ETORENがSamsung Galaxy Note7の販売を一次見送り

香港とシンガポールに販売拠点を持つモバイルガジェットの海外通販サイトETOREN(イートレン)より、同サイトが先日より販売を始めたばかりの Samsung Galaxy Note7(型番:SM-N9300)について出荷を一旦見合わせる旨、情報が入ってきました。

今回のことはETOREN自体の都合でなく、配送業者側の都合が影響してのもの。詳細を確認した限りでは、今後少なくとも当面の間、香港からの同機種の個人輸入はしづらくなることが予想されます。

SPONSORED LINK

ETORENによれば、本日同社宛てに、香港現地から日本国内住所への配送に対応する配送業者(ヤマト運輸/Fedex)から「安全性の問題により、Samsung Galaxy Note7の香港外への発送(輸出)が禁止になった」との連絡があったとのこと。

これを受けて、ETORENでは本日より、同機種の購入受付を一旦停止(再開時期未定)しています。

ETORENがSamsung Galaxy Note7の販売を一次見送り

現在日本からも利用が可能であり、かつ同モデルを取り扱っている通販サイトとしては他にもExpansys(エクスパンシス)1ShopMobile.comといったところが挙げられます。

しかしこのいずれもアジアの販売拠点は香港に有しており、なおかつ日本国内住所宛てへの発送にはヤマト運輸またはFedexを利用。今回のアナウンスは販売元を問わず「香港から国外への出荷にはヤマト運輸やFedexは対応できない」との内容であり、今後おそらくはETOREN同様に、Expansysや1ShopMobile.comでも日本(というより香港外)への出荷ができなくなる見通しです。

ひとつ注意が必要な点として、今回の内容は「Galaxy Note7の特定の型番を輸出できない」ということでなく、あくまで「香港からGalaxy Note7自体(型番を問わない)を輸出できない」という内容になっていること。

これはすなわち、例えば既にリコールが案内されている台湾向けモデルなどを在庫として入荷した場合でも、アジア向けの販売拠点(発送拠点)を香港にのみに有しているExpansysや1ShopMobible.comからは日本に出荷できない状態になるということを意味しています(発送元を香港以外にできれば話は変わってきますが)。

なおETORENに関しては香港以外にシンガポールにも販売拠点を有しています。そのためシンガポール国内でのリコール対応が完了し、Galaxy Note7の販売が再開されれば、その後にシンガポール向けのGalaxy Note7(型番:SM-N930FD)をシンガポール→日本経路の出荷で販売再開する見通しとのことです。

★ ETORENの商品ページ(シンガポール向けモデル)はこちら