ExpansysでASUS ZenFone Goの販売がスタート

日本向けの販売拠点を香港に持つガジェットショップExpansys(エクスパンシス)にて、ASUS ZenFone Go(モデル番号:ZB551KL)の販売が始まっています。

SPONSORED LINK

2016年6月14日(火)時点における本体価格は17,870円。注文可能な本体カラーは2色(Glacier GraySheer Gold)です。

日本国内住所宛への配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約20,100円ほどとなります。

ZenFone Goは日本国内においても今年3月にリリース、4月に発売となっているローミドルクラスのスマートフォン。外観のベースデザインはZenFone 2をベースとしており、5.5インチ(解像度は1280×720のHD)のディスプレイを搭載。

背面に搭載されたメインカメラは最近のZenFoneシリーズに多く見られる赤外線によるレーザーAFこそ非対応ですが、F値2.0の明るいレンズに有効画素数1,300万画素と価格を考えれば十分な仕様です。

なおExpansysの商品ページに記載されている対応周波数はASUS公式サイトの香港向け製品ページで確認できるものと一致しており、取り扱う商品はおそらく香港向けのSIMフリーモデルであると予想されます。

参考までにASUS公式サイトの香港向け製品ページで確認できる主な技術仕様は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ 151 x 幅 76.9 x 厚さ 10.7 mm
重量 160 g
OS Android 5.1 with ASUS ZenUI
(開発コード名:Lollipop)
SoC Qualcomm Snapdragon 400 1.4GHz Quad-Core
メモリ RAM 2GB/ROM 16GB
バッテリー 3,010 mAh
ディスプレイ 5.5インチ HD(1280×720)IPS液晶ディスプレイ
カメラ リアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式

4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/5/7/8/20
4G(TD-LTE):-
3G(WCDMA):850/900/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 b/g/n(2.4GHz)

Bluetooth 4.0

その他 SIMカード:Micro SIM x 2

SDカード:microSD(最大64GBまで)

前述のとおり、ZenFone Goはすでに国内向けモデルも正規販売がされています。ASUS公式オンラインストアにて確認できる定価が21,384円(税込)。Amazon.co.jpなどでも同価格で販売されています。

Expansysでの入手費用と比較しても1,000円ちょっとの差しかなく、その差額でより日本国内でも利用しやすい対応周波数がローカライズ済み。

これらの点を勘案すれば、少なくともこの機種に関しては、日本国内で利用する前提の方が敢えてExpansysで購入するメリットは本体カラーくらい(Expansysで取り扱う2色は共に日本で未発売)といえるでしょう。

Source:Expansys