

余談ですが、こちらの商品、実は私もAmazon.com経由で既に購入済み。ちょうどおととい受領しました。

Amazon.comから届いた荷物

セットアップ後に軽く使ってみた感想として、本体重量の重さ(553g)は気になるものの、こちらは自宅用で使うのであればなんとかなるかなという範囲。

一方で気になるSペンの使い勝手は大きく不満もなし。現在使用しているスマホ「Galaxy Note5」同様の書き心地と機能をサポートしています。こちらの使い勝手はまた改めてレビュー予定です。

Source:Amazon.com