Expansys日替わりセールにHTC 10が登場

日本向けの販売拠点を香港に持つガジェットショップExpansys(エクスパンシス)が本日の24時間セール対象品としてHTC 10(モデル番号:M10h)を割引価格にて販売しています。

SPONSORED LINK

2016年5月31日(火)のExpansys日替わりセールに登場したのはHTC 10(モデル番号:M10h)の本体カラー Nimbus Cloud

今回のセールにおける本体価格は73,810円で、通常時の本体価格から3,645円の割引が適用されています。日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約77,300円ほどです。

HTC 10は今年4月に発表されたHTCのフラッグシップモデル。Expansysでは先月上旬より各カラーの販売が始まっていました。

金属削り出しのユニボディ構造のボディにはガラスがシームレスに接合されており、ここに5.2インチ(解像度は2560×1440のWQHD)の液晶ディスプレイを搭載。プロセッサもQualcomm社のハイエンド向け最新モデルSnapdragon 820クアッドコアプロセッサを採用。

また今作では世界初となるメインカメラ・フロントカメラともに光学手ブレ補正機能を搭載。HTCハイエンドモデルの大きな特徴であったBoom Soundも2.0にバージョンアップし、今作よりハイレゾ音源の再生もサポートしています。

Expansysが現在取り扱うモデルは香港向けのSIMフリーモデルと思われ、HTCの香港向け製品ページにて確認できる主な技術仕様は次の通りです。

項目 詳細
サイズ 高さ 145.9 x 幅 71.9 x 厚さ 9.0 mm
重量 161 g
OS Android 6.0 Marshmallow with HTC Sense
SoC Qualcomm Snapdragon 820 64bit 2.2GHz Quad-Core
メモリ RAM 4GB / ROM 32GB or 64GB
(※Expansysが現在取り扱うのはROM32GBモデル)
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ 5.2インチ WQHD(2560×1440)564ppi
カメラ リアカメラ:1,200万画素 HTC UltraPixel
フロントカメラ:500万画素
通信方式

LTE Cat 9
4G(FDD-LTE):Band 1/3/5/7/8/20/28/32
4G(TD-LTE):Band 38/40/41
3G(UMTS):850/900/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)

Bluetooth 4.2

その他 SIMカード:Nano SIM

SDカード:microSD(最大2TBまで)

HTC 10に関しては香港向けモデルと対応周波数が同じとなる台湾向けのSIMフリーモデルが1ShopMobile.comETOREN(イートレン)で販売されています。

同日時点における価格設定は1ShopMobile.comで本体価格USD609.00(約68,800円)、購入費用の概算見積額が約75,400円。

一方ETORENでは輸入消費税込みの販売価格がUSD711.00(約78,760円)、購入費用の概算見積もり額が約82,800円ほど。

今回のExpansysのセール内容より安い価格で販売しているところもありますが、Expansys同様に12ヶ月の製品保証を謳うETORENと比較すれば5,000円以上安く入手できる試算になります。

Expansysが現在行なっているツイートキャンペーンの対象商品にはなっていないため、今回ここに2,000円オフの割引クーポンを適用することはできません。

ですが購入後のアフターサポートなども含めて、より安心して使用したいということであれば、製品保証のついているExpansysにて、今回のセールを利用して購入してみるのもよいかもしれません。

一方でHTC 10については、本日国内向けのモデルがauから発売されることがちょうど発表されました。auの回線、あるいはSIMロック解除後にauのMVNOのSIMを挿して利用する想定であれば、国内モデルの発売を待つことがより賢い選択となりそうです。

今回の日替わりセールは明日6月1日(水)の午前8時までとなっています。

Expansysの商品ページはこちら:
HTC 10 M10h (Unlocked, 32GB, Nimbus Cloud) – EXPANSYS Japan

Source:Expansys